忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

今週はキッス祭ということで、来日コンサートを楽しんだ人も多いと思う。
僕は行くことが出来なかったのだが、各種掲示板などでライブに行ったファンの声を読むと、今回もいつも通り素晴らしいステージを見せてくれたことに安心する。
いや、いつもにもましてこの来日には気合が入っていたように感じる。
まるで今が旬のバンドであるかのようだ。

2000年~2001年のフェアウェルツアー以降、キッスは方向が定まらず迷走していたように思える。
1996年のリユニオンで70年代を上回る人気を得た彼らだったが、アルバム「サイコ・サーカス」レコーディング時の苦労、ピーターの腕の不調などから一旦解散を決定する。
しかしなぜか解散せずにダラダラとバンドは継続し、ピーター、エースは脱退、かわりに彼らのメイクを施したエリックとトミーは安定したプレイを行うものの、ファンからはニセモノ扱い。
新作アルバムは出さず、同じようなセットリストのツアーが繰り返され、日本公演での観客動員数も減る一方だった。

この状況を打開したのは、2009年に11年ぶりのニューアルバム「ソニック・ブーム」が発売され大ヒットを記録したことだ。
アメリカ本国では、ここから再び上昇気流に乗り始めるのだが、このアルバムは日本盤が発売されなかったことにより、日本ではまだ盛り上がらない。
それも2012年のアルバム「モンスター」により、ようやく日本でもキッス人気が復活し、来日を待つ空気が濃厚になったと言える。
ここにきてようやくエリックとトミーが「今のキッス」として認められるようになったことも大きい。

こちらのテレビ番組に出演したとき、ポールはデビューから40年、ようやく理想の状態になったといっている。
ファンからすれば、「そんなはずないだろう」と思うが、中の人からすれば、いい人間関係の中でバンドが出来るのは素晴らしいことだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=FGWpHZMuHvg

来日公演のセットリスト(幕張)

1.Psycho Circus
2.Shout It Out Loud
3.Do You Love Me
4.I Love It Loud
5.Hell or Hallelujah
6.War Machine
7.Sukiyaki Song
7.Heaven's on Fire
8.Calling Dr. Love
9.Say Yeah
10.Shock Me / Outta This World ~Guitar and Drum Solos
11.Bass Solo ~ God of Thunder
12.Lick It Up
13.Love Gun
14. Rock and Roll All Nite
15.Detroit Rock City
16.I Was Made for Lovin' You
17 Black Diamond
18.Rock and Roll All Nite

タワーレコードでのインストアイベントの様子
http://www.youtube.com/watch?v=0gLW46s_6-c
PR

「キッスじゃキッスじゃ、あのカッコにさえついていければ、これほどわかりやすくてカッコいいバンドはないぞ。
ロックの楽しさを教えてくれた彼らが、未だがんばってるんだ、こっちだってまだまだ聞き続けてやるわい」
(影山亜紀子)

というわけでキッスだ。
当然、今週のCDプレイヤーはキッスのニューアルバム「モンスター地獄の獣神」が独占し、スマホの音楽プレイヤーもボタンを押せば常に「モンスター」だった。

現在、この20枚目となるオリジナル・アルバム、各方面で絶賛好評中のようである。
もちろん、本国アメリカでも大好評で、ビルボードのアルバムチャート3位、ロックチャート2位、そしてハードロックチャートは当然1位だ。
この数値は、今なおアメリカンハードロックの王者であることを世に示している。

元々キッスはデビュー直後を除いて、常に人気バンドだった。
日本では、80年代以降失速したイメージだが、アメリカでは落ち着いたものの、常に一定以上の売り上げを保っている。
90年代にオリジナルメンバーでリユニオンしたとき、再びキッス人気は大爆発した。
その売り上げは、70年代全盛期の頃を上回り、何度もワールドツアーを重ねた。
そろそろマンネリか、と思われた矢先、完全新曲のニューアルバム「ソニック・ブーム」発表、アルバムはビルボードチャート最高2位という大ヒットを記録する。
そして3年ぶりの本作、またまた彼らはやってくれたのだ。

なぜ評価されているのか?
良い作品だからだ。
正確にいえば、キッスファンにとって、いい作品なのだ。

キッスクラスになると、ファンの分母が大きいので、ファンの望むものを作れば、それだけでヒットチャートの上位に上がるのである。
今更新規ファンを開拓する必要がないのだ。
「エルダー」や「カーニバル・オブ・ソウル」のような冒険的アルバムじゃなくていいのだった。
しかし、「エルダー」や「カーニバル」があったからこそ、現在のキッスがあるのもまた事実だと思うが。

「モンスター地獄の獣神」は、バラードやポップス、AOR風の曲はなし、全曲キッス流ロックンロールだ。
どの曲も3分から4分くらいで、とくに複雑な曲、凝った曲はない。
演奏よりもボーカル重視、完全に歌物ロックというのもキッスらしい。

詳しい感想はまた明日にします。

(おまけ)

キッスの地獄シリーズ一覧

(1974)地獄からの使者
(1974)地獄のさけび
(1975)地獄の接吻
(1975)地獄の狂獣
(1976)地獄の軍団
(1976)地獄のロックファイアー
(1979)地獄からの脱出
(1983)地獄の回想
(1995)地獄の再会
(2001)地獄のギターケース
(2001)地獄のシガーボックス
(2003)地獄の交響曲
(2004)地獄の狂宴
(2008)地獄烈伝
(2012)地獄の獣神


もう新譜の発売は期待していなかったキッスですが、この秋に発売するようです。
タイトルは「ソニック・ブーム」、噂では70年代に彼らが得意としたロックンロールなアルバムになるそうです。

そしてこのニュー・アルバムからの1曲目「Modern Day Delilah」がYoutubeにあがってるので聴いてみました。
 



普通のハード・ロックにしか聴こえません。
ポール・スタンレーのボーカルと、トミー・セイヤーのエース風ギターソロだけはキッスっぽいかな。
曲自体は悪くないと思いますが。
私としては、もっとロックンロールな曲を期待していました。
例えば、1stアルバムの「ナッシン・トゥ・ルーズ」「レット・ミー・ノウ」、3rdアルバムの「ルーム・サービス」みたいな曲ね。
「アライヴ2」のスタジオ録音以降、彼らはほとんどこういう曲を作っていないのは、時代の流れだったのでしょうか?
メロディアスなハード・ロックならポールのソロで聴けるから、キッスとして出すなら違うのが聴きたいですね。

キッス「地獄烈伝」とスリップ・ノット「All Hope is Gone」買いました。
そのビジュアルゆえに、聴かず嫌いが多く、正当に評価されにくい新旧2組のバンドによる最新アルバムです。

まずはキッス。
新録音によるニュー・アルバムでありながら、すでに聞き飽きた曲ばかりというセルフ・カバー・アルバム。
選曲も微妙なので、あまり期待はしてなかったものの、それでもキッスだからという期待のもと、買ってすぐカーステレオにぶちこみ、最後の曲が終わるまでウロウロ走りながら、大音量で聴きました。
なかなかいい、これが感想です。
どの曲もオリジナルより格段にヘヴィになってます。
それでも、アレンジは徹底してオリジナルをコピーしてます。
それは、フェイド・アウトのタイミングや、「ブラック・ダイヤモンド」のテープ回転落としまで、オリジナルを意識してます。
しかし、音質の違い、メンバーの違い、数十年の時を経ている、などの要素により、完全コピーなんだけど、「違う何か」が感じられて、面白いです。
曲順はライブを意識したもので、「ジュース」ではじまり「ブラック・ダイヤモンド」で終了し、「ロックンロール・オール・ナイト」で締めくくってます。
ちなみに、初回限定特典としてライブDVDがついてました。
このアルバムを買うようなファンなら、とっくに見飽きた初来日武道館ライブでした。

次はスリップ・ノット。
初期の2枚のアルバムはよく聴きました。
どちらも激しくコアな内容ですが、リフがかっこよく時折哀愁も感じさせる内容でとてもいいアルバムでした。
3枚目のアルバムは、試聴したとき好みじゃなかったので買ってません。
で、このアルバム、これはなかなか、って感じです。
暴力的な激しさ、暗さ、絶望感が弱まり、普通っぽくなったような気がします。
しかし、メロディのアイデア、アレンジ力などは、さらに磨かれてるような気もします。
今まで好きだったスローでドヘヴィな曲がないのは残念。
それでもハードな曲を中心に、キラリと光る部分があるのも事実で、聴きこめば愛聴盤になりそうです。
 

キッスを支えたミュージシャンたち

・ヴィニー・ヴィンセントと「リック・イット・アップ」
・マーク・セント・ジョンと「アニマライズ」
・ブルース・キューリックと「クレイジー・ナイト」
・エリック・カーと「ホット・イン・ザ・シェイド」
・エリック・シンガーと「リヴェンジ」

メイク時代のアルバム

・地獄の使者
・地獄のさけび
・地獄の接吻
・アライヴ!地獄の狂獣
・地獄の軍団
・地獄のロックファイアー
・ラブ・ガン
・アライヴII
・地獄からの脱出
・仮面の正体
・魔界大決戦
・暗黒の神話


HOMENext ≫
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]