忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春うららとは言いがたい寒空の下、今年最後の桜を彦根まで見に行ってきました。
私の住むところではすでにほとんどの桜が散ってるのですが、滋賀県北部のほうではまだ残ってるのです。

 

彦根城外堀(昔はこれよりさらに外側にも堀があったようですが)の京橋から南西部分は、土産物屋や食事をするところが立ち並び、その風情溢れる町並みはいかにも城下町の雰囲気を残していて、とてもいいです。
彦根のキャラクターである「ひこにゃん」の、愛らしいぬいぐるみや小物がたくさん売っていて、見ているだけで楽しくなりますね。

   ひこにゃん

私が彦根城を訪れるのはもう5回目くらいだと思うのですが、今回は内堀の中には入らず、周囲を周ってみました。
今の時期は場内東側の「佐和口多聞櫓」が無料公開されていて見学しました。
多聞櫓というのは虎口(城門)を守るための軍事施設なのですが、現存していてもなかなか一般公開されていないところが多いので、興味深く見ましたが、中から敵の侵入を防ぐためのいろいろな工夫がされていて「なるほど」と思わせてくれるものでした。



外堀から多聞櫓(奥の塀状の建物)

帰りは、スイーツ専門店「たねや」で名物バームクーヘンを買って帰りました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 食べたい!
バームクーヘンも、ひこにゃんも?(笑)では、にゅーめんさんがお住まいの所は滋賀県が近いのですか?それとも滋賀県なのですか?私の所も桜は、ほとんど散ってしまいましたが、またこうして見させて頂いて有難うございます。(^◇^)優しいピンクが人の心を温かくさせてくれるので好きです。
みっぴぃ@おみつ 2010/04/18(Sun)13:41:14 編集
» 桜色の文字で…
まだ、こんなに咲いている桜があったのですね。
彦根城は、行ったことがないのですが、ひこにゃんに会いがてらいつかは行ってみたいと思います。

「たねや」のバームクーヘンは有名で甥っ子の結婚式の時の引き出物に入っていました。
生地はしっとり、周りの砂糖でできたフォンダンもおいしいですね。
nagarebosi★ 2010/04/18(Sun)15:13:42 編集
» いつ?
にゅーめんさんが彦根に来られたのはいつのことでしょう?
実は私も、時々小雨の降る、今週の水曜日、妹と、母のお墓参り(堅田)の後、妹の運転で、彦根まで行ったのでした。
妹が情報誌で見つけたお店「パン包みスープ」がお薦めのル・セル ポワヴルhttp://selpoivre.blog40.fc2.com/で食事しました。
妹も私も、外堀と内堀の間にある高校に行ってたので、今更彦根城へ行くのも…と思って、キャッスルロードhttp://yumekyobashi.jp/から彦根四番街スクエアhttp://4sq.jp/に行ったのですが、定休日のところが多かったので、閑散としてました。

母校の前の道路は、桜の花びらで道がピンクになっていて、「行く春」という風情でした。
那由他 2010/04/18(Sun)15:32:14 編集
» 立地
みっぴぃ@おみつさん、こんにちは!
私は三重県在住ですので、滋賀県は隣です。
彦根までは車で2時間くらい、京都も2時間、名古屋は1時間、大阪なら2時間半くらいでしょうか。
立地的には都会(大阪、名古屋)に近く、観光名所(京都、奈良、伊勢など)にも近く、気候も厳しくはないのでけっこう気に入ってます。
でも関東には遠いので、東京とかには滅多に行くことはありません。

今年は寒いのに3月頃一時的に暖かかったせいか、桜の見ごろは早く終わりましたね。
昔から日本人は桜が好きだと言われますが、桜こそ日本並び日本人を象徴しているように思います。
白色ではなく、かといってショッキングピンクほどきつくない、淡いピンクがいいですよね。
すぐに散ってしまうのも、ある意味風情があると思います。
にゅーめん 2010/04/18(Sun)16:58:48 編集
» ぎりぎり見ごろ
nagarebosi★さん、こんにちは!
ほとんどの行楽地は先週か先々週が見ごろで、今はほとんど散ってると思うのですが、彦根や長浜など湖北のほうはまだ咲いていました。
さすがに満開ではなかったのですが、まだまだ鑑賞に値するものでした。
nagarebosi★さんのところからだと彦根まで2時間くらいでしょうか?
特急だともっと早いかもしれませんね。
是非ひこにゃんに会いに行ってください(笑)

たねやのバームクーヘンは有名ですよね。
結婚式の引き出物にもピッタリだと思います。
トップバリューとかの300円くらいのバームも美味しいのですが、やはりこういうちょっと高級なバームは高いだけのことはあると思わせてくれました。
フォンダンのあるバームは最近は珍しいような気がしますが、ここのを食べるとあったほうがいいのかなって思っちゃったりします。
にゅーめん 2010/04/18(Sun)17:06:03 編集
» 昨日です。
那由他さん、こんにちは!
彦根へ行ったのは昨日です。
風は冷たかったけどいい天気でした。
那由他さんのところからだと、30分くらいで彦根まで行けそうですね。

ル・セル ポワヴルのリンク見させていただきましたが、なかなかリーズナブルな値段で本格的なフレンチが食べられそうですね。
次回彦根へ行ったとき検討してみたいです。

>外堀と内堀の間にある高校
以前、ネットで知り合った野洲市出身の方が、彦根城にある高校は滋賀県一の名門だとききました。
さすが才女の那由他さん、充実した青春をおくられたようですね。

彦根城から続く土産物街はキャッスルロードというのですね。
彦根四番街スクエアは前に来たときに行きました。
このあたりは古い建物がたくさん残っていて、散策するのが楽しいですよね。
一度那由他さんと彦根や近江八幡の建物探訪をしてみたいものです。
にゅーめん 2010/04/18(Sun)17:21:00 編集
» 無題
あらま!
彦根城に行かれたんですね!
いやぁ、僕も桜を観に行こう行こうとは思いつつ、いまに到っております。。
ちょうどいまが満開~散り始めくらいですよね。

しかし、彦根城といい、たねやといい、お詳しいですね~
実は僕と妹も堀のなかの高校へ行っておりました(笑)

ひこにゃんには会えなかったんですかね?
ひらぱ 2010/04/18(Sun)19:23:25 編集
» 戦国好き
ひらぱさん、こんばんは!
たしか永源寺とか百済寺あたりはまだ散ってなかったと思います。
なので天気のいい日にでも行ってみてはいかがでしょうか?
彦根城はもうそろそろ終了が近いと思います。

私は日本史マニアで、とくに戦国や幕末など動乱期が好きなのですが、とくに滋賀県は城好きには目が離せない地域です。
彦根城以外にも有名どころだと安土城、長浜城、他にもややマニアックな小谷城、佐和山城、観音寺城などの山城も多いです。

ひらぱさんも彦根城の高校出身ですか、ということは那由他さん(近江八幡在住)の後輩ということになりますね。
妹さんもその名門校出身だなんて、ひらぱさんの家系は頭の出来が違うようです。

今回は本丸には入らなかったのでひこにゃんには会えませんでした。
にゅーめん 2010/04/18(Sun)22:15:58 編集
» 無題
桜 きれいですね~!

うちの近所の桜はすっかり散ってしまい
今は葉桜になっています。
でも新緑の色がとても綺麗で
葉桜もなかなかいいものですね。

母校が城の中にあるというのはけっこう多いんですね。
実は私の母校も城跡にありました。
space child 2010/04/21(Wed)13:45:02 編集
» 城内の学校
space childさん、おはようございます!
私のところもすっかり散ってしまって葉桜になりました。
でもこれはこれでなかなか綺麗ですよね。
これからは新緑の美しい季節になっていきますが、肌寒い日が多い春です。

私の知る限りでは、城内、あるいはかつて城の敷地内だったところ(地名でいうと丸の内とか)にある学校というのは歴史のある名門校が多いと思います。
やはり城のあった場所というのは、その土地の中心部なわけで、そんな一等地に学校という広大な面積を必要とするものを建設するとなると、明治とか大正のころに作らないと無理だと思うのです。
なので、そういう学校は歴史ある名門校になりうるのでしょう。
にゅーめん 2010/04/22(Thu)06:14:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]