忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

突然ですが、今年の元旦に発表されたザ・ビートルズの人気曲ランキングをご紹介しましょう。
これは2009年5月~12月の間、日本の公式サイトにて行われたアンケートで、全213曲が対象となっています。
http://www.emimusic.jp/beatles/special/20091231_ranking2.htm?pScranking213

全ては無理なので、ここでは上位20曲。

1位 レット・イット・ビー
2位 イン・マイ・ライフ
3位 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
4位 ア・デイ・イン・ザ・ライフ
5位 ヘイ・ジュード
6位 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
7位 サムシング
8位 アクロス・ザ・ユニバース
9位 イエスタディ
10位 アイ・アム・ザ・ウォルラス
11位 ヘルプ!
12位 ひとりぼっちのあいつ
13位 ヒア・カムズ・ザ・サン
14位 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
15位 オール・マイ・ラヴィング
16位 ゲット・バック
17位 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
18位 シー・ラヴズ・ユー
19位 ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
20位 ア・ハード・デイズ・ナイト

なかなか面白い結果だと思います。

「レット・イット・ビー」が1位だというのが、日本人らしくないですか?
昔から映画やドラマでけっこう使われていた、日本人好みの曲だと思います。
また6位と7位にジョージの曲、つまりベスト10内に2曲もジョージの曲が入ってることにも驚きです。
日本人ってジョージの奥ゆかしさみたいなのが好きなんです。

8、10、19位あたりは、少しだけマニアック。
21世紀になってビートルズの曲の投票をしようなんて人は、マニアな人が多いのです。
初期の曲が少ないのもその辺が理由でしょう。

ベスト20以外で注目なのは、いわゆる問題作は何位くらいなのか?てこと。
31位 トゥモロー・ネバー・ノウズ
136位 レヴォリューション9
141位 ユー・ノウ・マイ・ネーム
157位 ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
192位 フライング
198位 ハー・マジェスティ

最下位は、同列で
ラヴ・ユー・トゥ 、リトル・チャイルド 、消えた恋、マッチボックス、ハニー・ドント
リンゴのボーカル曲が3曲も並んでしまいました。

ちなみに好きなアルバム1位は「アビー・ロード」でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ビートルズという固有名詞を見ると、私の脳内には、オール・マイ・ラヴィングが自動的に流れます。
pico 2010/05/23(Sun)17:50:42 編集
» ジョージ人気
職場の新規採用の子もジョージが好きだと先日話してました。

世代を超えてビートルズ人気おそるべしです。
ポール森屋 2010/05/23(Sun)20:45:52 編集
» 脳内再生
picoさん、こんばんは!
picoさんはオール・マイ・ラヴィングですか。
きっとその曲がpicoさんにとって、何か特別なときにその曲が流れたとか、印象的なことがあったのでしょうね。
私ならシー・ラヴズ・ユーとかかな。
とくにその曲が好きってわけではなく、なんとなく。
あっ、そういえば学生時代この曲をバンドでやったことがありました。
それもボーカルで(爆!)
個人的にビートルズで好きな曲を5つと言われれば、ジョンのボーカル曲が多くなると思います。
ドント・レット・ミー・ダウンとかレボリューションとか恋する二人とか。
マニアックなところだと、ゼアズ・ア・プレイス、オール・アイヴ・ガット・トゥ・ドゥ、アイ・ウォント・ユーあたりかな。
にゅーめん 2010/05/23(Sun)22:00:03 編集
» きっかけ
ポール森屋さん、こんばんは!
ビートルズを好きになるきっかけって、ポールの曲が多いと思うんですね。
その後、ジョンの曲の深さを知り、やがてジョージにはまるってパターンかな。
ある程度ビートルズの好きな人って、たいていジョージが好きっていいますしね。
で、一周して「やっぱ、ポールって凄いわ」となり、ジョンの凄さも知る、と。
じゃ、リンゴの出番は?(笑)

今回のアンケートでわかったのは、カバー曲の順位が低い傾向にあるってこと。
そりゃ、ビートルズのオリジナル曲はどれも素晴らしいので、そうなるのは当然なのですが、カバー曲もビートルズらしくていいんですよね。
私に言わせれば、ほとんどの曲は元のオリジナルを超えてるんじゃないか、と。
にゅーめん 2010/05/23(Sun)22:06:20 編集
» Getting better
ジョージの曲、歌声が好きと言う人、多いですね。
私もそのうちの一人ですが。
Here Comes The Sun、爽やかな歌声が、太陽が昇るキラキラしたイメージにぴったりです。
その時々の気分や状況で、好きな曲は変わりますが、つらい時は、Getting betterが私の応援歌です。
聞いていて心地よいので、Hello Goodbyeも好きです。
リンゴ(ヴォーカルはリンゴでしたよね?)のGood Nightも温かい気持ちになれていいなぁ。
那由他 2010/05/23(Sun)22:09:22 編集
» 日本特有の順位
だと思います。
前に山下達郎の番組で世界規模のランキングを発表してましたが、所謂、赤盤、青盤に入っている曲が並んで至極、真っ当な順位だと思いました。
個人的には、今回の順位は、自分の嗜好にあった順位で、特ににゅーめんさん指摘の8位10位あたりは意外ですが、嬉しいですね。
わたしもpicoさん同様に、オール・マイ・ラヴィングに反応し、ベースライン(笑)が勝手に脳内を流れます。

By KOSS
KOSS 2010/05/23(Sun)22:53:23 編集
» らしい選択
那由他さん、おはようございます!
ジョージの曲はポップでさわやかなんだけど、どこか捻ってるというか、素直なだけじゃない部分があって、それがいい味になってるような気がします。
Here Comes The Sun、イントロのギターから明るい日差しを連想させますよね。

Getting better、Hello Goodbyeが好きというのは、なんとなく那由他さんらしいかも。
どちらも自分のモチベーションを上げてくれそうだし、上がってるときに聴いても気分が良くなりそうですね。
Good Nightは、リンゴの歌声ですね。
この曲は本当に子守唄みたいに聴くことが出来てリラクゼーション効果もありそう。
にゅーめん 2010/05/24(Mon)06:19:18 編集
» まさに
KOSSさん、おはようございます!
さすが違いのわかる男、KOSSさんらしいコメントありがとうございます。
やはり日本人は基本的に真面目で、好きになっちゃうとマニアな方向に進んでしまうんですよね。
昔と違い、洋楽と邦楽の間に一線が引かれ、さらに最新の音楽と古い音楽の間にも一線が引かれた今の日本の音楽事情の中、あえてビートルズを聴き、ランキングにも参加しようなんて人は、マニアなんだと思います。
逆に普通に誰もがビートルズを聴いてるような国では、そこまで追求、例えば全曲コンプリートしようとか、関連本を読もうとか、そういう人は少ないでしょうね。

さてさて、来月あたりやりますか、オール・マイ・ラヴィング!
また段取りさせていただきます(笑)
にゅーめん 2010/05/24(Mon)06:26:37 編集
» 無題
ビートルズの曲はバンドのレパートリーの半分近くを占めていました。
なので特別な思い入れがあります(笑)

個人的には4、7、8、21、31、47 を選びますね。(本当は選べないんですけど
更にそれらの中での一曲となると…

Across The Universe
かな…

space child 2010/05/24(Mon)13:38:25 編集
» カバー
space childさん、こんばんは!
バンドのレパートリーにビートルズがあると楽しいですね。
気取らずに演奏出来るし、何よりどの曲もメロディがいいから演奏し甲斐がありますね。
21、31、47ですか、なかなかマニアックな選曲、space childさんもやりますね!

ビートルズの曲をやる場合、どこまでやるかが問題ですよね。
原曲の雰囲気を壊さない程度に、コピーというよりカバーみたいな感じでやるほうが面白そうな気がします。
初期のロックンロールな曲はちょっとハードに演奏するのも楽しそうです。
にゅーめん 2010/05/24(Mon)21:17:18 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]