忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第41回名盤シリーズ
今回はサイモン&ガーファンクルの81年の再結成ライブ「セントラルパーク・コンサート」
(1981年作品)



80年代初頭、この頃すでにこのフォーク・デュオは解散していて、1度だけの再結成ということで、セントラルパークにてチャリティ・コンサートを行った。
53万人もの人たちが、集まったセントラルパーク。
その様子はライブ・レコーディングされ、また映像にも残された。

私が初めて聴いた彼らの曲は「スカボロー・フェア」。
「なんて美しい曲なんだ」
そのメロディの美しさ、ボーカルの美しさ、触れると砕けてしまいそうなくらい繊細なハーモニー。
アコギ1本によるシンプルでムダのないアレンジも気に入った。

このライブ・アルバムで聴ける彼らの状況だが、非常にリラックスした状況でステージに立っているように感じる。
1曲目の「ミセス・ロビンソン」から次々と素敵な曲が歌われる。
どの曲も、ポップで親しみやすく、ハーモニーも素晴らしい。
しかし、歌詞の内容はすこし厳しく、暗いものが多かったようだ。

ポール・サイモン、アート・ガーファンクルのそれぞれのソロ曲も演奏され、名曲「明日に架ける橋」で感動のピークに達する。
ここでのピアノのアレンジが素晴らしく、後でオリジナルのレコード・バージョンを聴いたときちょっとだけガッカリしたものだ。
「ボクサー」などを挟み、ラストは「サウンド・オブ・サイレンス」。
ロック・リズムの入らない、シンプルなバージョンで演奏されるこの曲は、ライブの最後を感動的に終わらせるのでした。



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]