忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「スナック」

子供の頃の話である。
近所に一軒の小さな店が出来た。
スナックというらしい。
スナックとはなんだ?スナック菓子でも食べさせてくれるのか?
ある日、母に尋ねてみた。
「あの店は、大人が夜に行く店よ」
そうか、そうだったのか。
子供に隠れて、ああいう店に行き、コソコソと「かっぱえびせん」や「サッポロポテト」を食べてるんだ。
大人ってずるいと思った。


「ステーキ」

25歳くらいの頃である。
高級な食事をしてみたい、そう思った私は、和牛の最高潮といわれる松阪牛のステーキを腹いっぱい食べてみたくなった。
フォルクスやあさくまではダメだ。
あれは庶民のステーキだ。
私が食べたいのは、もっと高級なものである。
そして前から目をつけてあった、松阪市の某高級ステーキ店へ向かった。
当時、フォルクスやあさくまのステーキだと1500円~2000円くらいだったと思う。
松阪牛ならその倍、いや3倍、あるいはそれ以上するかもしれない。
おそらく1万円くらいはするだろう。
余裕を持って2人分で3万円を用意して店へ向かった。
店の入り口のところにメニューが置いてあった。
いちおう目を通してみることにした。

目が点になった。

まともなステーキを食べようとすれば、最低でも一人前3万円はするのである。
自分の予算で食べられそうなのは、せいぜいハンバーグくらいしかないのだった。
店員が来た。
「ご予約のお客様でしょうか?」
男はあきらめが肝心、いそいそと店を出たのであった。

その後、普通の焼肉屋で、肉を食べた。
その庶民的な味わいは、敗北感と自分の小ささにうんざりした自分の身の丈にあってると思った。


「刺身」

以前会社の同僚だったY氏は、魚にうるさい。
居酒屋で刺身の盛り合わせなどを頼んでも、これは新鮮じゃないだの、色がおかしいだの、どこそこの魚はもっと旨かっただの言うのである。
父親が漁師だという彼は、子供の頃から新鮮な魚を日常的に食べているだろうから、うるさいのも頷ける。
しかし、しかしだ。
問題なのはその食べ方である。
刺身の両面に醤油をベッタリつけ、それだけではものたりないのか、箸で刺身に穴を開け、醤油を染込ませて食べるのである。
それでは醤油の味しかしないのではないだろうか?
私はY氏の薀蓄に耳を傾けはするが、当てにはしないことにしている。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 小さなスナック
さ行で始まる食べ物シリーズですね。

スナックと言うタイトルを見てすぐ思い出したのは、「小さなスナック」と言う歌。
スナックと言う言葉は、子供の頃、この歌が流行って、テレビの歌謡ベストテンみたいな番組で聞いて、初めて知りました。
「白い扉の小さなスナック」という歌詞から
どこかお店なんだろうなとは思いましたが、
具体的にはどういうところか全然想像がつきませんでした。
「小さなスナック」、これです。
http://www.youtube.com/watch?v=TuLwVJRaUgE
那由他 2010/10/23(Sat)14:17:48 編集
» う~ん。。。
スナックのお話、おもしろいですね。
子供の頃には理解できない大人の遊び場を、子供なりに解釈するとそうなるのですね。(笑)

最低でも一人前3万円はするステーキ、食べてみたいとは思いますが、貧乏性なので3万円あったら残るものを買おうと思ってしまいます。洋服とか靴とかCDとか変身用の化粧品とか。(汗)

箸で刺身に穴を開け、醤油を染込ませて食べるのであれば、多少鮮度が落ちていようが、色が悪かろうが、さほどかわらないのでは?(笑)
nagarebosi★ 2010/10/23(Sat)20:05:30 編集
» 無題
那由他さん、こんばんは!
小さなスナック懐かしいですね。
この曲、友人が弾き語りで歌ってくれたことがあったのですが、私はてっきりその人のオリジナル曲だと思って、凄い曲を作るようになったものだと感心した覚えがあります。
その後、「小さなスナック」はカバーだと知ったのですが、何故かガロの曲だと長い間思ってました。
パープルシャドウズの曲だと知ったのは、ここ数年のことだったと思います。
歌詞の中に「ギターつまびく君は」とありますが、当時はカラオケが普及してなかったと思うので、ギターの弾き語りをする人もいたのでしょうか?
そういえば、人造人間キカイダーでは、主人公がいつも背中にギターを背負っていましたが、日常的にギターを持ち歩いてる(それもケースに入れず裸で)人もいたのかもしれませんね。

wikiによると、70年代前半頃までスナックというのは、昼間は喫茶店みたいな感じで営業していたようですが、パープルシャドウズの歌詞からすると、スナックというより喫茶店っぽいイメージがします。
そういえば失恋レストランって曲もありましたよね。
あれもレストランっていうより喫茶店みたいな店を想像しますが。
にゅーめん 2010/10/23(Sat)21:13:28 編集
» 食のいろいろ
nagarebosi★さん、こんばんは!
近所に出来たスナックというのは、今現在でいうスナックに近い店で、窓がなく、18歳未満お断りみたいな扉があったと思います。
子供の時は謎でしたね、いったいどういう店なんだろうって(笑)

ステーキ、さすがに高すぎました。
当時は独身で今よりずっと自由に使えるお金も多かったはずですが、それでも1食に3万円は使えなかったですね(笑)
体の奥まで庶民は庶民でした。

刺身、そうですよね、そんな食べ方するんだったら、どんな刺身でも一緒だと思います(笑)
一度、スーパーの刺身と漁港で取れたばかりの刺身と、どちらが漁港のほうなのか、イジワルクイズでもしたくなります。
にゅーめん 2010/10/23(Sat)21:24:05 編集
» ガロ
ガロの曲では「学生街の喫茶店」、いい曲ですよね。ちょっとアラビアっぽい間奏が印象的でなんとなく哀愁のある歌でした。

>主人公がいつも背中にギターを背負っていましたが・・・

「キカイダー」はよく知りませんが、ギターを背負いながら戦うんですか?
ギターを抱いた渡り鳥、って感じですね~(^^)
那由他 2010/10/24(Sun)22:33:08 編集
» キカイダー
那由他さん、こんばんは!
ガロの学生街の喫茶店、名前は知ってましたが、聴いたことなかったのでyoutubeで探して聴いてみました。
ああ、これはいい曲ですね。
1972年の曲だそうで、この辺がいわゆる四畳半フォークというのでしょうか、懐かしい感じがします。
といっても、私は当時5歳ですが(笑)

キカイダーは、当時よくあった仮面ライダーなどと同じ、男の子が見るヒーロー物でした。
主人公の人は、バイク(何故か助手席のあるサイドカーでした)に乗り、ギターを背中に抱えてるのです。
そして、ヒロインが敵に捕まって絶体絶命なピンチになると、どこかからギターの音色が聞こえてくるのです。
「誰だ!誰だ!」と敵はうろたえます。
すると丘の上でギターを弾く主人公、そしてキカイダーに変身して戦うのです。
たしか戦うときはギターはもってなかったと思います。
普段はこんな感じ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ka9fPB_-YrY&p=0778DD036FC6334D&playnext=1&index=53
にゅーめん 2010/10/24(Sun)23:00:59 編集
» 食べ物の話しは面白い
「スナック」は、今の仕事で欠かせないお客さんであるし「ステーキ」は兄と従弟がお店やってますので、自分に関係してるっちゃしてるので、勝手に他人事でない気持ちになりました。(笑)

その子供の頃の「スナック」に纏わるお話、とっても可愛いです!!大人の事情など知る訳もない年頃では(笑)「大人ってずるい」の気持ちは、色んな所で思った記憶がありますもの。(^o^)

「ステーキ」では家の主人も同じような経験がありましたので後日、日記にして皆で笑いましょうかねぇ(笑)。

箸で刺身に穴を開け・・・と云う食べ方をお聞きする限りは、とてもウンチクを語る人の食べ方とは思えませんね。(^^ゞ
命ある物を頂く限りは美しく食べたい。(笑)
みっぴぃ@おみつ 2010/10/25(Mon)22:04:19 編集
» 食の話
みっぴぃさん、おはようございます!
今回、食に纏わるネタを3つ出しましたが、楽しんでいただけて良かったです。
他にもあると思うので、また思い出したら書いてみたいと思います。

子供の頃の勘違いって面白いですよね。
最近はスナックに行くこともほとんどありませんが(お酒をやめてます)、昔はカラオケといえば、こういった酒場が多かったですよね。
仲間だけでなく、不特定多数の人にも歌を聴いてもらう、という意味ではライブに近いものがあったと思います。

ステーキのエピソード、みっぴぃさんのご主人も似た経験ありましたか!
是非日記でお話を聞かせてください。
私の場合、いくら当時は景気が良かったとはいえ、庶民が無理に高級なところへ行ってはいけない、という教訓になりました。

刺身の食べ方、たしかに人がそれをどう食べようが、文句を言ってはいけないかもしれませんが、だったらゴタゴタとウンチクを言わないで欲しいですよね。
にゅーめん 2010/10/26(Tue)06:29:01 編集
» ぷっ(爆)
お邪魔します♪
みっぴぃさんの日記を見てやってました。

子供から見た「スナック」に爆笑です・・

ステーキもご無沙汰というか・・中年になって食べてもいい懐具合になったんですが、体が拒否するようになってしまった(^^)
ETOPO 2010/10/30(Sat)15:16:03 編集
» はじめまして
ETOPOさん、こんばんは!
ようこそ、当ブログへ!
ETOPOさんの名前は、みっぴぃさん他のmixiのコメントで存じております。

今回、食に纏わる小ネタを3つ書いてみましたが、とくに子供の頃の勘違いというのは、大人になってからだと面白かったりしますね。
とくに同名他意だったり外来語だったりするとややこしいい場合もあります。

ステーキ、というか焼肉自体、受け付けないわけではありませんが、中年になってくると、あまり求めなくなってきました。
若いときは、400gくらいガッツリ食べたい、とか、パンやサラダでごまかさず、ステーキのみでお腹いっぱいになってみたい、とか思ったりしましたが。

そういえば、寿司も昔のようにもっと高級だったときは、お腹いっぱい食べてみたいと思ったものですが、今や回転寿司でそこそこのネタでたくさん食べられるようになりましたね。
でもそうなると有り難味が減ってしまった気もします。
にゅーめん 2010/10/30(Sat)17:36:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]