忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本題に入る前にまず2点。

フォリナーの初期5枚のアルバムボックスセットが大変お買い得だったので、発売後一週間後くらいに注文したのですが、ずっと入手困難扱いで入荷する見込みがなさそうだったのでキャンセルしました。
お勧めしていただいた方には申し訳ないのですが、また機会を改めて購入したいと思います。

長年入手困難だったソフトマシーン「バンドルズ」、これが再発されるとの情報を哀メロ掲示板で知ったので、早速発売日の2週間も前に予約しました。
しかし、発売日に来たメールは発送ではなく、またしても「入手困難」。
おそらく今回の生産数を予約数が上回ったのでしょう。
追加生産しない限り、送られてくることはなさそうですが、もう少し待ってみます。

というわけで、REOスピードワゴンです。
超大ヒットアルバムです。
なのに、聴いたことがなかったので買ってみました。



REOスピードワゴンというバンドは、ある世代の人(現在40代くらい)にとっては有名だったかも知れませんが、それ以外の世代の人には、ほとんど無名なような気がします。
本当は70年代初頭から活躍してるバンドですが、有名になったのは80年代から、それもモロに80年代産業ロックサウンドで、一世を風靡したものの、その後フェイドアウトしたかのように思います(今も現役ではありますが)。
このアルバムで聴ける彼らのアメリカン・ロックは凄くポップで親しみやすく、他の産業ロックバンドのようなハードロック要素やプログレ要素が少ないのが特徴なのかな?
もしかすると70年代不遇時代はもっと泥臭いロックをしていたのかもしれませんが。

彼らの出世作「禁じられた夜」、このアルバムで聴ける彼らのサウンドは、とても若々しく青春そのもののような香りがあり、とくに4曲目「in your letter」という曲にそれが顕著に現れていると思います。
すでにベテランの域に達していた彼らですが、音楽に打ち込む純粋なひたむきさが、この甘酸っぱいような響きに現れているのかもしれません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
フォリナーのボックスセット、結局来なかったのですか!
ほとんど同時期に注文したはずなのにおかしいですね~。
ソフトマシーンもREOスピードワゴンも名前は聞いたことがありますが、未聴です。
You Tube見せてもらいました、明るくてポップで80年代らしい曲です…が普段の私がほとんど聴かない分野のロックかなぁ。
70年代不遇時代の曲を聴いてみたいものです。
nagarebosi★ 2010/05/29(Sat)10:29:56 編集
» またしても廃盤か?
nagarebosi★さん、こんにちは!
そうなんです。
たしかnagarebosi★さんが注文して一週間も経ってなかったと思うのですが、思ったより人気があったのでしょう。
あの値段で売られていたことを知ってしまうと、普通の値段で買う気になれないし(汗)
というわけで、ソフトマシーンは発売の2週間も前に注文したのに、これも入手困難とはね。
このソフトマシーンのアルバムは、生粋のソフツファンからは「異色作」とか「こんなのソフツじゃない」などと言われ、一般の洋楽ファンからは知名度が低いゆえ見向きもされず、それゆえ廃盤なのです。
しかし、極一部のプログレファンの間では「幻の名作」などといわれ、オークションでは数万円で取引されてるそうな。
本来ギタリストのいないソフツに、あのアラン・ホールズワースが加入し、独特のジャズロックを展開していて興味があったのでした。

REOスピードワゴン、私も名前だけしか知らなかったのですが、私が想像していた以上にポップでした。
そして名前しか知らないと思ってたのに、1曲知ってる曲がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=kW_YijT4aok
私は、なぜかこの曲、ずっとシカゴだと思ってました(汗)
にゅーめん 2010/05/29(Sat)16:15:39 編集
» 無題
REOスピードワゴンですかー
懐かしいですねー
コメントに載せてある"CAN'T FIGHT THIS FEELING"
ちょうど洋楽に目覚めたころ(中学2年ころ)MTVでよく流れてました。
いやー懐かしい。
一時期(2年ほど前?)ハマって何枚かレンタルしました。
良質なポップロックですよね。
ひらぱ 2010/05/29(Sat)21:45:23 編集
» ひ~ん
ひらぱさん、こんばんは!
をを!ひらぱさん若いのにREOスピードワゴンを聴いてたとは!
私の感覚では、グランド・ファンク・レールロードと並んで、「忘れられた偉大なバンド」扱いだったですが。
でも"CAN'T FIGHT THIS FEELING"は有名かもね。

というわけで「REOスピードワゴンとかけて三重県ととく、その心は?」
答えは、有名な曲、場所はあるのにそれが誰なのか、何県にあるかわからない。
鈴鹿サーキット、伊勢神宮は皆知ってるのに、それが三重県だなんて、東海近畿の人は知ってても、九州とか関東、東北の人は絶対知りません(汗)
"CAN'T FIGHT THIS FEELING"は皆知ってるのに、それがREOスピードワゴンの曲だなんてどれくらいの人が知ってるのだろう?
もしかして知らんかったのって自分だけだったりして(汗)
にゅーめん 2010/05/29(Sat)22:56:52 編集
» REO大好きでっす!
はあい。80年代後半にREO大好きになって、ベストビデオ&ベストライブのLDを買いました。

今じゃメンバーも大分変わっちゃったけど、もし日本に来たら多分ライブ行きますね。
アメリカでは今でも結構人気あると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=_bDHaJERpmI&feature=related
↑この曲なんか好きです。

70年代はもっと泥臭い…とありましたが、多分そうでしょう。
ギターのゲイリー・リラチースが大好きでした。
ゲイリーの書く曲はハードなのが多いみたいですが、後から入ったケビン(ボーカル)の曲はソフトなのが多くて、そっちがヒットしたのでその方向に向かったみたいです。

ゲイリー、アラン(ドラムス)のいるうちにライブ行きたかったよ(ぼそ)。
りんじぃ 2010/05/29(Sat)23:27:23 編集
» 無題
REOスピードワゴン。
そんなバンドいたよなって程度です。
申し訳ありませんです。
ソフトマシーンも聴いた事はないのですが、
'07年にやったライブが「ソフトマシーン」という小さなライブハウスで、
名前の由来がバンドの「ソフトマシーン」らしいです。
実際にご本人様達もいらしたことがあるみたいです。

http://www.softmachine.cc/index.html

全然関係ない話ですみません(汗)
おすぎ 2010/05/30(Sun)00:56:50 編集
» 無題
わかりずらい文章でした(汗)

うちのバンドが'07年にライブをしたのが「ソフトマシーン」というライブハウスでした。

こう書かないと勘違いしちゃいますよね。
すみませんです。
おすぎ 2010/05/30(Sun)01:01:03 編集
» いい曲たくさん
りんじぃさん、おはようございます!
さすが!REOスピードワゴンを聴かれてたのですね!
さっそく「Roll With The Changes」聴きましたが、めっちゃ気に入りました。
これは「ツナ・フィッシュ」というアルバムに入ってるようですね。
各種ベスト・アルバムやライブ・アルバムに入ってる彼らの代表曲だということがわかりました。
彼らは初期のころ、年間数百本に及ぶライブを毎年行っていたとのこと、そういった下地が出来ているバンドは、全盛期を過ぎても根強い人気があるのでしょう。
日本に来日したこともあったのかな?

私はまだ聴き始めて3日くらいしか経ってないので、メンバーとか全然わかりません。
聴いてて歌を歌う人は、少なくとも二人はいることはわかりました。
でも今はいなくなってるとかだったら寂しいですね。
にゅーめん 2010/05/30(Sun)06:42:33 編集
» 気取らずに決めてみたい夜さ
おすぎさん、おはようございます!
私もつい最近まで「REOスピードワゴン?そんなバンドもあったなぁ」程度でした。
他には、メン・アット・ワーク、バウワウワウ、ザ・スミス、ラバー・ボーイ、J・ガイルズバンドなんかも「そんなバンド~」な私です(汗)

バンドのソフトマシーンから店の名前をつけたなんて、凄く通な店長ですね。
HP見させていただきましたが、気取らずにバンド演奏が出来そうなところですね。
あとアルコールの種類(変なビールとか)もたくさんあるようだし。
こういう趣味的要素の強い店好きです。
楽器さわり放題、レコードCD聴き放題、素晴らしい店です。
にゅーめん 2010/05/30(Sun)06:51:23 編集
» 店頭販売
フォリナーの5枚組は、結局来なかったんですね。私も頼もうかと思いましたが、fxhud402さんが、店頭を当たる方が確実だというアドバイスをくれたました。でも、扱っている店が限られているのか、私の行った店にはありませんでしたね。

REOは、MTVとともに流行ってましたね。「涙のレター」とか「涙のフィーリング」など、邦題は「涙」シリーズでしたね。浮気した妻に、それでも愛しているんだと歌った「キープ・オン・ラヴィング・ユー」あたりから連想されて「涙」シリーズになったのでしょうか??でも、アルバムは聞いたことありません。

この時のギタリストが弾いていたのが、58年か59年のサンバースト・レスポールだというのが、少し話題になってました。今は手放してしまったそうです。
忍者 2010/05/30(Sun)23:55:06 編集
» タイミング
忍者さん、おはよございます!
忍者さんのお勧めだったのですが、発売されてから注文しようと、少し間を空けてしまったのが失敗だったようです。
わずかの差でnagareboshi★さんはすぐに入手できたのですが、今も人気があるんですね。

REOスピードワゴン、さすが忍者さん詳しいですね。
>涙シリーズ
そうそう、この頃の邦題は一つ当たるとそれにちなんだものが多かったですね。
シン・リジィの「ヤツら」シリーズとか。

私はまだREOのメンバーの名前もよくわからないのですが、メンバーチェンジを繰り返してるようです。
この頃のギタリストは、あの名器58年レスポールですか。
70年代不遇だったころに、心機一転を図って購入したのかな。
結果的に大当たりしたわけで、十分元はとったといえるでしょう。
にゅーめん 2010/05/31(Mon)06:15:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]