忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桜の美しい季節になりました。
今日は少し昔話をしてみましょう。

1990年か91年の4月、バブル経済真っ只中の春、私は会社からの帰り道、家路を急いでいました。
家の前では、いつもの友人たちがたむろしています。
「今から大阪へ行こう」
なんで?とも聞かず、友人の車に乗り込み、今にも雨が降り出しそうな天気の中、男3人で大阪へ向かったのです。

奈良県に入ったあたりで雨が降り出し、道も渋滞し始めました。
バブル期の週末、自宅へ向かう車、遊びに出かける車、あるいは仕事中の車で入り乱れ、皆一様に西へ向かっていたのです。
車の中では、たしか大阪のブルース・バンド「憂歌団」を聴いていたと思います。
「おおさかっ、ビッグリバァァブルゥゥ~ゥス」なんて歌ってたかもしれません。

西名阪自動車道に入る頃には、ますます渋滞がひどくなり、雨は容赦なくフロントガラスを濡らします。
この時期、大阪へ行くのがマイブームで、毎週ほど行ってたのですが、こんなに渋滞するのは珍しかったと思います。

松原から阪神高速に乗り、当てもなく車を走らせる私たち。
大阪へついたけど…とりあえず食事でもしようか。
時間は10時くらいになってたかもしれません。
たぶん吉野家あたりで適当な食事をしながら、夜桜でも見に行こうかと話をしていたのかな?
食べ終わってから大阪城へ向かったのでした。

時間も遅いし、雨が降ってるしで、大阪城内には誰もいません。
ビジネスパークに車を止め、本丸を目指して傘をさしながら歩きだしたのでした。

「こんなに美しい桜は見たことがない」
雨が滴り落ち、近代的なビル郡をバックに咲く桜の綺麗なこと、その美しさたるや筆舌に尽くしがたいものでした。
このとき真剣に「サクラのもっとも美しい鑑賞方法は、雨の夜に夜景をバックに見るサクラだ」と思ったほどです。

それは日頃仕事に終われて、疲れていたからかもしれない。
あるいは、悩みごとが多く、心の休息を求めていたのかもしれない。
いや、単純に雨の渋滞の中、時間をかけてここまで来たからなのかもしれない。

しかし心を打たれ、いつまでもいつまでも眺めていたいと思うほどの景色がそこにあり、心に深く刻み込まれていったのでした。
だから10数年たった今でも、そのときのことを覚えてるのです。

やがて、この日の夜桜が大阪の街に舞い散るように、バブルも散ってしまったのでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
夜桜は、どことなく「艶」と言う文字が思い浮かびますが、雨に濡れた夜桜、また趣があるんでしょうね。
残念ながら、夜桜、雨の日の桜は見たことがありますが、「雨の夜に夜景をバックに見るサクラ」は見たことがありません。
風景は見る人の心象を写すのでしょう。
なんか歌か詩が生まれてきそうな、にゅーめんさんの「昔話」ですね。
那由他 2008/04/02(Wed)09:28:08 編集
» 景色と感動
那由他さん、こんばんは!
このときの夜桜の美しさは格別だったのですが、それ以降はあのときほどの美しさを感じないような気がします。
やはり風景を見るときは、そのときの心情が影響するのだと思います。

美しい景色、とくに自然の美を見て感動出来る心は持ち続けたいものです。
それも名勝と言われるところではなく、日常の場面、例えばいつもの通勤路での夕焼けとか、そういうのに感動出来る心を持ちたいものですね。
にゅーめん 2008/04/02(Wed)21:37:57 編集
» 雨あがりの夜桜
雨のあとの夜桜は綺麗ですね。
数年前の4月初めに大阪城の西の丸庭園で東儀秀樹氏の野外コンサートがあったので観に行きました。
その日は朝から雨が降っていて中止か延期になるかとヤキモキしていたのですが、午後になり雨が上がって決行となったのです。
雨上がりの澄んだ空気の中を漂うように聴こえてくる雅楽器の音色…。
ライトアップされた大阪城もとても綺麗でした。
そして、その夜はお月さまも非常に鮮明でしっとりと濡れた夜桜が夜景をバックに月光に照らされて輝いていました。
この時期になるとあの日の雨上がりの夜桜がくっきりと思い出されます。
ながれ☆ 2008/04/02(Wed)23:58:32 編集
» 雅楽
ながれ☆さん、こんばんは!
雨に濡れると桜は艶っぽくなりますよね。
やはり桜はいいものです。

東儀秀樹氏の音楽はちゃんと聴いたことがないのですが、雅楽ですよね。
夜の大阪城に笙の音が響き渡ると、幻想的な雰囲気になりそうです。
音楽と美しい花や景色、それは心にしっかりと刻み込まれるでしょうね。
さらに月光の光が辺りを照らすと、心の中まで綺麗になりそうです。

にゅーめん 2008/04/03(Thu)20:59:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]