忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は映画「エリザベス・ゴールデン・エイジ」を見てきました。



歴史スペクタクル好きの私ですが、この映画はちょっとイマイチだったかも。

舞台は16世紀イギリス。
スペインなどの列強から脅かされるなか、女王エリザベスは孤独と戦いながらも国を引っ張っていきます。
宗教問題、海賊の取り締まり、スコットランド女王処刑などの事件が重なり、苦悩します。
そしてついにスペイン無敵艦隊がイギリスに戦争を仕掛けてきたのです。

私は以前、エリザベス1世に関する本を読んだことがあるのでまぁまぁ楽しめましたが、予備知識がないとわけわからない可能性高いです。

この手の映画はどうしても人間関係がややこしくなったり、時代背景との絡みが難しかったりするのですが、それをすっきりと見せるが監督の腕の見せ所だと思います。
この映画はその点、成功してるとは言い難いですね。
個人的には、アルマダ海戦をもうすこし長く丁寧に描写すれば、映画にメリハリが出てよかったのではないかと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]