忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年の邦楽年間シングルチャートが出てたのでチェックしてみたのだが、その異常さに驚いた。


1位  さよならクロール   AKB48
2位  恋するフォーチュンクッキー   AKB48
3位  ハート・エレキ   AKB48
4位  So long!   AKB48
5位  EXILE PRIDE~こんな世界を愛するために   EXILE
6位  Calling/Breathless   嵐
7位  チョコの奴隷   SKE48
8位  美しい稲妻   SKE48
9位  僕らのユリイカ   NMB48
10位 Endless Game   嵐
11位 カモネギックス   NMB48
12位 ガールズルール   乃木坂46
13位 Joy!!    SMAP
14位 My Resistance-タシカナモノ-/運命Girl    Kis-My-Ft2
15位 ピースとハイライト   サザンオールスターズ
16位 へそ曲がり/ここにしかない景色   関ジャニ∞
17位 キミとのキセキ    Kis-My-Ft2
18位 制服のマネキン    乃木坂46
19位 君の名は希望    乃木坂46
20位 メロンジュース    HKT48

なんと、ほとんど秋元系とジャニーズなのだ。
僕は売れているものに対して否定的な思考ではないし、彼女、彼らは毎日売れるための努力をし、頑張った結果なのだと思う。
しかし、いくらなんでもこれはバランスが悪すぎる。
15位にサザンが入っているのがせめてもの救いか。

こういう結果になった理由としては、ジャニーズは音楽配信をやっていないため、曲を聴きたいと思えばCDを買うしかないこと、それと秋元系の場合はオタクが一人で何枚も買うからだと言われる。
以前、どこかで「不景気時はアイドルが売れる」という説を読んだことがあったが、このチャート結果は現在の景気を表しているのだろうか。

では、景気の良かったバブルど真ん中1990年のランクを見てみよう。

1位  おどるポンポコリン    B.B.クイーンズ
2位  浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行    米米CLUB
3位  今すぐKiss Me    LINDBERG
4位  さよなら人類    たま
5位  OH YEAH!    プリンセス・プリンセス
6位  Dear Friend    中森明菜
7位  情熱の薔薇    THE BLUE HEARTS
8位  くちびるから媚薬     工藤静香
9位  真夏の果実      サザンオールスターズ
10位 If we hold on together     ダイアナ・ロス
11位 JEALOUSYを眠らせて     氷室京介
12位 P.S.I LOVE YOU       PINK SAPPHIRE
13位 クリスマス・イブ      山下達郎
14位 笑顔の行方       ドリームズ・カム・トゥルー
15位 麦畑       オヨネーズ
16位 勇気のしるし      牛若丸三郎太
17位 浪漫飛行/そら行け!浪漫飛行    米米CLUB
18位 夢を信じて    徳永英明
19位 あにきてI・need・you!     GO-BANG’S
20位 恋唄綴り      堀内孝雄

素晴らしい。
アニメ、ポップス、ロック、アイドル、演歌、洋楽、実にバランスよく、良いものがきちんと評価され、売れた時代だ。
前年にプリンセス・プリンセスが大ブレイクし、ガールズバンドブームが到来した頃で、それがチャートにも現れている。
永遠の名曲、山下達郎の「クリスマス・イブ」も入っているし、ちびまるこちゃんブームの影響もみられる。
米米CLUBが同じ曲で2つ入ってるのも凄い。

ついでに30年前、1983年の年間シングルチャートも見てみよう。

1位  さざんかの宿     大川栄作
2位  矢切の渡し     細川たかし
3位  めだかの兄弟      わらべ
4位  探偵物語      薬師丸ひろ子
5位  氷雨      佳山明生
6位  キャッツ・アイ     杏里
7位  ガラスの林檎     松田聖子
8位  セカンド・ラブ     中森明菜
9位  フラッシュ・ダンス     アイリーン・キャラ
10位 め組のひと      ラッツ&スター
11位 時をかける少女      原田知世
12位 3年目の浮気       ヒロシ&キーボー
13位 1/2の神話      中森明菜
14位 初恋       村下孝蔵
15位 氷雨       日野美歌
16位 天国のキッス      松田聖子
17位 禁句       中森明菜
18位 浪速恋しぐれ      都はるみ・岡千秋
19位 トワイライト     中森明菜
20位 思い出がいっぱい     H2O

演歌強し。
まだ若者でも演歌を聞く人が多かった時代だ。
そして80年代型アイドル、松田聖子と中森明菜の人気が高い。
当時はロックはまだアンダーグラウンド的な存在で、主流は演歌、ポップス、フォークなのがこの頃らしい。

これらを見ると、2013年の邦楽チャートの異常さがよくわかる。
音楽配信を含めたチャートだとまた違うんだろうけど。
PR

先日、僕の知人が嵐のコンサートに行ったという。
それは名古屋ドームのアリーナ席だったのだが、前の席にいた人たちがマナーについてもめていたらしい。
話によると、ある曲のときに皆で特定の振り付けをするらしいのだが、前の席の人は知ってか知らないでか、その踊りをしなかったらしい。
それを隣の人が、なぜ踊らないんだとか、マナーが悪いとか、嵐が悲しむとか、そういうイチャモンをつけていたとのこと。
なんとまあ、余計なお世話というか、ルールの押し付けというか、ジャニーズのコンサートって難しいものだ。

僕がよく行くような、客の大半がオッサンばかりのライブだと、こんなややこしいルールなどなく、皆自由に楽しんでいる。
盛り上がるときは自然発生的に盛り上がり、手拍子したり、ヘドバンしたり、拳を振り上げたり、立ったまま棒立ちだったり、座ったままだったりで、各々が自分流で、それを咎める人などいない。

さて、ではどんなライブでもルールはいらないのか、といえばそうでもない。
とくに若い女性が客の中心になっているライブは気をつけなければならない。

60年代グループサウンズが人気だったころ、コンサート会場は若い女性の熱気に包まれていた。
タイガースやオックスといった人気バンドが登場すると、会場は若い女性の悲鳴が響き渡り、それはライブが終了するまで続いたという。
悲鳴はやがて泣き声にかわり、ついには失神する人や、我を失ってステージに突撃する人まで現れる始末。
これは日本だけの話ではない。
ビートルズのライブも同様で、ライブ中は終始悲鳴のような叫び声が続き、失神して運ばれていく様子を動画で見たことがある人もいるだろう。
当然客席では「キャーという悲鳴の合間に、かすかにビートルズの曲が聞こえる」という状態で、もはや音楽を楽しむことなど出来るわけがない。
いや、それより、こういう状態のライブが続くと、いつか大きな事故に繋がるだろう。

現在、とくに男性アイドルやV系など女性ファンが大半をしめるライブは、それぞれ細かいルールがあり、半狂乱になって騒ぎまくるような人は少ない。
ただ、上記のジャニーズの一件のように、ルールの押し付けは少々行きすぎだ。
ライブで人がルールを守っているかが気になり、文句ばかり言ってる人は、『ライブを楽しむ』という最低限のマナーを守っていないことに気がつかなければならない。

 先日大阪へ行ったとき、地下鉄に乗ろうとした。
普通にホームで電車を待っていたのだが、よく見るとそこは女性専用車両の乗り場だったのであわてて一般車両のほうへ移動した。
もしも間違えて女性専用車両に乗ってしまうと、車内の女性全員から冷たい視線を浴びせられ、罵倒されることもあるという。

世の中には女性専用車両反対派という人たちがいて、彼らは違法性がないことを盾に、堂々と女性専用車両に乗り込むという。
この団体には顧問弁護士もいて、はっきりと自分たちの言い分を主張するのだ。
男性に対する逆差別だ、男性は全員が痴漢や盗撮犯ではない、犯罪者扱いするな、ということだが、僕はちょっと見苦しいように感じる。
ほとんど全てといっていい男性諸君は犯罪者ではないのだが、稀に犯罪者がいるのもまた事実だ。
毎日、日本のどこかで痴漢や盗撮犯が逮捕されていることを考えると、女性専用車両があっても仕方がない。
男性差別と感じたとしても、ここは男らしく大きな心でみてやればいいんじゃないのか。

わずかでも痴漢の被害にあうかもしれないという可能性、この気持ちは男性には理解しにくいものだろう。
しかし、「女の気持ちがよくわかった」という男性のエピソードを紹介しよう。

数年前、僕の職場に派遣で入ってきた保藻さん(仮名)はガッチリした体型で見るからに力持ちだった。
保藻さんは社員Aと一緒に仕事をするようになり、順調に業務をこなしていた。
ある日、保藻さんは社員Aに「自分はゲイ」ということをカミングアウトした。
社員Aは驚きながらも、世の中にはいろいろな人がいるものだと納得した。
しかし、社員Aは保藻さんと残業で夜遅く二人きりになると、いいようのない恐怖があったという。
もちろん、保藻さんは社員Aに淫らな行為などするわけがないし、Aもそれはよくわかっているのだが、それでも怖さがあったらしい。
社員Aは言う。
「気のない男性と二人きりになる女の子の気持ちが理解できた」

話を女性専用車両に戻そう。

ずいぶん前から女性専用車両についてのインタビューのキャプチャみたいなのがネットに出回っている。
3人(5人のバージョンもある)の女性が専用車両導入について賛成の意見、喜ばしいとする意見を言ってるのに対し、最後にちょっと可愛い感じの女性は「私は特に どこでもいいです」と答えてるものだ。
ネタとしては面白いが、どうみてもマスコミの悪意ある編集だろう。
けっこうな人数のインタビューを行ったと思われるが、賛成派に○○な人(失礼)ばかり集めてあるのが丸わかりだ。
これを見た男性は「誰もオマエなんか…(略)」と思うように仕掛けている。
ちなみに最後の「どこでもいいです」の人は関口愛美さんという人で、タレントらしい…。

楽しみにしていた「オン・エアーライヴ・アット・ザ・BBC VOL.2」が発売されたので、早速買ってきた。
今回は珍しく国内盤を買ったのだが、クリアファイルとポスターがついてきた。
僕はこの手のものに興味がないので、すぐにゴミ箱行きにしようかと思ったが、クリアファイルだけ欲しいという人がいたのであげることにした。

それから一週間、この間毎日このCDを聴いたわけだが、94年に出た第一弾の「ライヴ・アット・ザ・BBC」と比べるとかなりインパクトに欠ける。
前回のは、既発曲のライヴが25曲と未発表曲のライヴが31曲という、「こ、こんな音源があったとは!」という驚愕の内容だった。
で、今回の第二段は、既発曲のライブが37曲に対して、未発表曲のライブがたったの2曲だ。
つまり、ほとんど知ってる曲なのだ。


まず最初にBBCライブについてだが、当時BBCラジオでは音楽番組であってもレコードをかけることが出来ないルールになっていたという。
そのため、ラジオでビートルズの曲を流そうとすれば、わざわざビートルズがBBCのスタジオへ行ってライブ演奏しなければならないという、現在では考えられない非効率的なことをしていたのだった。

ここでのビートルズは通常のライブと違って、普段はあまりしないような曲をたくさん演奏している。
当然、シングル曲も演奏するが、どちらかというとアマチュア時代によくやっていたロックンロールのスタンダードが多いのが特徴だろう。

それでは、今回の売りとなっている未発表曲について話をしよう。
先ほどたったの2曲と書いたが、実は短いけどもう1曲あって、いちおう3曲となる。

・ビューティフル・ドリーマー
ハッピー・バースディ・ディア・サタデイ・クラブ

アイム・トーキング・アバウト・ユー

まず「ビューティフル・ドリーマー」だが、これはアメリカ民謡みたいな曲で、たぶん誰でも知ってる曲だ。
それをビートルズらしくロックアレンジで演奏している。

次、「ハッピー・バースディ~」だが、これも誰でも知ってる「ハッピーバースデートゥーユ~」というアノ曲だ。
これを、やはりロックアレンジで演奏しているのだが、なかなか決まってるのはさすがだと思う。

そして「アイム・トーキング・アバウト・ユー」、ここで初めて未発表らしい曲に出会う。
チャック・ベリーのカバー曲で、ボーカルはジョン、いかにも当時のビートルズが好みそうなロックンロールだ。
音質は良くないものの、丁寧な演奏をしていて悪くは無い。
しかし、実はこの曲は、BBCライブを買うようなマニアならおそらく聴いたことがあるであろう、ハンブルグのスタークラブでのライブ音源で演奏されているのだ。
基本的にスタッフしかいないスタジオ・ライブと違い、ハンブルグのライブはお客さんを前にしての演奏なので、ノリが違う。

というわけで、このBBCライブ第二段は、ビートルズ中級クラスなら、初めて聴く曲はないようなものだが、では聴き所がないかというとそうでもない。
ここで聴ける「ルシール」は前作よりもはるかに出来が良いし、「アンナ」ではサビの歌メロがレコードバージョンと違う。
「ゼアズ・ア・プレイス」や「プリーズ・プリーズ・ミー」ではハーモニカの部分を、「ミズリー」ではピアノのフレーズをジョージが全てギターで弾いているのもライブらしくていい。
またラストの「アイ・フィール・ファイン」はイントロのフィードバックを再現しようと悪戦苦闘しているのが面白い。

前にも書いたが、やはりマニア向けの音源だと思う。
アマゾンレビューでは、音質が悪いとか、曲ごとのバラツキがあるとか書かれているが、これはこういうものだ。
なんといっても50年以上前のラジオ用音源なのだから。
今日は12日のポール・マッカートニー以外の大阪のことを書いてみよう。

その日は一日休みがとれたので、朝から行動する。
昼前に大阪についたので、美味しいものを食べに行こう。

大阪といえば粉もん。
粉もんといえば、お好み焼き、ねぎ焼き、たこ焼きあたりだが、ここは食べログで美味しいと評判の千日前「福太郎」へ向かう。
スマホのナビ機能を駆使して、たどり着いたところはシャッターが閉まった店舗。
場所に間違いはない、もしかして今日は休みか?
調べたところ、平日は夜だけの営業のようで、昼はやってないのだった。

実に残念、仕方がないので再び食べログでリサーチしたところ、すぐ近くにマドラスカレーなるカレー専門店があったのでそこへ行く。

店に入ると壁には芸能人のサインがたくさん貼られていて、けっこう有名店であることが伺える。
カウンターに座り、「野菜ゴロゴロカレー」を注文、サイズは大中小のなかから中をチョイスした。
やがて、直径40センチ近くはある大皿に盛られたカレーライスが出てくる。
美味しそうな匂いのなか、一口入れた…、思わず「甘っ!」
こんな甘いカレーは食べたことがないぞっと思いきや、それが喉を通りすぎる頃ジワジワ辛さが口に広がる。
フルーティな甘さと後からくる辛さが絶妙で、かなり美味しい。
食べてるうちに口の中が甘さより辛さが勝っていき、完食する頃にはすっかり辛口カレー状態になった。
その後、体中から汗が吹き出してきて、レジでお金を支払うときには汗が床にポタポタ落ちるほどだった。

 

僕は大阪に来たら絶対に行かねばならないところがある。
それは「たこ焼き道楽わなか」だ。
何年か前にここのたこ焼きを食べたのだが、あまりの美味しさに「さすが本場のたこ焼きだ」と思ったものだ。
吉本会館の近くにある店で、店内で食べることも出来る。
ここで焼きたてのたこ焼きを食べるのだが、僕は猫舌なのか一口で食べることが出来ない。
表面はパリッ、中はとろ~り、このとろ~りがヤケド級の熱さなのだ。
まず表面のパリッとした部分をかじって中に空気を通し、少し冷ましてから食べる。
それでもハフハフしながら食べるのだが、やっぱり旨い、これぞ大阪のたこ焼きだ。

 

この日はライブ前にネットでお世話になっている友人と会う。
space childさんとおすぎさん、それとyuiyuiさんだ。
おすぎさん以外は初対面だったが、ロックファンにそんなのは関係ない。
濃いロックな話題で、10年前からの友人であるかのように話がはずむのだった。
ライブの開場は17時からだったが、あまり早くいっても退屈なだけなので、4人で食事に行く。
大正駅近くはすでに人でいっぱいで、各店舗からはビートルズが流れ、ポールムード一色だ。
「民芸そば処今井」で鍋焼きうどんを食べる。
実はお喋りに夢中になっていて味は覚えていない。

すっかりお腹いっぱいになった僕らはドームへ向かう。
11月上旬とは思えぬ寒空の下、熱い期待に胸を躍らせて歩く。
その足取りは、足に羽が生えたように軽やかだったに違いない。
ランランランとね。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]