忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダンチョネについていろいろ調べていたら、もう一つそれとよく似た成り立ちのメロディがあることを知りました。
それは「ズンドコ」。

ダンチョネとの共通点をあげると、

・作曲者不明のメロディ
・大正時代から戦時中にかけて庶民の間で替え歌が流行した
・戦後、歌謡曲として多くの人がカバー
・いくつかの定番歌詞はあるものの、基本的に歌詞は自由。

ズンドコ節と聴いて真っ先に思い浮かべたのは、ドリフターズの「ドリフのズンドコ節」でした。



ドリフのズンドコ節、こうやって聴いてみると、けっこうリズム&ブルース色が濃いのがわかります。
ここ歌われる2番の歌詞ですが、これは戦時中の兵隊さんがよく歌ってた歌詞だそうです。

他にズンドコといえば、比較的最近のヒット曲、氷川きよし「きよしのズンドコ節」が有名ですね。



曲の前半はオリジナルで、途中からズンドコになります。
この動画でいくと「向こう横丁のラーメン屋」から「いつもおまけに2.3枚」までがズンドコのメロディです。
この手のパターンは小林旭「アキラのズンドコ節」もそうです。
こちらはドリフと違い、非常に演歌色が濃いですね。
歌詞については2番のズンドコ部分は内容からすると、これも戦時中っぽい気がします。

さて、この哀愁あるメロディと、ズンドコというマヌケっぽい言葉の響きがあっていないような気がします。
ズンドコという言葉に意味はあるのでしょうか?
たぶん、ないでしょうね。
私の仮説では、

・戦時中、ズンズン進撃して、ドコドコ攻撃する
・ズンと挿入、ドコドコ腰をふる、セックスを表している

のどちらかと思うのですが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 音楽の秋
渋いところ狙ってますね~
ズンドコ♪ときましたか?

さてさて10/22ホワイトスネイク楽しみです。(^^)v

我が家への集合時間決定したら又連絡お待ちしています。
天気次第で早目に集まってギター弾いてからライブしましょう。

荒天ならライブ後ゆっくり食事かな?
ポール森屋 2011/10/02(Sun)17:33:20 編集
» ライブ楽しみ
ポールさん、こんばんは!
よく伊藤セーソク氏あたりが、「AC/DCが売れないのは、日本人はリズムよりメロディ重視だから」といったコメントをしています。
では、なぜ日本人はメロディ重視なのか?
それはいつからなのか?
といった疑問がわき、いろいろ調べてたらズンドコとかダンチョネに行き着いたのです。

ホワイトスネイク楽しみですね。
早目に行きますのでギター弾きましょう!
天気がいいと気候がいいので野外で演奏するのもいいですね。
にゅーめん 2011/10/02(Sun)21:46:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]