忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新田次郎著書「八甲田山死の彷徨」読みました。
ずいぶん前に高倉健さん主演で映画化されたものの原作です。
ちなみに映画版は見たことがありません。

 

真冬の八甲田山を雪中行軍した結果、多くの人が凍死してしまったという、大遭難事件をベースに書かれた小説です。
この小説は、やれリーダー論だとか、リスクマネージメントだとか、上に立つものの管理能力だとかの教材にされるようですが、そんな読み方をする本ではないと思います。
だいたい、この事件の舞台となった時期(日露戦争前夜)、軍隊という特殊は社会などが、現代社会とは違いすぎるし、この例は極端すぎて現実性に乏しいですね。

それはともかく、小説としての完成度は非常に高いです。
史実をベースにしてはいるものの、読み物としての完成度を上げるためあえて脚色し、史実とは異なる新田次郎オリジナルのフィクション作品として書かれています。
混乱をさけるため、あえて登場人物の名前を変更している点も重要ですね。
その結果、新田次郎特有の読みやすい文章(優れた読み物というのは、まずは読みやすくなければダメです)と相まって、一流のエンタテイメント作品に仕上がってます。

真冬の八甲田山に挑む男達の人間ドラマが、リアリティたっぷりに展開されていて、身も凍る心境になります。
厳しすぎる上下関係、民間人への差別意識、荒れ狂う冬山、凍傷との戦い、極限での精神状態など、空恐ろしい非日常が描かれているのでした。

もう1冊新田次郎著書で、映画上映中の「剣岳」。

ご存知、明治の測量隊の活躍を描いた物語ですが、こちらも素晴らしい出来です。
同じく史実をベースにしているものの、著者オリジナルの解釈、脚色が行われ、完成度の高い大衆読み物に仕上がってます。
こちらは実在の人物名をそのまま使ってますが、ここに出てくる人は皆賞賛されるべき活躍をするので、本人の遺族の方も誇らしいことでしょう。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 怪談かと・・
涼しくなる本、というので、季節柄、怪談かと思いました。

北海道で中高年の登山者の方たちが遭難された事故があったところなので、夏山であっても怖いなぁと思っていたところです。
ましてや、真冬なら、もっと厳しい状況だったことでしょう。
登山は未経験なので、想像を絶する世界です。
山を舞台にした小説の映画化は、撮影も、大変だと思いますが、視覚にうったえ、迫力と臨場感が素晴らしいことでしょう。
那由他 2009/07/18(Sat)17:17:55 編集
» 山の話でした
那由他さん、こんばんは!
北海道で登山客の事故が発生してますね。
死因は低体温症との事で、夏でも安心してられません。
私の場合、夏山は低体温どころか、暑すぎて脱水症状にならないよう注意をしなければならない低い山しか登ったことがありません。
真冬は、このあたりで普通の道を歩くだけでも寒いのに、東北、それも山となると想像を絶する環境でしょうね。

映画「八甲田山」も「剣岳」も撮影は困難を極めたそうで、スタッフ、俳優ともにそうとうな苦労をしたようです。
でも「剣岳」で見れる日本の自然美には圧倒されました。


にゅーめん 2009/07/18(Sat)19:55:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]