忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮崎あおい主演の映画「少年メリケンサック」をレンタルDVDで見ました。



中年パンクバンド「少年メリケンサック」は20年前に活躍していた伝説のバンド。
しかし今はただのダメ中年でしかなく、廃人同様の人までいる始末。
それでも無理やりツアーを続けるから、各地でいろいろなドタバタが生まれることになります。

この映画の見所はなんといっても宮崎あおいさんの体当たり演技でしょう。
昨年の「篤姫」のイメージとは大違い、はじけてます。
そして中年バンド「少年メリケンサック」、典型的なパンクサウンドで、ピストルズ系です。
笑える歌詞は「ノーパン喫茶で  農薬飲ませろ!農薬飲ませろ!農薬飲ませろ!」

好き嫌いがはっきり分かれる作品。
人には勧めませんが、音楽物のコメディが見たい人はどうぞ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ネタバレ
おお、観られましたか!
実は同じく、先日観たところです。
深く考えず、楽しめました。
しかし、宮崎あおいはホントに良かったですね~!
佐藤浩市もイイ感じでした。
良く知らないのですが、ヴォーカルとドラムの人は、本物の元ミュージシャンなんですかね?

で、あの歌詞をバラしちゃ、コレから観る人が…(笑)
ひらぱ 2009/10/03(Sat)22:37:26 編集
» パンクスピリット
ひらぱさん、こんにちは!
奇遇ですね、時期を同じくしてこれを見るなんて。
中年になってもパンク精神でロックし続ける彼らは、常人から見ればおかしくてもロッカーから見ればカッコイイものです。
宮崎あおいはいいですね~。
こういうぶち切れ気味の演技も様になってました。
佐藤浩市といえば、昨日テレビでやってた「マジックアワー」での演技も良かったですね。
なんでもこなせる名俳優だと思います。

ヴォーカルとドラムの人、なんかミュージシャンのようです。
詳しくはわからないのですが、味のあるプレイでしたね。
そしてあの歌詞、まあいいんじゃない?
私はもっと放送禁止用語バリバリなのを期待してましたが(笑)
にゅーめん 2009/10/04(Sun)16:51:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 映画評・「少年メリケンサック」〜おかしくてやがて哀しきパンクかな〜
宮藤官九郎監督・脚本。 やっぱり期待を裏切らない。クドカン節炸裂。 彼の率いるバンド、グループ魂の曲・「ロックの先輩」を 彷彿とさせる、妙にショボくて、ひたむきな笑いが随所にあった。 なんだろう。このちょっと切ない感じは。 〜ストーリー〜 レコード会社の新人発掘担当の契約社員、かんな(宮崎あおい)は、偶然ネット上で、 パンクバンド「少年メリケンサック」の動画を発見する。 レコード会社社長(ユースケ・サンタマリア)は、「少年メリケン...
URL 2010/01/01(Fri)02:39
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]