忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第94回名盤シリーズ
ニューヨーク・アンダーグランド・パンクの女王、パティ・スミス「ホーセス」
(1975年作品)

音楽なしの詩の朗読だけで観客を魅了することが出来る、とか、彼女の人生は1本の映画に出来るほど劇的でドラマチックである、とか、いろいろ言われる人だが、ここではサウンド中心で行きたい。

「これが1975年の作品?」
私の聴いた第一印象は、とても70年代とは思えない現代的なアレンジだなと思ったこと。
当時としては充分前衛的だったのかもしれない。
パンクといってもピストルズやクラッシュのようなギター・ロックとはちょっと違う。
彼女がパンクなのはサウンドではなく、そのパンク精神を反映させた歌詞のほうだ。
その歌詞を引き立てるためにバンドがあり、それを最大限に発揮することが出来るようにアレンジされてるのだ。
時には、はかないほど繊細で美しく、時には狂人の如く激しく、そして時にはおどけた表情さえ見せるバラエティ豊かなサウンドは、古さを感じさせない。

クセのあるボーカルスタイルで、決して上手くはないが、それがアバンギャルドなロック・サウンドによく合ってると思う。
次のアルバム「ラジオ・エチオピア」からパティ・スミス・グループというバンド名義になっていて、サウンドもよりロック色を強めるが、ここで聴ける音は彼女のソロ的雰囲気が強い。
このアルバムでとくによく出来てると思うのが7曲目「Land」だ。
激しいバンド・サウンドと力強い独特のボーカルが聴けるロックンロール調の曲で、10分近い時間を突っ走る。
これは一つの音楽である一方、「詩とBGM」、あるいは「セリフとサントラ」みたいな、パティの個性をよく表現してると思う。
それとはうって変わって8曲目「Elegie」、大人しいバラード調の曲だが、美しいメロディの中に狂気が隠されていて凄みさえ感じることが出来る。
一般的な一番人気は1曲目「Gloria」、ヴァン・モリソンのカバーですが、少しづつテンポ・アップしていくアレンジがカッコイイ。

最後にアルバム・ジャケット、元恋人にして名写真家ロバート・メイプルソープが撮影したと言われ、芸術的アルバム・ジャケットだと言われますが、そういったことに疎い私は、どう素晴らしいのかよくわからない。
それは私がCDという小さいジャケで見ているからで、本来のLP盤のジャケで見れば印象が変わるかもしれないが。

 



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» パティ・スミス
にゅーめんさん、こんばんは~
確かこの「ホーセス」は持っていなかったはずですけど、ジャケは覚えています。
パティ・スミスの性別を超えた(爆)美しいジャケだと思います。

そういえば彼女、今年もフジ・ロックに来ますね。
ジャスミン 2009/06/20(Sat)22:26:21 編集
» Frederic
にゅーめんさんが取り上げてくれたこのアルバムは間違いなく彼女の代表作でしょう。
でも個人的には、ラストアルバムに納められた「Frederic」に涙します。
かつてニューヨークパンクの女王として君臨したパティスミス。
彼女がパンクの女王の名声を捨て愛に生きることを高らかに歌ったラブソング。
ちなみにFredericとはこの作品を出した直後に結婚することになる元MC5のギタリスト、フレッド・ソニック・スミスのことだ。まるで彼に宛てたラブレターである詩は赤面するほどに愛くるしい。しかし、運命とは皮肉なもので、フレッド・ソニック・スミスは今は故人である。これをきっかけに彼女は、再びシーンに復活した。復活の富士ロックで、この曲を1曲目に演奏した彼女の心中には察するに涙溢れるのだ、わたしは。

ってな感じで、Jさんの哀メロに投稿したんですけどね。いつ取り上げてくれるやら(笑)。
KOSS 2009/06/20(Sat)23:04:24 編集
» シンプルなジャケ
ジャスミンさん、おはようございます!
このジャケは有名ですよね。
たしかに知らない人が見れば、男か女かわからないような気もします。
非常にシンプルであっさりした雰囲気ですね。

音楽界に復帰してからは、何度か来日してるようですが、私は見に行ったことがありません。
今年は不況の影響もあり、ライブにはあまり行ってませんが、9月に来日するシカゴを見に行こうかなって思ってます。
にゅーめん 2009/06/21(Sun)07:23:28 編集
» 劇的な人生
KOSSさん、おはようございます!
「Frederic」知らなかったので、早速youtubeで聴いてみました。
思ったよりもポップで、力が沸いてくるような曲ですね。
愛に生きる--それまでの名声を捨てて--、これからの希望に満ちた歌だと思います。
しかしその後の悲しみは相当なものだったでしょうね。
やはり劇的な人生です。

哀メロ投稿、私もいくつか投稿してあります。
Jさんはマイペースで、しかも更新時はいつもテーマをもって曲を選んでますね。
パティが取り上げられるとすれば、パンク特集、あるいは女性ボーカル特集あたりかな?
にゅーめん 2009/06/21(Sun)07:34:35 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]