忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます、今日の話題はワビサビです。

よく苔むした日本庭園などで「わび・さびが感じられる」などと表現されたりしますが、私もようやくそういうのわかるようになった気がします。
ただ、それは「わび・さび」ではなく、この中の一つ、「さび」のほうかもしれません。

物が古くなり、経年変化による劣化に美を感じるようなことですが、「味わいがある」などと表現されることもあります。
ここでいう「さび」というは、いわゆる「アンティーク」「ヴィンテージ」と似てはいるものの、少しニュアンスが違う気もします。
ギターでも、数十年経つと塗装が剥げ、各種ノブが黄ばんだり、木材の色彩が濃くなったりして、独特の変化が出てきますが、見る人によっては、そこにカッコ良さを感じるわけです。
ただ、「カッコいい」という観念は「さび」にはないと思うので、やはり違うように思います。
まだ、家屋などで、数十年、あるいは100年以上経って、新築にはない重圧感が醸し出されてくるようなる、静かに、確実にそこに存在している…のほうが「さび」な感覚?
いや、違いますね、現役感があるのは「さび」ではない気がします。
廃墟、廃線、廃道など、かつてはそこに存在したものが、今まさに朽ち果てようとしている、そこに歴史の重みと滅びの美学を感じる…ことのほうが「さび」の一種かもしれません。
誰もおらず、物言わず、静かに、朽ちるにまかせる、そしていつかは自然に帰る、役目を終えて余生を過ごす「それ」に「さび」を感じる…という感覚。

次は「わび」。
簡単にいえば「シンプル・イズ・ベスト」ですが、「清貧」と言ったほうが適切な気がします。
具体的にはどういうことなのか?
質素な部屋に住み、質素な食事をし、物質的な贅沢はしない。
簡潔で清貧な生活に、さわやかな風が通り抜けるような清さと美を感じること…かな?

茶道の経験がなく、特に俳句を学んだこともないので、本当のところはわかってないのかもしれません。
「わび・さび」と人くくりで言う場合、「わび」の清貧さと「さび」の古さ、静けさがミックスされた、心に染み入るような味わい、と解釈したいと思います。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 奥の細道
わびさび~♪
ポール森屋 2010/09/27(Mon)21:28:03 編集
» 芭蕉
ポールさん、こんばんは!
松尾芭蕉と同胞である私(実は私の実家から芭蕉の生家まで1キロもありません)、それなのに「奥の細道」をまともに読んだことありません(汗)
やはり「奥の細道」くらいは読んどいたほうがいいのでしょうか?
「面白いほどよくわかる奥の細道」という本があるのですが、まずはそれからですね。

わびさび
わりさび
わらさび
わらさら
わらはら
わらほら
わらほらら
わらほららー
Whole Lotta Love
ということで、自然と(?)ZEPの名曲に繋がるわけですが(汗)、レスポール欲しいな~なんて思います。
少し前までテレキャス欲しい、なんて言ってたのに、心変わりが早いね。
だって秋だし、秋の空もそうだし。
レスポールといえばジミー・ペイジ!
ギターを股間より下にかまえなければいけません。
ROCKは見た目だ!
にゅーめん 2010/09/27(Mon)22:43:56 編集
» ロック
そうそう

見た目大事です。(^^)v
ポール森屋 2010/09/28(Tue)22:01:55 編集
» ジミー
ポールさん、こんばんは!
カッコいいギタリスト像ってのは、やはりジミー・ペイジが創りあげた部分もありますよね。
シャツの前をはだけ、レスポールを低く構え、加えタバコでギターを弾く、粋ですよね。
少々弾きにくかろうが、気にせず、ジャーンとポーズを決める、当時のロック少年、少女が心を奪われる瞬間です。

にゅーめん 2010/09/29(Wed)20:01:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]