忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第78回名盤シリーズ
今回はジャーニーの大ベスト・セラー・アルバム「エスケイプ」。
(1981年作品)



私がジャーニーを知ったのは中3の頃、「フロンティアーズ」というアルバムからだ。
友人がLPを貸してくれたのだが、第一印象は良くなかった。
まず1曲目であり、ジャーニーの代表曲の一つである「セパレイト・ウェイズ」が気に入らない。
私にはただウルサイだけにしか聞こえず、その音の壁は息をするのが困難になるほど。
全体的にボーカルの声質が好みじゃないし、LPのライナーに書いてあった「世界一美しいハードロック」というコピーも気に入らなかった。
それでも、何度か繰り返し聴いてたら、そんなに悪くないかも?と感じるようになったのだが…。

私がジャーニーを見直すようになったのは、「ライブ・エナジー」というライブ・アルバムを聴いてからだ。
これは良かった。
曲がポップで自分好みだったし、アレンジや演奏もいい、ボーカルの声質も気にならなかった。

ここでようやく本題である「エスケイプ」である。
やはり「フロンティアーズ」「ライブ・エナジー」と同じ友人から借りたLPだが、1曲目の「ドント・ストップ・ビリービン」にノック・アウトされた。
この曲が良すぎて、好きすぎて、一生これのみを聴き続けてもけっして飽きることはないのでは?と感じるほどだった。
私にとってこのアルバムは、「ドント・ストップ・ビリービン」のためにあるようなものだ。
力強くメロディアスで、無駄のないアレンジ。
複雑な曲構成とか、凝ったアレンジでもないのに、何度聴いても飽きない奥深さ。
好きじゃなかったスティーブ・ペリーのボーカルも、この曲ではこの声以外にありえない気がする。
他にもいい曲、代表的な曲もあるものの、印象が薄くなってしまうのだった。

LPを貸してくれた友人に「1曲目が凄く良かった」と感想を述べたところ、彼は表情も変えず「全曲いいはずだ」と自分の価値観を押し付けてきた。
ジャーニー・ファンである彼にとっては、どの曲も輝く宝石のような名曲なのかもしれない。
もちろん彼はニール・ショーン(ジャーニーの看板ギタリスト)信者であり、彼を孤高のギタリストして神のように崇拝していた。
それは時に、マイケル・シェンカー・ファンの私と激しい議論になるのだった。

このアルバムによりスティーブ・ペリーのボーカリストとしての魅力に気づいた私は、彼のソロ・アルバムまで買い求めるのだが、そこに自分の期待するサウンドはなかった。
あくまでも「ジャーニーのスティーブ・ペリー」が良かったのかも知れない。
ちなみに再結成後のアルバムはまだ聴いていない。
 



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ジャーニーの新譜、ビルボードで3位だったそうですね。二枚組の新作とセルフカバー。フォリナーもそうすれば良かったのに。来年はフィリピンツアーやるそうなので、来日もあるかな。

エスケイプは文句無しですね。初めて組んだバンドで練習したのが「Don't Stop Believin'」でした。一番好きなのは「Mother, Father」です。
忍者 2008/10/17(Fri)23:50:09 編集
» 無題
高校時代、友達がバンドでコピーしていて
初めて聴きました。私は逆にボーカルの伸びのある声におお〜〜〜〜っとなりました。

『ネ申』と呼ばれるのはマイケルのみであります。(ニヤリ)
おすぎ 2008/10/18(Sat)00:48:45 編集
» 新譜も絶好調
忍者さん、おはようございます!
ジャーニーの新譜、アメリカで大ヒット中なのですね。
昨日地元のCDショップに出かけてたのですが、ジャーニーの新譜が試聴出来るようになってました。
聴けば良かったかな~。
そういえば、新ボーカリストはフィリピン人でしたよね。
フィリピン・ツアーと来たらついでに日本に来て欲しいですよね。

初めて組んだバンドで「Don't Stop Believin'」!
それはまたレベルの高いバンドですね。
ジャーニーやTOTOは、レベルが高くて学生がバンドでやるには敷居が高くてムリでした。
にゅーめん 2008/10/18(Sat)09:48:41 編集
» ジャーニーをピーコ
おすぎちゃんおはようございます!
おお~おすぎさんの近くにもジャーニーをコピーをするバンドがありましたか。
レベル高いですね~、私の地元じゃ平均点が低いのか、このあたりのバンドをコピーしてる人は少なかったです。

スティーブ・ペリーのボーカルは、最初は好みじゃなかったけど、だんだん好きになってきました。
今のボーカルさんはどうなんでしょうね。
ギターの「ネ甲」といえばマイケル、同意です!
でも、もう少し上の世代だとクラプトンだという意見もありそうですね。
にゅーめん 2008/10/18(Sat)09:53:41 編集
» 日本発売
>ジャーニーの新譜が試聴出来るようになってました。
アメリカでは、ウォルマート専属契約だそうで、販売先が限られているそうですが、日本盤出てたのですね。明日でも見に行ってみよう。

>それはまたレベルの高いバンドですね。
はっはっは〜。その時の事を以前日記に書いたので、良かったら読んでください。レベルの高さがわかります(爆)

初バンド〜結成まで
http://ninja.asablo.jp/blog/2006/10/31/582149
初バンド〜練習
http://ninja.asablo.jp/blog/2006/11/01/582329
忍者 2008/10/18(Sat)10:55:41 編集
» 時代
忍者さん、こんばんは!
ウォルマート専属契約だったんですか。
アメリカじゃタワーレコードも倒産したんでしたっけ?
ネットからのダウンロード販売が主流っていうのも寂しいものですね。

忍者さんの少年時代のバンド体験記読みました。
なんかもう、その当時の光景が目に浮かぶような、80年代初頭の音楽好き少年の典型ですね(笑)
「剣道部だからドラム」とか、今じゃ考えられないけど、あの頃ならそういうのも全然ありだったと思います(笑)
ちなみに私が20代前半頃に参加したバンドの思い出を書いたことがあったので、良かったら読んでみてください。
http://sun.ap.teacup.com/newmen/171.html
にゅーめん 2008/10/18(Sat)20:02:15 編集
» 若さは勢い
にゅーめんさんのバンド記、読ませていただきました。
一度集めたメンバーを切るのって難しいですよね。友達だと、その後も関係は続くわけですから。

最近、よそのバンドで、立ち上げにメンバーの知り合いを二人呼んできたら、それがあまりにもひどいので、そのメンバーを外すために、彼らの地元以外でライブを組み、遠いからと言う理由でヘルプを頼んでいるバンドがありました。バンドも色々大変です(笑)

>ウォルマート専属契約だったんですか。
今月のヤング・ギターに、ニール・ショーンのインタビューがあり、そこで仕入れました。ヤング・ギター・・・立ち読みするの、ちょっと恥ずかしいです。かといって、大人のロックとかは、よけいに手に取りたく無いし(笑)
忍者 2008/10/19(Sun)09:57:16 編集
» 人間関係
忍者さん、こんばんは!
バンド活動はとても楽しいものですが、あまりにレベルが違うと、そうもいってられないときもありますね。
それも昔からの友達だと人間関係もあるから難しくなります。

ヤング・ギター誌、今もメタル系が中心なのでしょうか?
私は若い頃からギターマガジン派だったので、あまりヤング・ギターは読んでないのですが、ヘヴィメタル誌のバーンみたいな表紙だと本屋さんで手に取りにくいですね。
逆に大人のロック誌は、我々よりも10くらい上の人がターゲットでしょうか。
いつもビートルズ、クラプトン、ZEPの特集をやってるイメージがあります。
にゅーめん 2008/10/19(Sun)21:04:41 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]