忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「キッスじゃキッスじゃ、あのカッコにさえついていければ、これほどわかりやすくてカッコいいバンドはないぞ。
ロックの楽しさを教えてくれた彼らが、未だがんばってるんだ、こっちだってまだまだ聞き続けてやるわい」
(影山亜紀子)

というわけでキッスだ。
当然、今週のCDプレイヤーはキッスのニューアルバム「モンスター地獄の獣神」が独占し、スマホの音楽プレイヤーもボタンを押せば常に「モンスター」だった。

現在、この20枚目となるオリジナル・アルバム、各方面で絶賛好評中のようである。
もちろん、本国アメリカでも大好評で、ビルボードのアルバムチャート3位、ロックチャート2位、そしてハードロックチャートは当然1位だ。
この数値は、今なおアメリカンハードロックの王者であることを世に示している。

元々キッスはデビュー直後を除いて、常に人気バンドだった。
日本では、80年代以降失速したイメージだが、アメリカでは落ち着いたものの、常に一定以上の売り上げを保っている。
90年代にオリジナルメンバーでリユニオンしたとき、再びキッス人気は大爆発した。
その売り上げは、70年代全盛期の頃を上回り、何度もワールドツアーを重ねた。
そろそろマンネリか、と思われた矢先、完全新曲のニューアルバム「ソニック・ブーム」発表、アルバムはビルボードチャート最高2位という大ヒットを記録する。
そして3年ぶりの本作、またまた彼らはやってくれたのだ。

なぜ評価されているのか?
良い作品だからだ。
正確にいえば、キッスファンにとって、いい作品なのだ。

キッスクラスになると、ファンの分母が大きいので、ファンの望むものを作れば、それだけでヒットチャートの上位に上がるのである。
今更新規ファンを開拓する必要がないのだ。
「エルダー」や「カーニバル・オブ・ソウル」のような冒険的アルバムじゃなくていいのだった。
しかし、「エルダー」や「カーニバル」があったからこそ、現在のキッスがあるのもまた事実だと思うが。

「モンスター地獄の獣神」は、バラードやポップス、AOR風の曲はなし、全曲キッス流ロックンロールだ。
どの曲も3分から4分くらいで、とくに複雑な曲、凝った曲はない。
演奏よりもボーカル重視、完全に歌物ロックというのもキッスらしい。

詳しい感想はまた明日にします。

(おまけ)

キッスの地獄シリーズ一覧

(1974)地獄からの使者
(1974)地獄のさけび
(1975)地獄の接吻
(1975)地獄の狂獣
(1976)地獄の軍団
(1976)地獄のロックファイアー
(1979)地獄からの脱出
(1983)地獄の回想
(1995)地獄の再会
(2001)地獄のギターケース
(2001)地獄のシガーボックス
(2003)地獄の交響曲
(2004)地獄の狂宴
(2008)地獄烈伝
(2012)地獄の獣神


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» エルダー
こんにちは。

私は、にわかで、キッスい(生粋?)のKISSファンではないですが、
キラーズ、エルダー、あとはベスト盤を少し聴いてました。
エルダーは問題作なんて言われてますが、私は結構好きでした。

キッスが外観で損をしている部分も少なくないというのは私も同感です。
最初はジャケを見て「なんだこれは?」と思いましたが、曲の完成度は高くて、
うーん、なんかもったいないと思い直したものです。

私の周りにも、HR/HMには興味はないが、KISSの曲はいいという洋楽好きが
何人かいます。あと、インギーの前妻?も確かKISSファンだったとか 笑

とはいえ、メイクを取ったときはショックだったという、矛盾する自分がいたり
したわけで、やっぱりKISSはあのメイクじゃないとしっくりこないですよね 笑

ところで、なかなか新譜良さそうですね。レンタルされたら借りてみようかな。。
ちなみに、私は後期のボン・ジョビィも結構好きだったりします。笑
ビリー 2012/10/20(Sat)09:56:31 編集
» もちろん購入
自分たちもいつまでもROCKしたいですね~
って思えるようなアルバムでした。

のっけからKISSらしいサウンド
そして全員が歌ってコーラスも…最高です。
ポール森屋 2012/10/20(Sat)10:24:02 編集
» 無題
ビリーさん、こんにちは!
キラーズ、エルダーですか、80年代はじめ頃の作品ですね。
エルダーは一般的に失敗作のような扱いですが、インターネットの時代になって再評価されるようになりました。
ジーン・シモンズが目指したのは、ストーリー性のあるコンセプトアルバムで、ピンクフロイドのような音楽だったとのこと。
メディアでは酷評されましたが、好きって人は多かったようですね。

キッスはなんといってもあのメイクですよね。
賛否別れるのは最初から承知で、好きな人だけが好きになればいいって考えだったのでしょう。
そのくせ、時代の流れには敏感で、ディスコ、ポップス、ヘビメタ、グランジなど、その時々の流行を取り入れてきたのは評価出来ると思います。
(人によっては時代に流されていると批判的な人もいます)

>インギー

彼はキッスのようなバンドは嫌いでしょうね。
たしかリッチー・ブラックモアもキッス嫌いだったと思います。

新譜はなかなか良いので、レンタル店に出回るようになれば一度聴いてみてください。
正統派アメリカンハードロックの好盤です。
にゅーめん 2012/10/20(Sat)15:05:56 編集
» 初期の雰囲気
ポールさん、こんにちは!
早速買われたのですね。
私も先月から予約を入れてあって、発売日の次の日に届きました。
内容は、昔からのキッスファンが納得出来るものだと思います。
スタジオ作でいうと、「ラブガン」あたりの雰囲気が復活しているんですよね。

わかりやすいメロディとノリやすいリズム、この辺がキッスサウンドの基本だと思います。
賛否両論あるノーメイク時代も、基本的には、わかりやすいメロディとノリやすいリズムですが、やはりハードでしたよね。
ギターソロなんて、速弾きギタリストがピロピロ弾きまくり、ドラマーはツーバスをドコドコして時代の流れに対応していました。
そういうじだを通過して、ようやく今回のサウンドに落ち着いたのかもしれません。

エリック・シンガーやトミー・セイヤーもようやく馴染んできた気がします。
何となくキッスそのものであるジーン、ポールより、生粋のキッスファンだったエリックやトミーの方が、よりキッスらしい曲を歌っているのが、面白いです。
にゅーめん 2012/10/20(Sat)15:20:27 編集
» ROCKの王者
キッスの新しいアルバムですか。
さすがキッス。
ランキングが高い!
私はベスト盤くらいしか所持しておらず、後はお得意のYouTubeでかじったくらいで、キッスの冒険アルバムも聴いて無いので語ることなど、失礼ですが…

日本とアメリカでキッスの人気に温度差があっても、やはり彼等の人気は不動のものですよね。
それだけ好評なら私も聴いてみたくなりました♪
カイン 2012/10/21(Sun)05:59:49 編集
» 好評発売中
カインさん、おはようございます!
いわゆる
ハードロック、ヘビメタのカテゴリーのバンドで、初登場でこの順位というのは大したものだと思います。
やはりインパクトが違いますものね。
ロックファンじゃなくても一度は見たことのあるメイク、ソフトバンクの犬のお父さんも、バンド編じゃキッスメイクでした(笑)

キッスはベスト盤をお持ちでしたか。
時期によって、ギタリストやドラマーが違ったり、音楽性が違ったりするのですが、基本的にはわかりやすいハードロックですね。
冒険アルバムの「エルダー(魔界大決戦)」は、80年代初め頃、ジーンがさらなる飛躍を目指すにはもっと芸術的な作品を作らなければならない、として製作された一大コンセプトアルバムです。
内容はプログレみたいな感じで、組曲っぽくなってますが、「ぜんぜんキッスらしくない」と言われ、セールス的には失敗だったとされています。

今回のニューアルバムは、アメリカンハードロックの王道をいく感じです。
是非聴いてみてください。
私は輸入版を1000円くらいで買いました(笑)
にゅーめん 2012/10/21(Sun)08:17:00 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]