忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トニー・マーティンとの最後のアルバム「フォービドゥン」は思ったほど成功せず、再びサバスは活動停止状態に陥ります。
そして、またソロ・プロジェクトを始動させたのでした。

まずプロジェクトの相棒として選んだのは、当時ジューダス・プリーストを脱退していたロブ・ハルフォード。
しかし、結果を残せないままロブと分かれて、またもやグレン・ヒューズとコラボを始めます。
こちらは一旦ボツになったものの、数年後に「デプ・セッションズ」として発表されました。

その頃、世間ではオリジナル・ブラック・サバス再結成を求める声が高まり、シャロン・オズボーンを中心にプロジェクトが動き始めます。
そしてまず、オズフェストにてアイオミ、オジー、ギーザーにオジー・バンドのマイク・ボーディンを加えた形でサバスが始動します。
その後、ビル・ワードにも正式に参加要請がかかり、ここに晴れてオリジナル・サバスの再結成が実現したのでした。

このオリジナル・サバス・リユニオンは大きな反響を呼び、それまで伝説だったライブ・パフォーマンスにて名曲の数々を演奏したのでした。
ライブ・レコーディングされ2枚組として発表されたこの「リユニオン」には、この時の興奮が詰まっています。
ツアーは大成功で、若手バンドからのリスペクトもあり、「メタルの王者」として不動の地位を得たのでした。

改めて「リユニオン」を聴くと、まずオジーの歌の下手さが耳につきます。
ほとんどカリスマ性だけでもってるような人ですが、「ウォー・ピッグス」における音痴ぶりはちょっと聞き苦しいかも(汗)
しかしそれ以外の曲では、それほど聞き苦しくもなく、迫力あるショーが展開されているのがわかります。
こうやって聴くと、やはりオリメン時代の曲はオリメンで聴くのが一番素晴らしいことに気がつきます。
オジー・バンドの明るくメタリックな演奏もいいけど、またロニーやマーティンが歌うのもいいんだけど、やはり違うなって思います。
さすがにビルのドラムはちょっともたつくし、若い頃のキレはないんだけど、アイオミとギーザーは素晴らしいですね。

その後の彼らはシャロンにいいように利用されて、振り回されているように思います。
本来、ブラック・サバスというのはトニー・アイオミのものだと思うのですが、シャロンにしてみればオジー以外のサバスは認められないようです。
まるで、オジーがいなかった時期はなかったことになってしまったようで、非常に寂しいものを感じます。
そのため、アイオミ、ギーザー、ロニー、ヴィニーという全員元サバス(オリメン2人)というメンバーでもサバスの名が使えないようですね。
かつてはアイオミ以外全員無名の新人でもサバスだったのにね。

日本ではオリジナル・サバスの人気が欧米ほどでもないためか、未だに一度も来日していません。
これはとても残念なことですが、現在オジーはもうまともには歌えないと思うので、下手に来日してガッカリするより伝説のままのほうが良いのかもしれません。
しかしアイオミ、ギーザーは今も現役ミュージシャンとして衰えはほとんどないので、今年の来日はとても期待できるのでした。

(おしまい)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
特に90年代以降は、あたしにとってはサバスも含めてロックバンドのメンバーの変遷は判りづらいのですが・・・これは、雑誌とかをあんまり読まなくなって過去の作品を聴くだけで満足しているあたしのせいかも・・・今回のにゅーめんさんの一連の記事で、ほほーっ、そんな経緯だったの!と納得しきりです (^-^)
そんなワケで、ではサバスのアルバムを大人買い!・・・なんて余裕はないので、you tubeで鑑賞しています。便利な時代ですねぇ。
car2ya URL 2007/05/19(Sat)23:07:35 編集
» 90年代以降
car2yaさん、おはようございます♪
私にいたっては85年以降はほとんど知らない状態で、21世紀になってからKISSとサバスとクリムゾンだけはCDを買い集めました。
もう90年代とかスッポリ抜け落ちていて、まだ最近の洋楽のほうが知ってます。

今はYoutubeとかMyspaceとかで気軽に動画を見たり試聴出来るので便利になりましたよね。
昔はLPレコードを買うなんて賭けに近かったしね。
今回のサバスの記事は、数年前によく読んでいた「ゴールドワックス」を引っ張り出してきて参考にしました。
にゅーめん 2007/05/20(Sun)09:16:47 編集
» ブラック サバス
私は1970年サバスの デビューから 聞ていますが サバスは トニー オジーキザー ビルで 本当の サバス だ
スガ 2008/11/25(Tue)08:16:10 編集
» ブラック サバス
私は1970年サバスの デビューから 聞ていますが サバスは トニー オジーキザー ビルで 本当の サバス だと思っています、私の好きな アルバム は 黒?
スガ 2008/11/25(Tue)08:16:55 編集
» ブラック サバス
私は1970年サバスの デビューから 聞ていますが サバスは トニー オジーキザー ビルで 本当の サバス だと思っています、私の好きな アルバム は 黒い安息日、血まみれの安息日です この 二枚が最もサバスらしいと思っています では
スガ 2008/11/25(Tue)08:16:56 編集
» オリジナル
スガさん、こんばんは!
はじめまして。
私はHM/HRのバンドの中でブラックサバスは相当好きなバンドです。
もちろんオリジナル・メンバーでのサバスも好きで、とくに「黒い安息日」は好きなアルバムです。

私はトニーがブラック・サバスを名乗れば、オリジナルのメンバーじゃなくてもサバスだと思う派なので、昨年のヘヴン&ヘルもサバスだと思ってます。
たしかに初期のあのサウンドと、ロニー以降のサウンドはかなり違うので、違和感を感じる人がいるのは当然だと思います。
にゅーめん 2008/11/25(Tue)21:20:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ボーカル・テクニック講座 『ボーカル・アーティストの王道』 Table of Contents
ボーカル・テクニック講座 『ボーカル・アーティストの王道』 目次 †第7章 寝ているときの喉のケア ...
URL 2008/03/04(Tue)17:31
» ブラック・サバス
NO.01541 ブラック・サバスの2枚組ライヴ・アルバム『リユニオン』(1998年) 1500枚を超えて、ブラック・サバス初掲載です。 実は、ブラック・サバスのアルバム、これしか持っていません。 いや、持っていない所かオリジナル・アルバム殆ど聴いた....
URL 2010/09/13(Mon)08:25
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]