忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は映画「シャイン・ア・ライト」を見てきました。
これはザ・ローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画で、大半が現在のライブ映像です。



彼らはこの手のライブ映画が好きで、他にも80年代の「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」(←個人的に大のお気に入り)や70年代「ギミー・シェルター」、60年代「ハイド・パーク」などがあります。

私はストーンズはけっこう好きで、ライブには2回行ったことがあります。
アルバムは半分くらい聴いたかな?ライブビデオ、DVDも数本見てます。
今回のライブ、いつもの定番曲と、久しぶりにライブでやる曲、それにレア曲が少しといった構成。
大半は知ってる曲でしたが、2~3曲知らない曲もありました。
うれしいのは、久々の「アズ・ティーズ・ゴー・バイ」と「ジャスト・マイ・イマジネーション」が今の演奏で聴けたこと。
どちらも生で聴いたことがありません。
2曲目に「シェッタード」もやりましたが、これも最近では珍しいと思います。

相変わらずのミック・ジャガー、もはや超人の域に達してます。
顔はおじいちゃん化してるものの、動きは青年そのもの。
ロックの長老としてあと5年はいけそうな気がします。

永遠のロックンローラー、ロン・ウッドも元気で燻し銀のようなギターを弾いてましたし、チャーリー・ワッツも彼にしか叩けないストーンズ特有のグルーブでバンドを引っ張ります。
そしてキース・リチャーズ、もうそこに彼がいるだけで存在感が違います。
彼がリフを刻めば、40年以上培ってきたロックンロールの魂が花火のように花開くのでした。

映画館の大画面、大音量で多くの観客と共にライブ映像を見る、これは一種のライブ体験であり、1800円でストーンズが見られたと思うと安いものですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» いくつになっても…
ミックの動きはいくつになっても青年みたいで、驚異的ですらあります。(笑)

レディースディに、1000円で観てこようかな~。
ながれ☆ 2008/12/20(Sat)18:33:12 編集
» 無題
ホンキートーク♪
イントロだけでいけます。(^^)v
ポール森屋 2008/12/20(Sat)21:51:31 編集
» レディースデイ
ながれ☆さん、こんばんは!
ミックはいくつになっても変わらずパワフルで、まさに永遠の青年ですね。
おそらく毎日健康管理に相当気を使っているんでしょうけど、そういう努力を表に出さないところに彼のダンディズムを感じます。
あとの3人も相変わらずでしたが、やはり彼らも高齢なのでいつまで続けられるのかわかりませんが、元気でいてほしいものです。

女性はレディースデイという手がありますね。
実は実は、今回のチケットを買ったときスクラッチクジがついていたのですが、映画鑑賞券が当たりました。
来月末までに1本で映画がタダで見れます。
今年最後のラッキーでした。
にゅーめん 2008/12/20(Sat)22:57:45 編集
» 映画とライブ
ポールさん、こんばんは!
ポールさんもよく映画見にいかれてますよね。
家でDVDもいいのですが、やはり映画館で見るのとは違います。
ライブもそうですが、多くの人と感動を共有出来るのはいいものですね。

ホンキートンク、ストーンズの定番曲ですよね。
あのイントロ、たしかピックを使わず指で弾いてたと思うのですが、絶妙なタイム感で私が弾いてもあのような感じになりません。
にゅーめん 2008/12/20(Sat)23:02:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]