忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビートルズはアイドルである。
などと書くと、すぐにも「ビートルズがアイドルなわけないだろ」といった声が聞えてきそうだ。

もし、デビュー当時、彼らが40代の中年、デブ、ハゲだったとしてもあれだけの人気を得られたであろうか?
音楽はそのままだったとしてだ。
絶対にあのような人気はなかっただろう。
彼らは20歳前後の若者であり、平均点をクリアするルックスもあった。
だからこそ、彼らは一世を風靡できたのである。
若い女性は皆彼らに夢中になり、自分たちのアイドルにありったけの金切り声をあげた。
自分の全てをささげてもいい、と思った女性も少なくはあるまい。
音楽の良し悪し以前に、異性として魅力にあふれていたのである。

もちろん、日本でも彼らはアイドルだった。
嵐とSMAPとカトゥーンを足して束になってもかなわないほどのアイドルなのである。
アイドルだから、映画も作られる。
邦題は「ビートルズがやってくるヤア、ヤア、ヤア」。
そう、日本の片田舎であっても映画館にさえ行けば、動く彼らを見ることが出来るのであった。
まさにボクの、ワタシの街にもビートルズはやってきたのだ。

5枚目のアルバムの邦題にいたっては「4人はアイドル」、今だったら、こんなタイトル、ネタだったとしても恥ずかしいレベルだ。
そして、アイドルとしては二の次かもしれないが、なんといっても彼らは天才的に音楽のレベルが高かった。
「ボクはキミが大好きなんだ」とか「キミがいなけりゃ、ボクは死んじゃうヨ」といった愛の歌が歌われると、世の女子は全て、それは自分一人に向けられた言葉だと受け止め、寝ても冷めてもビートルズになってしまうのだった。

自称ロック通の人はアイドルを下に見る傾向にあると思う。
しかし、誰もが認めるロックアーティストであるビートルズの今日があるのは、アイドルだったからなのである。

 

PR
※ビートルズマニア専用(笑)


もしもピート・ベストが「カム・トゥゲザー」のドラムを演奏したら・・・



実に特徴をつかんでいて面白いですね。

ビートルズのデビュー直前に脱退したドラマー、ピート・ベスト。
彼の在籍時の音源は数多く残されています。
後のリンゴ・スターと比較すると、非常に大人しく、裏方に徹したプレイですが、微妙なヘタウマ加減に味があったりします。

彼のドラムの特徴が比較的よく表れていると思われる1曲。



「ライク・ドリーマーズ・ドゥ」というデビュー前のオリジナル曲ですが、なかなか名曲だと思いませんか?
ポール・マッカートニー(68歳)が、恋人ナンシー・シェベルさんとの婚約を発表したのは今月初めの頃。
3度目の結婚となるようです。
まだ最近、前の妻と別れて50億円だったか巨額の慰謝料を払ったばかりのような気がするのですが。
まあ、ポールにとっては50億円くらいは大した金額じゃないのかも。

さて、ポールの奥さんといえば、やっぱりリンダ・マッカートニーですよね。
乳がんでこの世を去ったのは1998年。
長年にわたり公私共にポールを支え、ステージではキーボードとバックコーラス担当でした。
アルバム収録曲ではリードボーカルをとってる曲もあります。



曲中で聞える料理をしているみたいなSEは、実際にリンダが調理している音だそうです。
そういえば、リンダは「料理研究家」としての肩書きもありましたね。

ポールは、現在も心の奥底にはリンダへの思いが宿っていることでしょう。
それでも過去に捕らわれず、新しい人生を歩もうとする超ポジティブ男が彼なのです。
志半ばで命を落とす人も多い中、ポールが将来、生涯にピリオドを打つときがやって来たら「わが人生に悔いなし」と思うでしょうか?
いやいや、永遠のロッカーはきっとこういうでしょう。
「まだまだロックしたりないよ」と。

近所のレンタル店でビートルズのリマスター版が揃ってたので、一気に全て大人借りしました。
このリマスター版が発売されるとニュースで知ったときから、喉から手が出るほど欲しかったのですが、以前書いたように、すでに知りつくしているビートルズを買ってどれだけ聴くかわからないので断念しました。

それでも4枚1000円というお買い得ならぬ、お借り得だったので、この機会に、とレンタルしたのは先週のこと。
全て聴きました。
素晴らしいです。
想像以上の出来栄えに、これならリマスターボックスセットを買っても良かったなって思うほど。

全体的に低音がしっかりした印象で、たとえばイコライザーで低音だけ強調したような感じではなく、全体の骨格がしっかりした結果、低音が充分に響いてきたっていう印象です。
それと、各楽器の音の分離がよく、それまで気付かなかった音まで聞えるようになった気がします。

ちなみにレンタルで借りたCDはステレオ版で、私の持ってるCDは初期のアルバムがモノラルだったのでとくにそれらの違いが顕著に感じられました。
なかでも1stアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」は、LPレコードもモノラルしか持ってなかったので、ステレオ版を聴くのは古いカセットテープ以来になります。
20数年ぶりにジョンが歌詞を間違えて笑いながら歌うヴァージョンを聴きました。
初期のビートルズのリアルステレオともいうべきサウンド、車で大音量で聴くと非常にいいです。
この左右はっきり分かれたステレオサウンドを「疑似ステレオ」という人がいますが、それは間違いです。

「疑似ステレオ」について。
疑似ステレオというのは、モノラルしかない音源をイコライザーなどの処理により、無理やり広がりのあるサウンドのようにしたもので、アナログLPのステレオ版「ラヴ・ミー・ドゥ」や「P.S.アイ・ラヴ・ユー」がそれにあたります。
実際に聴いた感じでは、モノラルのような音の一体感がなく、かといってステレオの広がりにも欠けるイマイチな代物で、今回のリマスター版ではモノラルとして収録されています。

元々ビートルズのレコードは、1960年代という時代からすれば、非常に音質が良かったのですが、CD化されたとき大幅に音質が落ちました。
しかし、今回のリマスターは格段に音質が向上し、私のショボイオーディオや、大して当てにならない耳でも違いがはっきりわかるものでした。

突然ですが、今年の元旦に発表されたザ・ビートルズの人気曲ランキングをご紹介しましょう。
これは2009年5月~12月の間、日本の公式サイトにて行われたアンケートで、全213曲が対象となっています。
http://www.emimusic.jp/beatles/special/20091231_ranking2.htm?pScranking213

全ては無理なので、ここでは上位20曲。

1位 レット・イット・ビー
2位 イン・マイ・ライフ
3位 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
4位 ア・デイ・イン・ザ・ライフ
5位 ヘイ・ジュード
6位 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
7位 サムシング
8位 アクロス・ザ・ユニバース
9位 イエスタディ
10位 アイ・アム・ザ・ウォルラス
11位 ヘルプ!
12位 ひとりぼっちのあいつ
13位 ヒア・カムズ・ザ・サン
14位 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
15位 オール・マイ・ラヴィング
16位 ゲット・バック
17位 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
18位 シー・ラヴズ・ユー
19位 ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
20位 ア・ハード・デイズ・ナイト

なかなか面白い結果だと思います。

「レット・イット・ビー」が1位だというのが、日本人らしくないですか?
昔から映画やドラマでけっこう使われていた、日本人好みの曲だと思います。
また6位と7位にジョージの曲、つまりベスト10内に2曲もジョージの曲が入ってることにも驚きです。
日本人ってジョージの奥ゆかしさみたいなのが好きなんです。

8、10、19位あたりは、少しだけマニアック。
21世紀になってビートルズの曲の投票をしようなんて人は、マニアな人が多いのです。
初期の曲が少ないのもその辺が理由でしょう。

ベスト20以外で注目なのは、いわゆる問題作は何位くらいなのか?てこと。
31位 トゥモロー・ネバー・ノウズ
136位 レヴォリューション9
141位 ユー・ノウ・マイ・ネーム
157位 ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
192位 フライング
198位 ハー・マジェスティ

最下位は、同列で
ラヴ・ユー・トゥ 、リトル・チャイルド 、消えた恋、マッチボックス、ハニー・ドント
リンゴのボーカル曲が3曲も並んでしまいました。

ちなみに好きなアルバム1位は「アビー・ロード」でした。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]