忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スマップの中居君がカップそばのCMをしているのを見て、急に食べたくなった私。
コンビニで買ってきて、お湯を沸かして「イザ!」とばかりにフタを開けると・・・
麺が白い!
そう、天麩羅ソバを買ったつもりが同じメーカーのきつねうどんを買ったのでした。
「まあ、いいや」と返品するわけでもなく(いや、フタを開けて返品なんて出来ませんが)、それを食べることにしたのでした。

そういえば私、以前はソバとうどんだったら、うどん派だったことを思い出しました。
どちらか選べば必ずうどん。
駅の立ち食いでも、高速道路のSAやPAでもうどんを食べてました。

なぜうどん派なのか?
それは中学生のときに読んだタケカワユキヒデ氏(ゴダイゴ)のエッセイを読んだ影響だと思います。

たしかこんな感じだったと思います。

そもそも食いしん坊の僕は、目の前に食べ物があるとつい食べてしまうのだった。
それは駅の立ち食いうどんでも一緒で、見かけるたびについ一杯、と食べてしまう。
このとき食べるのはうどんでなければならない。
だいたいソバなんて白か黒かはっきりしないし、ときには黒いブチまでついている。
こんな不純なものを食べてたら、心まで曇ってしまうに違いない。
それに比べてうどんは絹のように滑らかで純粋な白色をしている。

そうか、ソバよりもうどんのほうが清く美しいんだ、とバカな私はこのエッセイを真に受けてうどん派になったのでした。

そんな私が再びソバも食べるようになったのは徳大寺有恒氏(自動車評論家)のエッセイを読んでからだと思います。

重度の糖尿病患者である私は、もう以前のように食べたいものを食べたいだけ食べるというわけにもいかないので、多少は食に気を使うようにしている。
そこで目をつけたのが蕎麦だ。
古来より旨いものとされている蕎麦、こいつを突き詰めると実に奥が深く、これほどヘルシーでありながらうまいものは驚くほどうまい。
ジャグァーを走らせうまい蕎麦屋を探す、これが最近の私の楽しみである。

もう15年以上前だったと思うのですが、こんな感じだったと思います。
すぐに影響されてしまう私、いやはやなんとも(汗)。

話は戻ります。
久しぶりに食べたカップのきつねうどん。
カツオのダシが効いて美味しいです。
今の自分はうどん派でもソバ派でもありません。
旨いものは旨い。
そこに甲乙をつける必要なないと思うのでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
関西人はやはりうどん派の人が多いのでしょうかね?私もどちらかといえばうどん派です。

たぶんもう何年もカップ麺を食べてないと思うのですが、こういうのって、たまに食べるとおいしいんですよね。
私は時々チキンラーメンが無性に食べたくなる時があります。(うどんでも、そばでもなく)
おすぎ 2008/12/15(Mon)00:58:38 編集
» 関西はうどん
おすぎさん、こんばんは!
関西はうどん、関東は蕎麦ってイメージがありますね。
大人になってから気がついたんだけど、うどんのダシで蕎麦を食べるから美味しくないんですね。
蕎麦はもっと甘辛いダシのほうが美味しいと思います。
ざる蕎麦とざるウドンだったらざる蕎麦かな。

カップ麺はたまに食べると美味しいですね。
袋入りのインスタントラーメンでもそうですが、結局昔からあるベストセラー(チキンラーメンとかカップヌードルとか赤いきつねとか)が好きです。
にゅーめん 2008/12/15(Mon)18:51:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]