忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビートルズはアイドルである。
などと書くと、すぐにも「ビートルズがアイドルなわけないだろ」といった声が聞えてきそうだ。

もし、デビュー当時、彼らが40代の中年、デブ、ハゲだったとしてもあれだけの人気を得られたであろうか?
音楽はそのままだったとしてだ。
絶対にあのような人気はなかっただろう。
彼らは20歳前後の若者であり、平均点をクリアするルックスもあった。
だからこそ、彼らは一世を風靡できたのである。
若い女性は皆彼らに夢中になり、自分たちのアイドルにありったけの金切り声をあげた。
自分の全てをささげてもいい、と思った女性も少なくはあるまい。
音楽の良し悪し以前に、異性として魅力にあふれていたのである。

もちろん、日本でも彼らはアイドルだった。
嵐とSMAPとカトゥーンを足して束になってもかなわないほどのアイドルなのである。
アイドルだから、映画も作られる。
邦題は「ビートルズがやってくるヤア、ヤア、ヤア」。
そう、日本の片田舎であっても映画館にさえ行けば、動く彼らを見ることが出来るのであった。
まさにボクの、ワタシの街にもビートルズはやってきたのだ。

5枚目のアルバムの邦題にいたっては「4人はアイドル」、今だったら、こんなタイトル、ネタだったとしても恥ずかしいレベルだ。
そして、アイドルとしては二の次かもしれないが、なんといっても彼らは天才的に音楽のレベルが高かった。
「ボクはキミが大好きなんだ」とか「キミがいなけりゃ、ボクは死んじゃうヨ」といった愛の歌が歌われると、世の女子は全て、それは自分一人に向けられた言葉だと受け止め、寝ても冷めてもビートルズになってしまうのだった。

自称ロック通の人はアイドルを下に見る傾向にあると思う。
しかし、誰もが認めるロックアーティストであるビートルズの今日があるのは、アイドルだったからなのである。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 抱きしめたい

抱きしめたい♪を同級生バンドバンドで演奏しています。

コード弾くだけで雰囲気出るので最高です。
歌も楽しいです。(^^)v

ためしにRECしてみようと計画中です。

ポール森屋 2012/01/07(Sat)23:39:03 編集
» イェー、イェー、イェー
ポールさん、おはようございます!
「抱きしめたい」ですか、ビートルズ初期の名曲ですね。
初期のビートルズ、とくにジョンのプレイはほとんどコード弾くだけなので演奏しやすいのですが、逆にいえばそれだけのあの雰囲気が得られるのは凄いことかもしれません。
やっぱ要となるのは、ジョージの絶妙なバッキングかな。

そういえば、私が16歳くらいの頃にやってたバンドで、少しビートルズもやってましたが、たしか「プリーズ・プリーズ・ミー」と「シー・ラブズ・ユー」だったと思います。
私がジョンの役をやっていて、ボーカルもやりました。
というのも、当時コードストロークしか出来なかったから、必然的にジョン役になっただけですが。

抱きしめたいのレコーディングうまくいくといいですね。
にゅーめん 2012/01/08(Sun)08:26:04 編集
» 無題
今年もよろしくお願いいたします(^^)

ビートルズはバンドでやっていたのですが、初めて通して弾けるようになった曲は
I Feel Fine
だったと思います。
四苦八苦してピックで弾けず指で弾いた思い出が(笑)

She Loves You
は以前のNHKのドイツ語講座で
ドイツ語で歌っているVer.がテーマソングになっていました。
初期のころはドイツのハンブルグで活動していたこともあったそうで、
ドイツって実は有力なマーケットだったんだんですね!
space child 2012/01/09(Mon)12:39:54 編集
» ハンブルク
space childさん、こんばんは!
あけましておめでとうございます。
アイ・フィール・ファインはリフが印象的でカッコイイですね。
アルペジオ風なのでピッキングは難しいと思います。

ビートルズのハンブルク巡業はアマチュア時代に2回、デビュー直後に1回、計3回行なっています。
アマ時代の2回は、ドラマーはピート・ベストです。
そして最初の1回目のベーシストはスチュアート・サトクリフでした。
3回目のツアーは加入したばかりのリンゴ・スターでしたが、この時のライブは一時期オフィシャルで発売されてましたが、ジョージが許可していないと訴えたため廃盤になりました。
ユーチューブで聴くことが出来ます。
にゅーめん 2012/01/09(Mon)20:59:09 編集
» 無題
当時のアイドルは、今と意味が違っていたのかもしれませんね。チューリップも彼らの曲でビートルズのことを「私のアイドル」と歌っていますから。

>デビュー当時、彼らが40代の中年、デブ、ハゲだったとしても
初めてクリストファー・クロスを見た時のショックと言ったら・・・(笑)
それは別として、こんな私でもステージに立ってます(爆)
忍者 2012/01/16(Mon)14:44:44 編集
» クリストファークロス
忍者さん、こんばんは!
ビートルズが若者に人気が爆発してた頃は、アイドルという言葉が出だした頃だと思うので、その意味も現在とは多少違ったかもしれませんね。
チューリップ、私も大好きでしたが、彼らもビートルズの影響は大きかったようですね。

クリストファークロス、懐かしいですね。
80年代の頃で彼はいくつだったのでしょうか?
たしか、当時のミュージックライフで「性犯罪者タイプ」などと書かれていたのを思い出しました。
忍者さんは皆のアイドルなので全然問題ありません。
にゅーめん 2012/01/16(Mon)21:35:37 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]