忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第59回名盤シリーズ
今回はスウェーデンの4人組ポップグループABBAの「アライバル」
(1976年作品)

大ヒット曲「ダンシング・クイーン」「マネー・マネー・マネー」を含むこのアルバムは、彼らの中でもっとも人気が高いといわれるアルバムだ。
清涼飲料水のようなさわやかさと親しみやすさ、美しいコーラスなど、全曲名曲といえるアルバムで、梅雨のジメジメとした空気を明るくさせてくれるようだ。

私がアバを知ったのは1982年頃で、すでに全盛期はすぎていたものの、友人がほとんどのLPレコードを持ってたので、よく聴いていた。
この「アライバル」も、当時カセット・テープに録音して聴いた記憶がある。
82年当時に76年の曲を聴くというのは、いかにも古いものを聴いてるようだが、私の原点はビートルズなので、そんなことはないのだった。
60年代のビートルズと比べて、むしろ新しい。
それに、優れたポップ・ソング…この時期だとカーペンターズやフリートウッドマックもそうだが…時代が変わっても決して色あせることはないのだ。
だから、21世紀になった現在聴いても、ハイクオリティな楽曲の価値は色あせることなく、今も耳を楽しませてくれるのだった。

さて、このアルバム、全曲シングル・カットしてもヒットしそうな名曲揃いで、知らない人が聴けばベスト・アルバムかと思われそうだ。
なかでも、洋楽ファンでなくとも聴いたことがあるであろう「ダンシング・クイーン」、これは大ヒットするに相応しい名曲だ。
ゆったりとしてはいるものの、自然と腰でリズムをとりたくなるような絶妙なリズム感、ポップそのもののシンセとピアノのアレンジ。
そして一度聴いたら忘れられなくなるような、キャッチーで親しみ易いメロディ。
トゲがなく、万人に受け入れられるタイプの曲だ。

ただ、古くからこのアルバムを聴いていると、目立たない曲が好きになってくるのも、また事実。
3曲目に入ってる「My Love、My Life」なんて、深い森から流れ出る湧き水のような美しさで、その横をフワフワと飛び交う蝶のような浮遊感が実に心地よい。
心の奥底から綺麗になっていきそうだ。
それと「That’s Me」。
アップテンポの楽しい曲で、ちょっとヒネったメロディ、コード進行のおかげで、深みが出て味わい深い。
さすが「ポップミュージックの完成者」の異名をとるだけはあると感じるのだった。

 


名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ABBAは好いですよね♪昨日行ったBarでもかかってましたよ♪
shin URL 2007/07/18(Wed)23:41:55 編集
» 気楽に
shinさん、こんばんは♪
アバは気楽に聴けて、BGMにもいいし、真剣に聞いてもいいですよね。
優れた音楽は時代を超えて愛されるので、現在の使い捨て、聴き捨て音楽にはない魅力があります。
いや、今の音楽にも本当によいのもあるのですが、聴く人の姿勢がどうしても「流行ってるときだけ聴く」みたいな、たとえいい曲でも「古いから聴かない」とか、そういうのはちょっと違うなって思います。
にゅーめん 2007/07/19(Thu)20:02:33 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]