忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」が終了しました。

実をいうと、戦国ものは少々飽きてきたので、昨年の年末時点で2012年の「平清盛」のほうに期待していました。
それでも、戦国後期~江戸初期のど真ん中を生きてきた浅井三姉妹からの視点ということで、物語そのものは面白いかな、とは思いましたが。

主演の上野樹里さんについては、映画「スイングガールズ」しか知りません。
一般的には「のだめのカンタービレ」の印象が強いようですが、見ていないのでわかりませんが。
なんとなくコメディの似合う人なのかな、という印象があります。
そんな彼女が、戦国の姫を演じることが出来るのか?

一年通して見終わった感想として、「最高ではないけど、決して悪くはない、大河ドラマとして合格点」といったところ。
重箱の隅をつつくような、歴史ヲタクみたいな視点から見れば、あれもこれも史実と違う、というかもしれません。
昔は良かった、しか言わない老人、あるいは知ったかぶりの通気取りから見れば、重圧さが足りない、というかもしれません。
しかし、信長が浅井氏を滅ぼし、本能寺で明智に暗殺され、秀吉が柴田と対立し、天下をとり、死後、関ヶ原の戦いで家康が勝利し、大阪の陣で豊臣が滅ぶ、といった歴史の流れが変わっているわけではありません。
江が秀吉をサル呼ばわりしてタメ口だとか、秀忠が大坂城に単身乗り込む、とか、そんなことは歴史の流れに関係ありません。
また、下は中学生くらいから大河ドラマを見る人もいるので(事実、私がそうでした)、ある程度現代的なセリフ回しでもいいと思いますし、だいたい当時の人の日本語そのものだと、現代人は半分も理解出来ないでしょう。
合戦シーンなどは、昔の戦国もの大河と比べても、CG技術が発展している分、より壮大に感じられますし。

というわけで、1980年「獅子の時代」から大河ドラマを見ている私から見て(途中見ていなかった時期も長いですが)、通が絶賛する「風林火山」よりもずっと面白いと感じました。
とくに秀吉の死後、関ヶ原~大阪の陣で淀が自害するまでは、けっこう良かったです。

ちなみに21世紀以降の大河ドラマについての、私個人の点数(5点満点)

2001年 北条時宗  2点
2002年 利家とまつ  3点
2003年 武蔵     (興味なかったので見ていません)
2004年 新撰組  4点
2005年 義経  3点
2006年 巧妙が辻 4点
2007年 風林火山  1点
2008年 篤姫  4点
2009年 天地人  2点
2010年 龍馬伝 5点
2011年 江   3点

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 大河ドラマ
「江」終わりましたね。
最近の大河ドラマで印象的なのは「篤姫」です。これはCDを聞いてても、曲によって場面を思い出しウルウルします。
「江」は最初、物足りなかったです。

にゅーめんさんは、いいとこ突いた点数をつけてますね。

来年の平清盛の予告はまるで映画の予告をみてるようでした!期待高いです!!
ETOPO 2011/12/03(Sat)10:43:04 編集
» 大河好き
ETOPOさん、こんにちは!
ネットの世界で叩かれまくっている「江」ですが、そんなにいうほど悪いとは思いませんでしたし、大阪の陣での宮沢りえさん演じる淀殿はとても良かったです。
「篤姫」は私も好きでした。
基本的に戦国より幕末好きです。
なので、幕末ものの点数は高めになっています。
再来年の「八重の桜」も期待してます。
ついでに(といっては何ですが)「坂の上の雲」も好きです。
明日からいよいよ第三部がスタートしますが、しっかり録画予約してあります(笑)

「江」で、ダメだったことを一つあげれば、上野さんが幼少時代を演じたことでしょう。
せめて15歳くらいまでは子役を使うべきでしたね。

平清盛の予告、凄かったですね。
洋楽ファン的にいえば、EL&Pの「タルカス」がBGMに使われていてビックリでした。
画面の印象が「龍馬伝」みたいにハードで、映画みたいでしたよね。
楽しみです。
にゅーめん 2011/12/03(Sat)14:29:19 編集
» 無題
そんなに熱心に見てなかったのですが、
私も、少女時代の三姉妹、実年齢に近い俳優さんが演じていれば、
もっとよかったと思います。
養源院に行きましたが、ドラマを見てると、
歴史上の人物も身近に感じるのが不思議でした。
「平清盛」、面白そうですね。
予告編に有った船に乗っている場面、
なんかパイレーツ・オブ・カリビアンみたいな感じに見えました。

那由他 2011/12/03(Sat)17:46:17 編集
» 身近な存在
那由他さん、おはようございます!
たしか、上野さんは8歳くらいの役をやってたと思うのですが、いくらなんでも成人女性が演じるには無理がありましたよね。
茶々を演じた宮沢さんも、当時14歳(?)くらいの役だったと思うのですが、30代後半の人が演じるのは厳しかったと思います。
その代わり、大人になってからは年相応になってよかったと思います。

那由他さんは今回の浅井三姉妹と地理的に縁が深いと思いますので、やはり身近に感じられたでしょうね。
私の近くには、三姉妹が少女期に住んでいた伊勢上野城跡がありますが、実際に訪れたときに、この城から同じ海を眺めていたんだな、と思いました。

平清盛、前半は海賊との戦いがあるそうなので、やはり海賊映画との共通点があるのかもしれませんね。
にゅーめん 2011/12/04(Sun)08:04:52 編集
» 無題
私は途中で挫折組です(笑)

時代的には大好きなところですし、
浅井長政もカッチョよかったので期待していましたが…
途中のコミカルすぎるところでついて行けなくなりました(涙)

個人的にはもう少し「重め」な作風の方が好みですね(笑)
しっかりしぇんか~ 2011/12/04(Sun)16:46:11 編集
» コミカル
しっかりしぇんか~さん、こんばんは!
お~、挫折組でしたか。
それはそれでいいと思います、人それぞれですから。
私が理解出来ないのは、ボロクソいいながらずっと見続けている人。
なんで面白くないドラマを貴重な時間を割いて見続けるんでしょうね。

たしかにコミカルなところもありましたよね。
賛否両論あると思います。

>「重め」な作風

「坂の上の雲」はいかがですか?
今日から第三部が始まりましたが、凄いですよね~!
第一部がスタートした頃から、クライマックスである日露戦争がどう描かれるか、楽しみでした。
想像以上の出来に満足しています。
今日は旅順要塞の戦い、来週は二百三高地、そしていよいよ日本海海戦、ワクワクしてます(笑)
にゅーめん 2011/12/04(Sun)21:56:43 編集
» イメージ
上野樹里さんと水川あさみさんはのだめです。

松山ケンイチさんはDMCです

篤姫の宮崎さん蝶々さんよかったぁ。
れい 2011/12/05(Mon)19:29:34 編集
» 松ケン
れいさん、こんばんは!
れいさんもDMC見られたんですよね(笑)
なんだかんだいって、面白かったですよね。
私もれいさんが見られたということで、レンタルで借りました。
松山ケンイチ氏は、DMCでもナヨナヨフォーク男と、デスメタルシンガーとを演じ分けていましたが、なかなか器用ですよね。

水川あさみさんものだめに出られてたのですか、それは知りませんでした。
そういえば、ちょっと前、津の祭りに水川さんが来てたようです。
やはり、浅井三姉妹に縁のある津城関連だからかな?

音楽関連のドラマ、映画で最近良かったと思ったのは、ベックです。
現実じゃ、あんなにトントン拍子に事が進むわけはないけど。
にゅーめん 2011/12/05(Mon)21:23:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]