忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この10月5日は、ビートルズがデビューシングルを発表してちょうど50周年だという。
それにちなんで、ビートルズについて書いてみたいと思う。
といっても、世界中にビートルズマニアは数多く存在し、すでに多くのことが語られて、今更何か書くようなことなどないだろう。

というわけで、少しマニアックな人物を紹介しよう。
その人物の名はスチュアート・サトクリフ。
ビートルズの初代ベーシストだ。

アートスクールに通うスチュアート(以下スチュと略)は、自分の絵を売った金でベースを買い、ジョン・レノンのバンド、ビートルズに参加する。
当時のジョンは札付きのワルで、街のチンピラとケンカするのはしょっちゅう、当然スチュが巻き込まれることも多々あったようだ。
やがて彼らはドイツの港町ハンブルグのクラブで演奏するようになる。
そこはストリップショーとバンド演奏が交互に行われるような底辺のクラブ。
客層は荒っぽい船乗りや、チンピラ、娼婦、行き場のない荒れた若者たちだ。

毎晩、朝までロックンロールを演奏し続け、腕を磨いていった彼らは、ある人物と出会う。
ドイツ人の女流写真家アストリッド・キルヒヘルだ。
彼らの演奏やルックスに惹かれたアストリッドは、ビートルズの写真を撮るようになる。
とくにスチュとアストリッドは仲むつまじい間柄となり、やがて二人は恋におちた。



(左から、ピート、ジョージ、ジョン、ポール、スチュ)

そのうちスチュは、他のメンバーとバンドに対しての温度差を感じるようになる。
プロを目指す彼らに対し、本当はアートがやりたい、そしてなによりもアストリッドと暮らしたいスチュは、ビートルズを脱退するのだった。
その頃には、ハンブルグでも底辺ではなく、より格上のクラブで演奏していた彼ら、ベースはポール・マッカートニーが弾くことになる。
そしてビートルズがイギリスへ帰る日、スチュと再びの再会を誓うのだった。

スチュは奨学金を得て、ハンブルグ芸術大学へ編入し、本格的に画家としての創作活動に専念する。
もちろんアストリッドと同居してだ。
将来進む道が明確になり、恋も勉学も、全てが順風満帆かにみえた。
しかし、幸せは長く続かない。
突然の頭痛に倒れ、救急車で病院を搬送される途中で息絶えてしまう。
死因は脳内出血、若い頃にケンカで頭を強く殴られたことが原因だという。
1962年4月、21歳という若さだった。

(スチュとアストリッド)

この劇的な人生を送ったスチュを題材にした映画がある。
1994年に上映された「バック・ビート」だ。
スチュがベースを買ってビートルズに参加し、悲運の死を迎えるまでのストーリーで、なかなか良い映画だった。
おそらくレンタル店にあると思うので、興味をもたれた方はご覧になってください。
他、ジョン・レノンの半生を描いた「ジョン・レノン/青春のビートルズ」というTVドラマでも、このエピソードを見ることが出来ます。  

  

(左からジョージ、スチュ、ジョン)       (こちらは映画バック・ビート)


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ビートルズのドキュメンタリーで、スチュのことを知り、
一番美形だなぁ、と思ったものでした。
佳人薄命なんですね。

アストリッドの撮ったビートルズの写真も素敵ですよね。
那由他 2012/10/06(Sat)14:54:35 編集
» アストリッドのセンス
那由他さん、こんにちは!
スチュはたしかに顔立ちが整っていて美形ですよね。
ピートもリーゼントが似合っていてかっこいいし、当時のビートルズは若い女性に人気があったのも頷けます。
デビューしてからとは、また違うかっこよさがありますね。

また、髪型もリーゼントからマッシュルームに変えたのは、アストリッドとスチュらしいですね。
以前は、ブライアン・エプスタインが、レコード会社に売り出すため、リーゼントをやめさせマッシュルームに変えたと言われてました。
ブライアンが変えたのは、髪形ではなく、革ジャンからスーツ姿へのイメチェンだったようですね。

アマ時代のビートルズは、アストリッドのおかげで、実にたくさんの写真が残っていますが、凄くセンスがいいと思います。
youtubeでいろいろ当時の写真を見ることが出来ますが、芸術的ですらあります。

今回、アストリッドが撮った写真と、映画バックビートで同じポーズの写真を並べてみましたが、今の俳優さんより、実物のほうがカッコいいですね。
にゅーめん 2012/10/06(Sat)16:28:49 編集
» かっこええですね~!
実は、ビートルズ50周年ってこともあり、借りてたのです“バックビート”!
1回見たのですが、この機会に見直そうと、80円で借りてきましたぁ。
ポールが嫉妬するほど仲の良かったジョンとスチュ。いろんな歯車が噛み合って巨大なカブトムシは動きだす。胸が熱くなる映画で大好きです!

先週はストーンズのブライアン・ジョーンズを題材にした映画をみたのですが、不健康すぎて、後味悪かったので・・・。

ビートルズはいろんなエピソードが伝説になってますもんね。改めて偉大なバンドだったんだなぁと感じた1週間でした。
kenken 2012/10/06(Sat)21:18:58 編集
» ビートルズ映画
kenkenさん、こんばんは!
おおっ!バックビート借りてましたか、奇遇ですね~。
1960年~62年頃のビートルズの様子がよくわかる映画ですよね。
とくにスチュとジョンの友情、スチュとアストリッドの恋に焦点が絞られていますが、バンド活動の様子なんかも興味深いものです。
それぞれ、顔も似た人を使ってますね。

「ジョン・レノン/青春のビートルズ」は「In his life」という原題で、youtubeで全編見ることが出来ます。
字幕はありませんが、クオリーメンやシルバービートルズについての予備知識があれば、充分楽しむことが出来ます。

他には「The Birth Of The Beatles 」という、どこの国の映画なのか、テレビなのかわからないものがあって、これもアマ時代のビートルズが題材になってます。
こちらはちょっと作りこみが甘くて、残念な気がしますが。

>ブライアン・ジョーンズ

これも面白そうですね。
たしかに不健康そう(笑)
この時代、ジミヘンもジャニスも、みんなこんな感じなんだろうけど。
今も現役で活躍してる60年代組って、みんな健康オタクみたいに体には気をつけてますね。
にゅーめん 2012/10/06(Sat)22:49:15 編集
» ロッカーの恋
ビートルズのメンバーってなんか、激しい恋愛してる気がします。
ジョージ・ハリスンとクラプトンはレイラこと、
パティ・ボイドを巡って揉めたり、ジョン・レノンとオノ・ヨーコも、何とも言えないシュールな感じがします。

スチュはこれから幸せになるところだったのに、切ないですね。
人の人生を映画にすると、本当に生々しく感じます。
カイン 2012/10/07(Sun)03:52:33 編集
» 濃い恋
カインさん、おはようございます!
ビートルズのメンバーの恋、たしかに激しいですね。
彼らって、ある意味すごく濃い人生を歩んでると思うのですが、その分、恋も濃い(ダジャレじゃありません)のかもしれません(笑)
ロックとアートと恋、全てに全力投球して、短い生涯で終わる、実に誌的であり、ドラマチックです。

悲劇的な恋というのは、映画やドラマで見る分には感動的だったりしますが、実際の当事者としては、これほど辛いものはありません。
タイタニックのジャックとローズなんかもそうですが、映画だからいいものの、実際には経験したくありませんよね。

ジョンとヨーコについていえば、ヨーコのほうがジョンより一枚上手なんですよね。
ジョンはヨーコなしでは生きていけないけど、ヨーコはジョンなしでも生きていける強さがあったりします。
映画「バックビート」や「ジョン・レノン/青春のビートルズ」では、ジョンの前妻シンシアが出てきますが、やはりジョンは彼女に母性を求めてるんです。
生まれてすぐに母に捨てられ、10代になってから再会するものの、交通事故で死んでしまう、という寂しい人生ゆえのことでしょう。

ジョージとクラプトンとパティ、この三角関係は有名ですよね。
男女の揉め事は、男同士の友情を引き裂く場合がありますが、彼らはそれに打ち勝って友情を貫き通しました。
にゅーめん 2012/10/07(Sun)08:06:09 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]