忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会場へ向かった私たちは、ビジネスパーク駅を降りると、外は暗くなり始めていて、夜景がとっても綺麗です。
大阪城の堀の向こうに今回の会場である大阪城ホールが見えます。
ジャスミンさん、ニセリッチーさんと私の3人はとりあえず会場前まで行き、外の物販を少し見ることに。
私はここのところ、ずっとこういったアーティストグッズや、T-シャツを買っていないので、今回もパス。
Jさんとニセさんは、T-シャツを買っていました。

そしてホール内に入って、私だけ席が違うので一旦お別れします。
すでに演奏が始まっていて、松本和之バンドが熱いトリオ演奏を繰り広げていました。
まだ客席はガラガラで、聴いてる人も少ないのですが、少数の熱烈なファンが一生懸命応援していました。
ちょうど私の後ろにいた女の子が、一人で立ち上がって声援を送っていましたが、こういう熱いファンに支えられてるバンドって好感がもてます。

最初のバンドが終わり、お腹が減ったので会場内の売店でサンドイッチを食べました。
そして自分の席に戻るとすぐに客電が消え、重低音が鳴り響きます。
次に登場したのがナイル、デスメタル・バンドです。
このバンドも予備知識がなく、初めて聴いたのですが、すごくヘヴィです。
とくにドラムが終始ツーバスを連打していて、低音部分の隙間を埋め尽くしています。
フロントの3人のうち、真ん中の人がメインボーカルなのですが、両側の2人も必要に応じてデスボーカルを歌います。
この日の会場内で、このバンドのファンってたぶん少なかったと思うんだけど、けっこう盛り上がりました。

さて、次はマリリン・マンソンです。
会場内はマンソン目当ての若いファンと、H&H目当ての年配ファンの差が激しいです。
マンソン風の化粧をしている女の子や、過激なファッションの人とかもいて、楽しいです。
客電が消え、物悲しいピアノがなり響くと会場内は総立ちになり、マンソン登場。
ヘヴィなサウンドが鳴り響き、さすがにカッコいいボーカルを聴かせくれます。
凶暴ともいえるマンソンのボーカル・スタイルはCDで聴いたまんまで、絶好調のようです。
ダークなサウンド、マイクスタンドを叩きつけたり、ペットボトルを投げつける過激なステージングは、手馴れたもので、貫禄すら漂います。
後半、マンソンがステージを降りて、アリーナ席の近くまで来るとファンが押し寄せて、ちょっとやばい状態に!
それでも混乱にはならず、会場全体が盛り上がりました。
アンコールを2回やって熱狂の中、マンソンのライブは終了しました。
(つづく)

【マリリン・マンソン・セット・リスト】

1.If I Was Your Vampire
2.Disposable Teens
3.mOBSCENE
4.Heart-Shaped Glasses
5.Sweet Dreams
6.The Dope Show
7.Irresponsible Hate Anthem
8.Putting Holes in Happiness
9.Fight Song
10.Little Horn 
<アンコール>
11.Rock Is Dead
12.The Beautiful People

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
色んな掲示板で見ましたが大阪は、ガラガラだったそうですね。
去年のメイデンと言い東京と大阪は温度差が有り過ぎですな(^_^;)
蠍団、ドリムシ、メイデン…メタル系はどんどん厳しくなってますね。
若いファンが増えれば盛り上がるんでしょうが。

ナイルはスタンドで観てました。
正直、あまり記憶に残ってません(汗)
ただ強烈なイメージは残ってます。
個人的には、スティル・リメインズとアズ・アイ・レイ・ダイイングが良かったです。
CD買いました。

えんどれす 2007/10/26(Fri)22:41:56 編集
» 無題
あ、ナイルも出たんすか。
確かアラビア系(?)デスメタルっすよね?
試聴しかしてないですが、個性的なバンドですよね。

マンソン、ステージから降りてきたんすか~!
なかなかヤリますねぇ♪
しかし12曲とは、やっぱ少ないような、ちょうどくらいのような…
1時間くらいやったんでしょうかね。
ひらぱ 2007/10/26(Fri)23:16:59 編集
» 組み合わせ
えんどれすさん、こんばんは♪
大阪城ホールはすいていたおかげで、多くの人が前のほうで見れてとても良かったです。
それにいろいろ言われてますが、ヘヴン&ヘルとマンソンの組み合わせは大成功だったと思います。
マンソンファンの若い人たちに、本物のメタルを生で聴いてもらういいチャンスだったしね。
どちらも凄かったので、お互い得るものが大きかったと思います。
もしこれが、ヘヴン&ヘルとサクソンの組み合わせだったらオッサンしか来なくて、若いファンが増える要素はないでしょうね。

ナイル、かなり盛り上がってたし、マンソンT-シャツの人たちもコブシを振り上げて楽しんでました。
にゅーめん 2007/10/27(Sat)20:18:55 編集
» デスメタル
ひらぱさん、こんばんは♪
う~ん、アラビア系なのかな?
メロデスではなかったと思います。
最初はフロント3人がデスボーカルってどうなのかな?って思いましたが、よく考えると、こうすることによって「3人1役」が出来るんですね。
同じような声で、シーンに応じて使い分けるという、上手いやり方だと思いました。

マンソンの12曲、この後のヘヴン&ヘルと比較すると、充分だったことがわかりました。
でも単独だったらやはり20曲くらい聴きたいところですね。
にゅーめん 2007/10/27(Sat)20:24:46 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]