忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のひらぱさんのmixiの記事でLUNA SIAが取り上げられていたので、私も便乗します。

いわゆる90年代のヴィジュアル系のバンドで、他にも沢山あったと思うのですが、その中ではLUNA SIAが一番良かったです。
私の周りではX-JAPANの方が人気ありましたが。

そういえば、当時部下だった女性の彼氏がGLAYのコピバンでドラムを担当していて、紹介してもらったことがありました。
まるでホストのような容姿で、いかにも若い女性に持てそうな青年でしたね。
一度セッションをしたことがあったのですが、70年代、80年代のロックもよく知っていて楽しく演奏したことを覚えています。

話はLUNA  SIAに戻ります。
このバンドは他のヴィジュアル系と比較しても、非常にメロディアスでやや歌謡曲的なセンスがあったように思います。
おそらくボーカルの河村隆一氏のセンスだと思うのですが、ソロになってよりいっそう磨きがかかってヒット曲をたくさん出してました。
なかでも「BEAT」という曲がポップで好きでした。



10年ぶりくらいに聴きましたが、やっぱりいいですね。
最近はカバーアルバムみたいなのを出してるようです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
あ~、ルナシーってヴィジュアル系になるんですね。
あんまりはっきり覚えてないんですが。。

でも、仰るように、メロディアスでキャッチーですね。
この「BEAT」という曲も、確かに聞き覚えがあります。

で、裏声!
そっかそっか、こんなに多用していたんですね。
これを上手く歌うのは大変そうですね~
ひらぱ 2010/02/01(Mon)00:04:47 編集
» 裏声
ひらぱさん、おはようございます!
Wikiでヴィジュアル系というのを調べてみると、ハードロックをベースにヴィジュアル面を派手に演出したバンドみたいなこと書いてありました。
私の知らないバンドもたくさんあり、それぞれにコアなファンもいるようです。
ただ後半になるとファン層が女性ばかりになってしまい、音楽性が語られることがなくなって衰退したようです。

河村隆一のように声域が低めの人は裏声を上手に使う人が多いですよね。
福山雅治とかもそうですし。
このBEATという曲は、河村隆一の曲の中では高音で歌っているほうだと思いますが、LUNA SIA時代はもっと低い曲が多かったですね。
にゅーめん 2010/02/01(Mon)06:12:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]