忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月12日、大阪は京セラドームまでポール・マッカートニーの来日公演を見に行ってきた。

 

最近は食品偽装のニュースが多いが、基本的に人は本物を求めるものなのだろう。
今回のポール・マッカートニーの来日ライブを見て思ったのは、やはり本物は違う、ということだ。
ビートルズをコピー、カバーしている人はとても多いが、元ビートルズのメンバー本人が歌うビートルズ曲は、本物のみがもつ確かなものがあった。
それも存在感やカリスマ性だけでなく、プロのミュージシャンとしてのレベルを保ちながらだ。

良いコンサートというのはいくつかの種類があり、それはド迫力のコンサートだったり、大盛り上がりのコンサートだったり、すごく楽しいコンサートだったりする。
今回のポールは、「感動のコンサート」だった。

では今回演奏されたセットリストを見てみよう。


1.Eight Days a Week
2.Save Us
3.All My Loving
4.Listen to What the Man Said
5.Let Me Roll It(with "Foxy Lady" snippet)
6.Paperback Writer
7.My Valentine
8.Nineteen Hundred and Eighty-Five
9.The Long and Winding Road
10.Maybe I'm Amazed
11.I've Just Seen a Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day
14.And I Love Her
15.Blackbird
16.Here Today
17.New
18.Queenie Eye

19.Lady Madonna
20.All Together Now
21.Lovely Rita
22.Everybody out there
23.Eleanor Rigby
24.Being for the Benefit of Mr. Kite!
25.Something
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da

27.Band on the Run
28.Back in the U.S.S.R.
29.Let It Be

30.Live and Let Die
31.Hey Jude
 (Encore)
32.Day Tripper
33.Hi, Hi, Hi
34.Get Back
 (Encore 2)
35.Yesterday
36.Helter Skelter
37.Golden Slumbers
38.Carry That Weight
39.The End


青文字=ビートルズ
紫文字=ウイングス
緑文字=ソロ
赤文字=新曲

全39曲という大サービスぶりで、うちビートルズの曲が25曲、ウイングス5曲にソロ9曲、うち新曲が4曲という内容だ。
会場にいた数万人の観客のほとんどは大満足したに違いないセットリストといえる。

僕はこれを見て思うのは、ポールなら最初から最後まで感動の名曲ばかりでセットを埋めることは可能だが、あえてそうではなく、遊び心で変な曲を入れているんだろうということ。
例えば、20曲目の「All Together Now」。
こんなのやるより、もっと他にやるべき曲があるだろう、と思わせながら、これはこれで実にライブ栄えしてよかった。
まるでポールが「みんな、こいつを忘れてはいないかい?」とセット入りさせたようなものだろう。
また4つの新曲も違和感なくセットに収まり、ビートルズやウイングスの曲と比較しても見劣りしないのは流石だ。

意外だと思ったのはオープニングの「Eight Days a Week」。
一週間に8日分の愛を捧げるというこの曲は、1964年のビートルズナンバーで、なんと発表されてから一度もライブ演奏されたことがなく、50年近く経ってついに初ライブとなった激レア曲なのだ。
こういう選曲、しかもオープニングにこれを持ってくるセンスはポールらしいし、いかにもツアーを楽しんでる様子が伝わる。
また24曲目「Being for the Benefit of Mr. Kite!」、これはジョンのボーカル曲だが、なぜあえてこの曲を選んだのかは謎である。

アレンジが素晴らしかったのは、6曲目「Paperback Writer」と25曲目「Something」だ。
まず「Paperback Writer」、基本的にビートルズの曲は原曲のアレンジを忠実に再現するなか、これは工夫を凝らしていた。
後半部分に、歌メロを変えたバージョン、ちょうど「Got to get you into my life」の後半のようなアレンジを加えたのは大成功だったと思う。
そして「Something」、元はジョージ・ハリスン追悼の意味で、ウクレレでの弾き語りだったのだが、今回は途中から原曲通りのバンドアレンジになり、この名曲を実にドラマチックに演出してくれた。
この曲ってこんなに名曲だったのかと感動した。

盛り上がりだが、8曲目の「Nineteen Hundred and Eighty-Five」で早くも最初のピークが訪れる。
ウイングスの隠れた名曲だが、ライブにピッタリで、改めてこの曲の良さを知った気がする。
そして後半戦は、本編ラストの「Live and Let Die」と「Hey Jude」だ。
「Live and Let Die」では凄まじい量の火薬と炎を使い大迫力の演出、「Hey Jude」ではお決まりの大合唱で、数万人の観客がポールと一体になった瞬間だった。
また忘れてはならないのが36曲目「Helter Skelter」で、まさかこの曲を生で聴く日が来るとは思わなかった。
48年前のヘヴィ・メタルに時代が追いついたのだ。

感動といえば、37曲目から始まるアビーロードメドレーだ。
ありがとう、ポール。
今日は「Let It Be」も「Yesterday」も聴いた。
そして「Hey Jude」はみんなで歌った。
それでも、この曲は感動に慣れた人々の心を鷲づかみにし、涙腺を刺激してくるのだ。
この素晴らしいコンサートのラストを飾るに相応しい、感動の名曲なのだ。
こうして3時間弱に及ぶ至福の時間は終焉したのだった。

PR
今日もポール関連の話題。
今回取り上げるのは、昨日と同じくビートルズの2枚組アルバム「ザ・ビートルズ」から、「ヘルター・スケルター」だ。
この曲はハードなギター、ポールのハイトーン・シャウト、ヘヴィなリズム、狂気なアレンジなどにより、ヘヴィ・メタルの元祖だといわれる。
ビートルズ解散後、多くのハード・ロック/ヘヴィ・メタルのバンドがカバーしたことでも知られるが、一般的には有名ではない隠れた名曲の一つだと思う。

今日はそんな「ヘルター・スケルター」のカバー曲から、僕がとくに好きなものをいくつか紹介しよう。

まずは大御所から、エアロスミスによるカバーだ。
http://www.youtube.com/watch?v=GDtYugPuPK0
ほぼビートルズのアレンジのままで、正統派といえる。
同じアレンジであっても、60年代と違い、最近のレコーディング技術によって、よりいっそうハードでヘヴィな印象だ。


次は変り種、リチャード・チーズによるジャズ・アレンジのヴァージョン。
http://www.youtube.com/watch?v=_J8EVamB1T0
これはちょっとショック、見事に違和感なくジャズになっている。
この曲がこんなになるなんて、このセンスはすごい。
曲が始まる前に「次の曲では、安い席の方は手拍子を、高い席の方は宝石を鳴らしてください」というジョン・レノンの有名なジョークを言っているのが面白い。

女性によるカバーもたくさんある。
こちらはパット・ベネターによるヘルター・スケルターだ。
http://www.youtube.com/watch?v=1yL-35VLuaM
ほぼビートルズのアレンジのままだが、パワフルなボーカルによりハードさが増している。


日本人もヘビメタ系を中心にいろいろな人がカバーしている。
メタル女王、浜田麻里によるヘルター・スケルターを聴いていただこう。
http://www.youtube.com/watch?v=IyCASR2id-M
アレンジは80年代なシンセが時代を感じるが、伸びのあるハイトーン・ボーカルが素晴らしい。




ビートルズのブラックバードという曲をご存知だろうか?
http://www.youtube.com/watch?v=7epRPz0LGPE
1968年に発表された2枚組アルバム「ザ・ビートルズ(通称ホワイトアルバム)」にひっそりと収められているアコギ弾き語り曲である。
ポール・マッカートニーの作詞作曲で、ギター1本と彼の歌、あとは鳥の鳴き声だけというシンプルな曲だ。
2枚組アルバムという、曲数の多さの中に埋まってしまいそうなほど地味な曲だが、そのアイデアとセンスはポピュラーミュージック史上に残るほどだと思う。

この曲の凄さは、実際にギターで弾いてみるとすぐにわかる。
逆にいえば、ギターで弾いてみなければ真の凄さがわかりにくい。

ポール特有の半音階を多用するベースライン、軽やかなストローク、それらを決して邪魔しないリズム、これらをたった一人で同時にやってのける。
よく聴くと、ベースライン、ギターライン、ボーカルライン、と3つのメロディがうまく絡んでいるのがわかる。
そのためコード進行は極めて複雑だ。
無理やりコード名をつけるとこうなるらしい。

G - Am7 - G/B - G
C - C♯m7-5 - D(add4) - D♯aug(-5) - Em - D♯aug
D(add4) - C♯m7-5 - C - Cm
G/B - A7 - D7sus4 - G

この複雑で難解なコード進行に対し、基本的に押弦のほうは指1本か2本押さえるだけで弾けてしまうというイージーさが凄い。
とくに開放弦の使い方が絶妙だ。
僕は天才という言葉はあまり使いたくないが、この曲を作ったポールはまさに天才的ひらめきだといえる。

世界中でこの曲を弾いたという人は100万人や200万人どころではないかもしれないが、誰もが「ポールはすげえ!」と思ったに違いない。
これほどの曲が、ちっとも自己主張することなく、2枚組アルバムの中にポツネンと存在してるなんて、これこそ隠れた名曲だ。

ポール・マッカートニー来日記念ということでブラックバード弾き語りしました。
左手のシンプルさに対し、右手の動きはなかなか手強い。
親指でベースライン、人差し指でストロークとメロディラインを弾かなければいけないのだ。
さらに弾きながら歌うとなると、けっこう難しかったりするが、よかったら聴いてください。

http://www.youtube.com/watch?v=UEeHQDTHsh0

いつからだろう、ハロウィンの日が一つのイベントのようになってきたのは。
少なくとも僕が10代の頃には、そういう行事があることは知っていたが、一般的ではなかった。
今後はクリスマスやバレンタインのような、国民的行事に発展するかもしれない。

それはともかく、10月31日、会社の給食でカボチャの料理が出た。
それを見て、いつも隣で食べている友人Nは、一つトリビアを語ったくれた。

「さだまさしの『パンプキンパイとシナモンティー』という曲の歌詞に出てくるコーヒーベーカリー『安眠(あみん)』は、『待つわ』のあみんのユニット名の由来となっている」

友人Nは昭和歌謡や70年代フォークにかなり詳しい人間で、僕もいろいろ教えてもらうのだが、今回の件も初耳だった。
僕はさだまさしのその曲を知らなかったので、早速ユーチューブで探してみた。
すると、とても素敵なアニメーションがあったので紹介しよう。

http://www.youtube.com/watch?v=r2_jDNICGP0

登場人物は、安眠(あみん)の常連学生、不器用なマスター、そしてミスパンプキンと呼ばれる容姿端麗な女性だ。
安眠のコーヒーは美味しく、ここのカボチャパイは女性に人気のメニュー、さらにシモンティーについているスティックで好きな人の名前を書くと願いが叶うというジンクスまである。
無口で不器用なマスターは、いつもカボチャパイを食べにくる一人の女性に片思い。
ヒマな常連学生たちは、余計なお世話でマスターの気持ちを女性に伝えてしまう・・・願いが叶うシナモンスティックで。
逃げ出してしまうミスパンプキン、あせるマスター、うろたえる学生。

その後、マスターは結婚した。
相手は誰かは白状しなかったが、なぜか学生たちへの待遇がよくなった。
もうあの女性は店に来なくなったが、男には苦手だったカボチャパイが、美味しく感じられるほどには大人になった学生たちなのだった。
29日の火曜日、会社からの帰宅中、追突事故にあった。
信号待ちで停車中に後ろから追突されたのだが、そのクルマはそのまた後ろのクルマに追突されたのが原因だった。
要するに3台玉突き事故というやつだ。

僕のクルマはバンパーに傷がついてナンバーがグニャっと曲がっただけだったが、後ろのクルマ2台は大破していた。
はさまれた真ん中は、クルマだけでなく乗員(60代男性)もケガをしていて救急車を呼んだ。
事故の張本人である一番後ろの人(20代女性)は、ケガはなかったようだが、気が動転してボーっとしてる状態。
やがて話が出来るようになると、今度は泣いてしまってオロオロするばかり。
とりあえずお互いの住所氏名電話番号をメモして、後は保険屋さんに任せることにした。

加害者は人身事故として処理され、それなりの処分が下されると思う。
僕個人としては、被害が最小ですんだことと、相手が任意保険に入っていてくれたおかげで安心してクルマを修理に出せることにより、怒ってるとかそういう感情は全くない。
しかし、真ん中の被害者は、容態、後遺症によっては大変なことになるかもしれないことを考えると、怒り心頭でも仕方がないと思う。

僕は今回の事故で、わずかなタイミングで、僕が真ん中に挟まれていたかもしれないと考えるとゾッとする。
事故があった道は片側1車線なのだが、1キロほど手前までは2車線の道だ。
なんとなく僕は真ん中になった車を抜いて、前に入った気がする。
もし抜いていなかったら、僕が救急車で運ばれていたかもしれない。

事故から4日、僕は首が痛くなることもなくクルマの修理完了を待つだけだが、あとの二人がその後どうなったのか少し気になる。
とくに真ん中の人のケガだが、軽症ですんでいることを願うばかりだ。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]