忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の住むところから大阪へ行くのは容易いことではない気がします。
電車で行く場合、JRを使うのが一番早く安いのですが、便数が極端に少なく、それはもはや実用に適さないレベル。
近鉄で行くとなると、恐ろしく遠回りをしなきゃいけなく、その分時間も値段も高くなります。

というわけで、大阪へ行くときはマイカーで行くことが多いわけですが、この場合どこへ車を駐車するかを検討しなければいけません。

以前は、長堀の地下駐車場に停めることが多かったのですが、最近は値上がりしたようだし、ここまでたどり着くのに渋滞の中を走らなければいけません。
奈良公園に車を停めて、そこから近鉄で行くというルートを使っていたこともありましたが、とてもベストとは言いがたい。

それで今回新しく発見したのは、藤井寺の駅近くの駐車場、ここに一日最大1200円で停められるところがあり、そこから電車で市内にはいるという手段。
金額的にも所要時間的にもベストかもしれません。

で、今日はそのルートで大阪へ行ってきました。
ヤボ用で、自分としては何の収穫もない大阪行きでしたが、いちおうグルメレポートだけしときます。

お昼ごはんは、道頓堀の今井本店へ。

 

前に野村義男と増田がロックギターにチャレンジしていたNHKの「チャレンジホビー」、今は「旨いうどんをうつ」というテーマに代わっていて、ここの店が紹介されていたのです。
大阪うどんの名店として名高い「今井」、注文するのはもちろん「きつねうどん」です。
甘口のダシが絶品で、うどんはコシが弱い細麺、個人的には讃岐うどんみたいなコシがあるほうが好みですが、このダシの美味さ、それをたっぷり吸った油揚げの味わいはそれを上回ります。

大阪といえばタコヤキ。
私は大阪へくるたびに、「これぞ大阪のタコヤキ」というものを探していましたが、今のところ「わなか」という店が一番ですね。



ここは常に客足が途絶えないので、いつでも焼きたてをいただくことが出来ます。
表面はパリッ、中身はトロ~リ、猫舌の人は要注意、激熱です。

粉もん王国の大阪、夕食は、梅田のネギ焼きの店「やまもと」へ。

  20100703171803.jpg

 注文したのはネギ豚。
 私はお好み焼きよりもネギ焼きのほうが好きです。
 あっさり醤油味がいいのです。
 ここも期待を裏切らない美味さ、いくらでも入りそうです。



今日は一日雨降り、ときには滝のような豪雨でしたが、食い倒れの街を堪能したのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» いいなぁ~大阪
粉もの食べたいです。
関西風美味しいんですよね~(^^)v

お値打ち駐車場も又ご教示願います。
ポール森屋 2010/07/04(Sun)09:38:42 編集
» 味わい
ポールさん、こんばんは!
粉ものといえば、やっぱり大阪ですよね。
名古屋の味噌文化もいいけど、たまには関西風味もオツなものです。

今回、きつねうどんも食べたわけですが、ご当地うどんもそれぞれあって、どれも美味しいと感じる私は得な舌かもしれません。
たとえば、
コシの強い讃岐うどん
あっさりダシの大阪うどん
コシ0、汁0の伊勢うどん
コシを通り越して硬い麺と濃い味の味噌煮込みうどん
どれも甲乙告げがたいけど、夏ならあっさり関西風、冬なら温まる味噌煮込みがいいかも。

お値打ち駐車場、まだまだもっとお値打ちなところがあるかもしれません。
にゅーめん 2010/07/04(Sun)18:52:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]