忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年読んだ小説は60冊。(作品数ではなく冊数)
昨年は歴史小説「しか」読まなかったので、その反省としていろいろなジャンルを読むことにした1年でした。
そのジャンルごとの冊数ですが、

ミステリー 25冊
中国もの  20冊
歴史もの  13冊
その他  2冊

なかなかバランスよく読めたと思っております。
ミステリー、中国もの、歴史もの、それぞれに長編も読みました。
宮部みゆき「模倣犯」全5巻、北方謙三「水滸伝」全19巻、司馬遼太郎「坂の上の雲」全8巻です。
私はどちらかというと長編小説好きで、逆に短編集みたいなのは好みではありません。
なので来年は短編集を読まなきゃダメね。

次は作家別に見てみましょう。

北方謙三  20冊
東野圭吾  12冊
宮部みゆき  11冊
司馬遼太郎  9冊
その他  6冊

主に4人の作家の作品を読んでいることになります。
北方謙三と司馬遼太郎は以前からのファンなのですが、今年は宮部みゆきと東野圭吾に出会えたのが大きいです。
とくに東野圭吾にはすっかりはまってしまって、まだまだ読みたい作品がたくさんあります。

来年は、とりあえずは東野圭吾作品を好きなだけ読んでみようかと思うのと、他の作家の発掘ですね。
まだまだ私の血を沸き立たせ、時間を忘れて読みほうけるような小説があるはずです。
この宝の山をどうやって登ろうかと考えるのも楽しいものですね。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 私も!
今年は、前年に比べて、宮部みゆきさんと東野圭吾さんの作品を、よく読みました。
これから読むのに参考にするため、読まれた全作品のタイトルも教えていただきたいです。
那由他 2008/12/14(Sun)21:53:04 編集
» タイトル
那由他さん、こんばんは!
宮部みゆきさん、東野圭吾さん、どちらも今を代表する人気作家ですよね。
読みやすく奥が深い、ページをめくる手が止まらず、気がつけばけっこうな時間が過ぎ去ってることもありました。
北方謙三さんが言うには「小説は心の麻薬である。魅力的な小説は読者を虜にし、決して離さない」とのことです。

那由他さん、たしか昨年は150冊ほど読まれてましたよね。
私が今年読んだタイトルは、私のmixiホームページのレビュー欄を見ていただくと、全ての簡単な感想を書いてあります。
または、このブログの左側のカテゴリーから「読書」をクリックしていただくと、今年読んだほぼ全作品の感想を読むことができます。
にゅーめん 2008/12/14(Sun)22:42:49 編集
» 無題
活字離れな現代(私?)、それだけの読書量はすばらしいですね。(那由他さんの150冊にもびっくり!!)
にゅーめんさんは何にしても目標を決めているのがえらいな〜と思います。それをちゃんと達成してるし。
夏休みの勉強計画表はりっぱなものができたけど、一度としてその通りに出来た事がない私には、「尊敬」の一言です。
おすぎ 2008/12/15(Mon)01:05:43 編集
» ありがとうございます。
読まれた本の感想が読める所を教えてくださってありがとうございます。

北方謙三さんの本は読んだことが無かったのですが、9月まで約一年間、日経新聞の連載小説「望郷の道」を、とても面白く読みました。
北方さんの母方の曽祖父で、新高製菓の創業者、森平太郎をモデルにした小説でした。
連載が終わっても、登場人物たちのその後が知りたくて、北方さんが、続編を書いてくださらないかなぁと期待するほど、ワクワクするお話でした。

宮部みゆきさんと東野圭吾さんのは、構成が巧みですね。
続きが気になって、ついつい夜更かししてしまう本ですが、「楽園」が新聞連載小説だとあとがきで知って、これを連載中に読んだのなら、毎日、続きが気になって仕方なかっただろうな、と思いました。
那由他 2008/12/15(Mon)10:05:46 編集
» 夏休み
おすぎさん、こんばんは!
私も夏休みの宿題なんて、いつもギリギリでしたよ!
夏休みに入る前は、今年こそ7月中に全部終わらせて、8月は思いっきり遊ぶんだ!って気合を入れるのですが、その通りになったことがついに1度もありませんでした。
今でこそ好き好んで読書感想文とか書いてますが、子供の頃は普通に嫌いでした(笑)

私の場合、目標を決める、というよりもきっと何かを目指したいだけなのかもしれません。
趣味的なことでもゴールを決めとくと、それに向かって進めますよね。
でも寄り道も多いけど(笑)
にゅーめん 2008/12/15(Mon)18:56:20 編集
» 今年の本
那由他さん、こんばんは!
北方謙三さんの小説はどうしても男の小説ってイメージが強いし、暴力的な表現が多いのですが、ストーリー展開は見事なものだと思います。
「望郷の道」いずれ文庫で出ると思うので、そのときまで楽しみにしたいと思います。
私のお勧めは「雨は心だけを濡らす」と「風の中の女」、この2作は北方氏にしては珍しく女性が主人公です。

また那由他さんが今年読まれた本も教えてくださいね。
にゅーめん 2008/12/15(Mon)19:07:34 編集
» 読みましたねぇ~。
俺は今年はめちゃ少ないです。。。
以前は東野圭吾の作品は発売と共に買って読んでましたけど、ちょっと前に発売された2冊は古本屋に並ぶまで待ってました(笑) 2冊とも正月休みに読もうと思ってましたけど、待ちきれずに1冊は読み終えるとこです。
宮部みゆきは時代物以外はほとんど読みましたねぇ。俺も次の好みの作家を発掘しなければ!
shin URL 2008/12/19(Fri)08:51:40 編集
» 次に読むのは
shinさん、こんばんは!
今年は自分としてはたくさん読みました。
たぶん学生時代以来。
shinさんは東野作品はほとんど読まれてるんですよね。
宮部作品もたくさん読まれてるんですね。
宮部作品だと「火車」「理由」がとくに良かったです。
たしかに好きな作家をほとんど読んでしまうと、次にはまる作家を探すのは大変かもしれません。

ちなみに今私が読んでいるのは、垣根涼介「君たちに明日はない」です。
リストラをテーマにした作品ですが、重くはなく楽しく読める内容になってます。
にゅーめん 2008/12/19(Fri)23:29:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]