忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年映画化されて話題になった「告白」、原作のほうも大変評判がよろしいようなので、読んでみました。
私はいくら映像化の成功した作品であっても、決して原作を超えることはないと思っています。
今まで原作を越えた映像作品を見たことがないから。
それでも、原作を読めば映像化されたものを見たくなります。
この「告白」もレンタル屋で借りることが出来るので近いうちに見たいと思います。

さて、湊かなえさん作品を読むのはこれが初めてです。
大ベストセラーで数々の賞をとっているだけあって、なかなか面白かったです。

一言でいえば、歪んだ家庭環境から発生した少年犯罪です。
それを事件の関係者がそれぞれの視点で語る内容で、謎だった部分が読み進んでいくうちに解けていき、結末へ進むというもの。
登場人物の個性が際立ち、現代社会が抱える様々な問題が絡みあい、物語に深みをあたえています。

軽く読める作品ですが、再読するとまた新たな発見がありそうな奥深さもあり、お勧めできる本です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 原作は読んでません(^^ゞ
 わたしは映画館で観ましたが、昨年観た邦画の中では、「悪人」と並びダントツに良かったです。開始早々、松たか子のただ事ではない演技に引き込まれます。背中を氷のハンマーでたたかれ、脊髄を麻痺させられるような冷たい衝撃を(劇中のクラスメートと同時に)味わうことになる。監督の冷酷な映像作りのおかげもあって、現実離れした学級崩壊の様子にもうそ臭さを感じることなく、全編興ざめせず楽しむことができました。
 これは、善良な母親であり教師だった女性が、娘の復讐をする話。そして本作には、そこいらの映画にありがちな偽善的態度はない。大切な者を奪われた被害者がどれほどの悲しみと怒りに見舞われるか、人の心の痛みの本質を鋭く描いた正直さがある。真の意味での作り手の良心を感じられるといってよいと思います。
 原作は読んでませんが、映画もお薦めです。

By KOSS
KOSS 2011/02/13(Sun)01:40:07 編集
» 映画版
KOSSさん、こんにちは!
実はKOSSさんが日記でこの「告白」を絶賛していたのでずっと気になってたのです。
当時、私も映画を見に行こうかと思ってたのですが、グズグズしてるうちに終わってしまいました。
最近レンタル出来るようになったので借りるつもりです。

この物語のいいところは、奇麗事を言ってないことかもしれませんね。
奇麗事じゃすまない、一人娘を殺されたことによる容赦ない復習が、異様な迫力をもって表現されています。
次々と不幸がおこり、普通に警察に逮捕されたほうが余程マシだったでしょう。
私の買った文庫本には巻末に映画監督の中島哲也氏のインタビューもあって、映画のほうも是非見たいと思いました。
にゅーめん 2011/02/13(Sun)13:07:08 編集
» 俺も読みました!
おお!奇遇ですね!俺も告白を昨日読み終えたところでした!なかなか面白かったですね。さてどのように映像化されてるか興味津々です(笑) ここんところずっと本は古本屋で調達してます。昨日も新たな読み物を探しに行ってました。今年になってから14、5冊読んでますけど、中でも阪急電車はサラッと読めて面白かったですよ。有川浩さんの作品は始めてでしたけど、読みやすいですね。これもどのように映画化されるか期待半分、不安半分でいます(笑)
shin URL 2011/02/13(Sun)14:25:32 編集
» 読書の楽しさ
shinさん、こんにちは!
shinさんも読んでたのですね、昨日まで「告白」を!
それは奇遇ですね~(笑)
この本や東野圭吾はベストセラーなので、この手のミステリーが好きな人はたいてい読んでいるようですが、なかなかレベルが高いですね。

私も小説本は中古を買うこともあります。
別に紙が変色してようが折れ目があろうが気にならないので、BOOK-OFFなどで買ったりするのですが、最近はamazonで中古を買うこともあります。
人気の薄い本だと100円とかで買えます。

今年になって14~15冊ですか、すごく読んでますね。
有川浩さんは読んだことがないのですが、少し前にドラマでやってた「フリーター家を買う」の原作の人ですね。
というわけで早速amazonで「阪急電車」注文しました。
ついでに奥田英朗「家日和」も(奥田英朗ファンなのです)。
にゅーめん 2011/02/13(Sun)17:27:00 編集
» 無題
私は原作が本屋大賞を取った頃、読みました。映画は見てません。
関わっている人たち、一人一人の立場からの、それぞれの「告白」という構成が上手だと思いました。ただ、ヒロインの怒りと復讐の方が私には強く描かれているように思えました。そして、あれだけの復讐をするということは、悲しみから来たものなのかもしれませんが、我が子を殺されたという悲しみがストレートに感じませんでした。私がそう感じたのは、ヒロインが感情を爆発させるような場面があまり描かれていないからかもしれないです。
「阪急電車」は出版された頃、新聞の広告で見て読みました。実は私、独身時代、阪急今津線を使って通勤していましたので、懐かしかったです。
これは、それぞれの駅ごとに、主人公が変わっていって、その人たちが、少しずつ関わっていくと言う、面白い構成でした。
私は「告白」より「阪急電車」の方が好きです。
「阪急電車」と、また同じ有川浩の「レインツリーの国」http://www.shinchosha.co.jp/book/301871/も、お時間が有れば、ぜひ読んでご感想をブログに書いてください。
那由他 2011/02/13(Sun)22:26:09 編集
» 無題
那由他さん、こんばんは!
さすが話題の本は読まれてますね、那由他さん!
ここでのヒロインは、自己中心的な理由で娘を殺された無念さや怒りを、感情的にならず、あくまで冷静に復讐しようとしているところに恐ろしさが感じられますね。
表向きは教師という顔を崩さず、しかし内面では鬼の形相で怨む女。
主犯の少年による世を見下した態度、自分と母親以外の存在価値を認めないバカにした態度に、読者はヒロインと同じ憎しみを共感出来るようになってる気がします。

「阪急電車」も読まれてましたか。
これはshinさんの薦めで昨日注文しましたが、読むのが楽しみになります。
「レインツリーの国」のリンク先読ませていただきました。
これも面白そうですね。
近いうちに読みたいと思います。
また読んだら感想書きますので、もう少々お待ちください。
にゅーめん 2011/02/14(Mon)21:45:55 編集
» 無題
『レインツリーの国』もなかなかおもしろかったですよ!あと『明日の記憶』を書いた萩原浩さんの『あの日にドライブ』を昨日読み終えましたけど、これも気持ちのいい作品でした!
shin URL 2011/02/15(Tue)08:48:48 編集
» もうすぐ届きます
shinさん、おはようございます!
shinさんも読まれてたのですね「レインツリーの国」。
なかなか面白かったとのことで、期待できます。
今日か明日くらいに「阪急電車」が届くと思うので、それを読んでから「レインツリーの国」を読みたいと思いますが、最近は週末しか読めないので少々時間がかかるかもしれません。

萩原浩さんも読んだことがありません。
「あの日にドライブ」ですか、これもチェックしときますね。
にゅーめん 2011/02/16(Wed)06:12:34 編集
» 無題
松たか子さんのファンなので去年映画を見ました。
強烈でしたね!!!
映画が終わったとき会場から「ふ~」って、普通に呼吸ができるって感じでした(笑)
一人娘が殺される・・こんな設定が私ダメなんですよ(TT)でも見ました(^^)



ETOPO 2011/02/16(Wed)17:28:17 編集
» 無題
ETOPOさん、おはようございます!
ごめんなさい、お返事は夜までおまちください。
にゅーめん 2011/02/17(Thu)06:35:17 編集
» 映画版
ETOPOさん、こんばんは!
お返事遅れてごめんなさい。

ETOPOさんも劇場版「告白」見られましたか。
主人公の教師役は松たか子さんでしたね。
私が買った文庫本の帯にも映画の一シーンか映画ポスターだと思われる松さんの写真があります。
そうですか、やはり強烈でしたか。
これは見るのが楽しみになりますね。
私の場合ストーリーをすでに知ってるわけですが、知らずに見るとまた違う感覚があったことでしょう。
早速今週末にもレンタルで借りてこようと思います。

しかし一人娘が殺される、こういう体験をする人って極希だとは思いますが、ここまで冷静に復讐を考えるなんて、なんか怖いですね。
にゅーめん 2011/02/17(Thu)21:59:16 編集
» 無題
確かに…原作を越える映像作品は無いかもしれないですね。
「チーム・バチスタ」シリーズも原作の方が面白いですし。
因みに、ドラマの方は観てましたが、映画は観てないです。

「悪人」も映画を観た後に原作を読んで正解だったと思ってます。
「告白」も面白いんでしょうか。
今度、原作読んでみます。

東野作品もチェックしますわ。
えんどれす 2011/02/18(Fri)15:30:41 編集
» 成功作
えんどれすさん、こんばんは!
小説だけでなく、たとえば漫画を映像化したのものでも原作の面白さを超えた、というのはない気がします。
ただ映像化が非常に成功していて、原作を知らずにドラマや映画だけ見て感動した、というのはあるでしょう。

漫画原作の「あしたのジョー」、小説原作の「白夜行」が今上映されていますが、どちらも気にはなるものの行く予定はございません。
(最近めっきり映画館に行かなくなりました)
ただレンタルされたら借りに行くかもしれません。

「悪人」面白そうですね。
これもレンタルで借りて見てみたいと思います。
「告白」良かったら読んでみて下さい。
東野作品も名作が多いので、お勧めです。
にゅーめん 2011/02/18(Fri)23:20:45 編集
» 小説同好会(名前検討中 漫画同好会(名前検討中 映画同好会(名前検討中
湊かなえ で ウェーブ検索して 漫画の原作 少女 告白 を 知りました。
そして 今 プログで 漫画 告白 湊かなえ で 検索中です。
漫画家 小説家 映画 おもしろく 発展していくのかなぁ?昔から 映画と小説少し違うとか 映画と漫画 違うと ありましたね。
週刊漫画家は 大変かナァ。
村石太Ⅵ 2012/09/28(Fri)10:11:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]