忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第84回名盤シリーズ
今回は3大ギタリストを生み出した伝説のバンド、ヤードバーズのデビューライブだ。
(1964年作品)



このアルバムを聴くと、1964年3月のロンドン、マーキークラブの熱気が直接肌に感じるような雰囲気に飲み込まれる。
時代を考慮したとしても決して褒められない音質だが、バンドのサウンドが一つの物体のような塊になり、聴く人の心を鷲づかみにして離さないのだ。
これと似たライブ音源にビートルズのハンブルグでのライブがあるが、あちらはオーディエンス録音のためさらに音質がよくない。
この二つに共通しているのは、「熱気」だ。
当時、スタジオ録音ではロックバンドの迫力を吹き込むには限界があり、どうしてもしょぼくなり勝ちだったが、ライブ音源だとより実際の迫力に近いサウンドになる。
このヤードバーズの、デビュー作にしていきなりのライブアルバムは、当時の若きブリティッシュ・ビート・バンドの迫力を現在に上手く伝えてくれる内容だ。

このアルバムを聴いて思うのは、同時代のビートルズやストーンズと違い、すでに歌よりも演奏を重視したライブを行っていることだ。
この、ドライブ感があり、うねるようなリズムで、若さあふれる演奏は、当時の若者の心をしっかりつかみとったことだろう。
その核となっているのは、若き日のエリック・クラプトンと、ボーカル、ブルースハープのキース・レルフだ。
当時すでに「スローハンド」と呼ばれていた彼は、さすがに後のクリームなどのようなプレイではないが、それでも同時代のギタリストの中では個性、テク共に抜きん出た存在だったようだ。

そしてしっかり存在感のあるベース、もうドライブ感が半端じゃない。
これを大音量で満員の会場でやられると、イヤなこととか悩みとか全て吹っ飛んで、ライブ終了のころには何もかもスッキリしていそうだ。
その勢いは後のハードロックやパンクと比較しても決して劣らない。

この後、クラプトンが脱退し、ジェフ・ベックやジミー・ペイジが加入することになる。
世間では「あのクラプトン、ベック、ペイジを生み出した幻のバンド」として噂だけが一人歩きするようになってしまう。
しかし、こうやって聴いてみると、そんな肩書きなど必要のない、若さあふれるブリティッシュ・ロックの魅力が満載されているアルバムだと思うのだった。




名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» トレインケプタローリン
エアロスミスのアルバムで聞いて
格好良いな~って思ったらヤードバーズの
曲でした。

ハードロック調に演奏したいですね~♪
ポール森屋 2009/02/21(Sat)22:00:55 編集
» ハードにいこう
ポールさん、おはようございます!
トレインケプトアローリンとか、ローリンアンドタンブリンとか、エアロスミスやツェッペリンが演奏するとハードでカッコイイんですよね。
ブルースやロックンロールのカバーをハードロック調で演奏する、もう古き良き時代のロックの香りがプンプン漂います。

こういった「縦のり」な曲ってのは、日本人は苦手だとされてます。
でもノリノリで演奏したいものですね。
リズムにのる心地良さを満喫したいです。
にゅーめん 2009/02/22(Sun)09:15:48 編集
» B14352 O17253 M13708
v14668
s1419
C12130

lurneHolderek 2013/12/15(Sun)19:38:14 編集
» Z18634 l2658 i3605
u5173
K9247
d15596

CluthNomgooto 2013/12/16(Mon)16:28:39 編集
» N5061 S19027 i17070
H9461
j6368
w1969

gisguitestoke 2013/12/16(Mon)20:54:34 編集
» b15510 w1808 o14690
k4875
H5572
e9446


zlinks!@#
Looporwaply 2013/12/16(Mon)23:56:53 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]