忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オランダのトップバンド、いやヨーロッパを代表するバンドにまで上り詰めたウィズイン・テンプテーションのニューアルバム、「ジ・アンフォーギヴィング」が発売されました。
3月末に輸入版が発売された時点で、即購入したのですが、しっかり聴き込んでから感想を書きたいと思ったので、今頃になってしまいました。



新しいアルバムを発売するごとに、売り上げを伸ばし、その代わりマニア度が減少していく典型的なバンドだと思います。
普通そういうバンドは、メジャーになるほどつまらなくなるのですが、そうならないのがウィンズインの凄いところ。
デビュー当時は、陰鬱でヘヴィなゴシック・デス・メタルでした。
セカンドでは、デスボイスがほとんどなくなり、
サードではシンフォ・ロックになり、
前作ではハードロックに歩み寄り、
今作は、よりメジャーなロックバンドになったようですが、どれもが魅力的であり、アメリカや日本で人気がないのが不思議なくらいです。

デビュー当時の曲はこんな感じ↓



今回のアルバムを聴いて、まず感じたのは、紅一点ボーカルのシャロンのボーカルの変化。
デビュー当時は非常に高くクリアな声質で、まるで天使の歌声のようでしたが、前作あたりからそこへ力強さが加わり、今回はさらに表現力が増したように思います。
それとギタリストの活躍。
前作まではほとんどギターソロというのはなく、それは現代のロックバンドとして普通のことなのですが、今回はあえて間奏にソロパートを入れてきました。
世の動向として、再びギターソロに注目され始めてるようですが、そういう辺りも視野に入れているのでしょう。

前作が発売されたあと、ワールツアーが始まり、初めての単独来日も実現しました。
再び日本に来てくれるといいのですが、イマイチ日本では人気がないので難しいかもしれませんね。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]