忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マニアの間で評価の高いヨーコ・オノの1973年発表の3rdアルバム「無限の大宇宙」を買いました。
彼女の音楽作品は、この作品に限らず発表当時まるで相手にされなかったようですが、最近になって再評価されてるようで、紙ジャケとかボックスセットとかも発売されてるようです。



一般的にヨーコの最高傑作と言われるこのアルバム、2枚組全22曲(+ボートラ2曲)全て彼女の作詞作曲、楽曲アレンジも彼女一人のクレジットになっていて、ジョン・レノンの名前は、プロデューサーとしてジョンとヨーコ、それと一部の曲にギターで参加してるだけです。

ヨーコの音楽といえば、ジョンやクラプトンをバックに奇声をあげたり、発狂したように叫びまくるイメージがあるのですが、このアルバムは普通のロック・アルバムです。
それも非常に完成度が高く、ほとんどヨーコ一人の力でこれほどのアルバムを作っているのには驚愕します。
やや泥臭いギター・ロックから、時代を先取りしたパンク・ナンバー、アダルト・テイストなスロー・ナンバー、おどけた調子のポップな曲までなかなか多彩な才能を発揮しています。

元々安田財閥系の華族だった彼女は、小さい頃から英才教育を受け、渡米してから大学で音楽を学びます。
作曲家の前夫と別れたあとジョンに出会うことにより、彼女にロックの火がついたのでしょう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 今宵、彼に安らぎを
にゅーめんさん、こんばんは。
「無限の大宇宙」、私も持ってますよ、LPで(爆)。
というのも、遠い昔、NHKサウンドストリートで渋谷陽一がDJのサウンドストリートで
このアルバムに納められている「今宵、彼に安らぎを」を聴いたからです。
ジョンに対するヨーコの優しさが溢れる曲で、その詩に涙しました。
当時廃盤だった、このLPを手に入れるのに苦労しましたよ。
今、紙ジャケで売られてるんですね。
買っておこうかなぁ。

By KOSS
KOSS 2009/07/19(Sun)23:31:10 編集
» 廃盤になる前に
KOSSさん、おはようございます!
さすがKOSSさん、LPを持ってましたか。
やっぱり目の付け所が違いますね。
当時廃盤だったLPを手に入れるというのは、とても苦労したと思いますが、それだけ価値のあるアルバムだと思います。
「今宵、彼に安らぎを」は、Jさんとこの哀メロに投稿するつもりです。
他「サマンサの死」とか、アダルト・テイストでいいですよね。

この先ヨーコさんが亡くなったとき、彼女の評価が一気に上がって神格化される気がします。
そのときにはこのアルバムも再評価されるとは思いますが、それまではいつ廃盤になるかわからないので、手に入れられるうちに買っといたほうがいいかもしれませんね。
にゅーめん 2009/07/20(Mon)06:16:09 編集
» うれしい
ヨーコがココに登場すると思っていなかったので。
私の2番目のコンサートが名古屋市公会堂の彼女の公演であこがれの存在でした。
コンサートの後しばらくは彼女の衣装と同じ白ずくめで髪をのばしていた受験生の私でした。
私も買おっと。
れい 2009/07/21(Tue)07:40:41 編集
» プラスチック・オノ・スーパーバンド
れいさん、こんばんは!
れいさんの行かれたライブって、ここにある映像の2分46秒くらいに出てくるポスターのライブですよね。
れいさんは深夜ラジオのDJに頼んで名古屋市公会堂の一番前の席を取ったんでしたっけ?
ヨーコ・オノ&プラスチック・オノ・スーパー・バンドでの来日はこれ1回だけみたいなので、非常に貴重な体験をされましたね。

ちなみにどんなライブでした?
もし覚えておられたら教えてください。
このCDはベルのタワレコにはなかったと思いますが、通販だとamazonでもHMVでもありますよ。

amazonのリンクです。
http://www.amazon.co.jp/%E7%84%A1%E9%99%90%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AE%87%E5%AE%99-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%95%E6%A7%98-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%8E/dp/B000KN9FQW/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=music&qid=1248174638&sr=8-2
にゅーめん 2009/07/21(Tue)20:13:14 編集
» クリック!!
にゅーめんさん、再びこんばんは。
「無限の大宇宙」、アマゾンでクリックしてしまいました(爆)。
仰る通り、当時廃盤だった、このLPを見つける苦労と見つけても高額でセコハン屋に足元見られて嫌な気分でしたが、曲の魅力には勝てずだったのです(^^ゞ。
「今宵、彼に安らぎを」、Jさんとこの哀メロに投稿とのこと楽しみにしてます。
ヨーコが哀メロに登場するのは初めてなんじゃないでしょうか。
「今宵、彼に安らぎを」は、ほんと彼女の作品中、最も哀メロに相応しいと思いますよ。
しかし、ヨーコ・オノ&プラスチック・オノ・スーパー・バンドの来日を観た人がいるとは。
驚きです。私も行きたかったなぁ。

By KOSS
KOSS 2009/07/22(Wed)00:36:49 編集
» 廃盤
KOSSさん、おはよございます!
おお、買われましたか!
私が洋楽を聴くようになった頃、ジョンはこの世にいませんでしたが、ヨーコも大人しかったと思います。
70年代当時のヨーコの評判は、海外では散々だったようですが、れいさんの話によると日本ではそうでもないような気がしますね。
このLPが当時どれだけ売れたのかはわかりませんが、初回版以降それほど出てはいないでしょうね。

「今宵、彼に安らぎを」と「サマンサの死」の2曲を哀メロ投稿しますが、ヨーコは初めての投稿になりますね。
日本人なのに洋楽、超有名人なのに聴いてる人が少ないアーティストですね。
プラスチック・オノ・スーパーバンドの来日公演はどんなセットリストで、どんなパフォーマンスだったのか興味あります。
にゅーめん 2009/07/22(Wed)06:24:52 編集
» おはようございます
1974年のことでポスターのこともセットリストもほとんど覚えていませんがたぶんあのポスターです。東京では、サンプラザと厚生年金会館なのでそこそこの人気でしょう。
覚えている曲は「ドント・ウォーリー・キョウコ」くらいです。「どんぐりきょうこ」に聞こえたので覚えていました。
時代がちょうど今では死語になったようなウーマンリブの頃なので共感する女性が多かったと思います。
その少し前に四日市は豪雨があって実家も床上浸水でふとんを敷くところだけしか畳がありませんでした。
れい 2009/07/25(Sat)08:59:00 編集
» ドント・ウォーリー・キョウコ」
れいさん、おはようございます!
70年代頃の来日アーティストで、名古屋市公会堂や中野サンプラザだと、けっこうな人気ですね。
youtubeで見られるジョン・レノンのライブ映像では、たいていヨーコも一緒に出演していて、たまに歌も歌ってます。
日本でのライブでは、曲の合間のMCはもちろん日本語だったのでしょうね。

「ドント・ウォーリー・キョウコ」はヨーコの定番曲のようですが、過激で前衛的な曲ですよね。
70年代初期のジョンとヨーコの映像を見ると、全共闘のヘルメットをかぶっていることがありますが、けっこう左翼的な思想もあったのかもしれませんね。

四日市の豪雨、床上浸水となると復旧するのが大変ですね。
私は洪水の経験はありませんが、今年は九州のほうで多大な被害で出ているようですね。
にゅーめん 2009/07/25(Sat)11:12:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]