忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第58回名盤シリーズ。
今回はブリティッシュ・ポップスの王道、XTC「オレンジ&レモンズ」
(1989年作品)

サイケ時代のビートルズの影響の強いサウンドで、とてもポップ、だけどひねくれた音だ。
ジャケットの絵がそのままサウンドになったような音で、とってもカラフルである。
絵の具の全ての色を、画用紙いっぱいに塗り広げたような音世界は個性があり、魅力にあふれるのだった。

私がスゴイ、と感じるのは、単なるビートルズの焼き直しになってないことだ。
「サージェント・ペパーズ~」や「マジカル・ミステリー・ツアー」の頃の「志」を受け継いで、89年の時代に作っているのである。
だから、89年の他のアーティストと比較しても古さはなく、しっかり当時のサウンドなのだが、67年頃のビートルズを感じさせるのだ。
ブライアン・セッツァーが50年代の志を受け継いで、現在に「現在のロカビリー・サウンド」を構築しているのと似ている。

普通の人が、一聴してすぐに「良い」と思わせる親しみやすさと、相当ひねくれたマニアをも唸らせるであろう曲作り。
こういった「ビートルズの美点」を継承してる人は、滅多にいない。
このメロディとコード進行の組み合わせは、相当頭のいい人が、いろいろ音楽理論などをこねくり回して完成させたのだろうか?
もしくは、ジョン・レノンやポール・マッカートニー級の天才?
私はXTCについて詳しくないので、わからない。

このアルバムの中で、もっともビートルズっぽいと思うのは、「Here Comes President Kill Again」だ。
途中で入るホーン、サビのバック・コーラス、そして歌い方までビートルズ。
しかし、ビートルズのどの曲にも似ていない。
ここら辺が、他のフォロワーと違う所だと思う。
完全に自分のものとして、消化しているのだ。

このアルバムはたっぷり15曲入ってますが、捨て曲がない。
そしてどの曲も個性的で、似た曲はない。
これこそ上質なポップ・アルバムだといえよう。

 


名盤100選へ戻る
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» XTC
エクスタシーの略語だっけ?
不思議な感覚のバンドでしたよね。
日本でも知られてますが地味だったかも?
ポール森屋 2007/07/14(Sat)17:20:57 編集
» エクスタシー
ポールさん、こんばんは♪
あっ、XTCってエクタシーの略だったのですか?
そういえばそうかも知れませんね。
たしかにヒネリがあって、不思議感覚があります。

私は実はXTCはリアルタイムで聴いてなくって、日本での人気はよくわかりませんが、ネットで調べてみると、けっこう玄人好みっぽいバンドみたいですね。
華やかで、ポップで、でもなんかひねくれてて面白いと思います
にゅーめん 2007/07/14(Sat)20:55:26 編集
» 無題
こんばんは。
前作(さっき検索して知った)のスカイラーキングまでは聴いてましたが、本作は未聴でした。
今度見つけたら聴いてみます。
ゆーじ 2007/07/16(Mon)00:07:54 編集
» スカイラーキング
ゆーじさん、こんばんは♪
お~、ゆーじさんはXTC聴かれるんですね~♪
でも実は、私はアルバムとしてきちんと聴いたのは、このアルバムだけだったりします(汗)
スカイラーキングは、このオレンジ&レモンと双璧をなす傑作だと言われてるので、是非聴いてみたいと思います。

ここのボーカルってちょっとエイドリアン・ブリューっぽいと思いません?
そういえば、ブリューもビートルズ大好き人間ですね。
にゅーめん 2007/07/16(Mon)19:31:12 編集
» XTCというバンド
の印象は、初めテクノ寄りと思ってましたけど、そうでもないようで表現するのが難しいですね。
個人的に一番好きなのは「Drums and Wires」デス。
Wikipediaで見たら、今はアンディ・パートリッジだけで解散状態なんですと!
実を言えば、XTCを聴いてみようと思ったきっかけは、鈴木さえ子のアルバム「スタジオ・ロマンチスト」に参加してたことからアンディの名前を知ったわけですね。
ゆーじ 2007/07/16(Mon)21:33:29 編集
» テクノ
ゆーじさん、こんばんは♪
XTCの生い立ちっていうか、出だしはテクノっぽかったのですか。
けっこうニューウェイブ系ですよね。
80年代っぽいといえば、とても80年代っぽい感じがしますが、不思議といえば不思議なサウンドです。

鈴木さえこ「スタジオ・ロマンチスト」…ごめんなさい、ちょっと知らないです(汗)
でもゆーじさんが注目するくらいなので、一筋縄ではいかない音かもしれませんね(笑)
にゅーめん 2007/07/16(Mon)22:01:39 編集
» 無題
こんにちわ、すみませんおじゃまします、
XTC 検索で目にしたもので、
XTC というバンド名は、ecstasy とは、直接関係がありません。映画のジミー・デュランテの台詞からなのです。デュランテはecstasy と言ったのですが、パートリッジは聞き取れなかったのです、でも、面白かったのでメモしておいたのです。それがXTC。無意味なのがよくってバンド名にしたようです。
それだけでした、では、失礼しました。
ノエルかえる URL 2007/07/22(Sun)17:25:41 編集
» ecstasy
ノエルかえるさん、こんばんは♪
はじめまして、にゅーめんです。
コメントありがとうございます。

ノエルかえるさんはXTCに大変お詳しいのですね。
先ほどブログ「ノエルかえる不恵留」も拝見させていただきました。
ビートルズの「サージェント・ペパー~」とこのアルバムは離れてるんですね。
いろいろ勉強になります。

ecstasyの件、なるほどそういうことだったのですか。
謎のアルファベットで、意味ありげなのに、実は無意味ってのもこのバンドのサウンドからして「有り」なような気がします(笑)
にゅーめん 2007/07/22(Sun)21:48:37 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]