忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ギタリストは2種類しか存在しない、ジェフベックとそれ以外だ。」
誰が言ったのか知りませんが、ジェフ・ベックというギタリストを表現した有名な言葉です。
つまりジェフ・ベックはそれだけ個性的で孤高のギタリストだということでしょう。

ちょっとこの表現は乱暴すぎるけどね。

例えば、、、

世界中にギターを弾く人は1万とか2万じゃないでしょう。
全てをひっくるめて、2種類に分けるとすれば、ジェフ・ベックただ一人とそれ以外大勢になるのです。
つまり、エリック・クラプトンもマイケル・シェンカーも、アラン・ホールズワースもスティーブ・ヴァイも、押尾コータローも村治佳織も、同じその他大勢。
そして私も、これを読んでるあなたも、今日ギターを買ったばかりの高校生も、同じその他大勢。
ジェフ・ベックだけが例外なのです。

「ちょっと待てよ、俺はジェフの曲は全て完全コピーしたし、昨年のライブだって再現できるぜ」
というあなたも、ジェフ以外のグループになります。
だってジェフの曲をコピーしてる時点でジェフじゃありません。

地球上でジェフだけが、ジェフただ一人だけが違う種類のギタリストなのだっ!


ジェフってどんだけ変わり者やねん(笑)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 変わり者
それを言ったのは、ポール・ロジャースではなかったかな?
確かにジェフ・ベックは変わり者ってイメージがありますが、インギーもヴァイもウリもかなり変わっていると思います。

でもよかったじゃないですか、その他大勢が同じなら、にゅーめんさんも、にゅーめんさんの好きなトニー・アイオミも同じってことで…。
おめでとうございます♪(パチパチ・笑)
nagarebosi★ 2010/02/23(Tue)00:18:30 編集
» 一般人としては
nagarebosi★さん、おはようございます!
あっ、ポール・ロジャースでしたか、なかなか面白いこといいますよね。
おそらく70年代頃の発言だと思いますが、よほどジェフのプレイに衝撃を受けたのでしょう。
やはりミュージシャン、それもロック・ギタリストというのは、変わった人が多いかもしれませんね。
たぶん、ジェフ、マイケル、リッチー、インギー、ロバート・フリップ、エース・フレイリーあたりは、ギタリストだからいいものの、サラリーマンとかは出来ないと思います(笑)

その他大勢なので、アイオミもゲイリーもペイジも私と同じ仲間ですね。
他、ここを読んでくれてるギター弾きの皆さんも、nagarebosi★さんもギターを抱えれば、弾ける弾けないは別として同じ仲間です。
残念ながらジェフと同じ仲間にはなれませんが(笑)
にゅーめん 2010/02/23(Tue)06:16:08 編集
» 無題
Jeff Beck・・・好きです。
もうやっている曲調とかは無視してですが(笑)

彼は自分ではほとんど曲を作らないので、作曲者のテイストがもろに出てしまいますよね。
そこが私が葛藤してしまう所なんですけど…
やっている曲自体は好きではないんです。
でもJeff Beckのギターサウンドやプレイには、
どうしても心惹かれてしまいます。
space child 2010/02/23(Tue)14:05:34 編集
» 基準
私は、ジェフみたいに60歳過ぎてタンクトップ1丁で出てきても見られる体ではないので、やはりジェフ以外なのだな、と実感しております(爆)
ニセリッチー 2010/02/23(Tue)15:01:25 編集
» 求む、第1期J.F.G.復活
space childさん、こんばんは!
優れたギタリストが優れた作曲者とは限らないように、好きなギタリストと好きな曲はイコールではないと思います。
ジェフは自分で曲は作りませんが、気難しい彼のこと、気に入らない音楽はやりません。今やってる音楽性には100%満足してるのでしょう。
「ブロウ・バイ・ブロウ」以降はずっとインストゥルメンタル音楽に没頭していますが、いろいろ試行錯誤した結果たどり着いたのでしょうね。
昨年、ジェフのライブを見ましたが、フュージョンというより、ハード・ジャズ・ロックといったカッコいい音楽でした。

ただ、また歌ものをやって欲しいとは思います。
ジェフと組むならやはりロッド・スチュアートがいいですよね。
期間限定でもいいから、ロン・ウッドも入れて第1期ジェフ・ベック・グループでツアーして欲しいですね。
にゅーめん 2010/02/23(Tue)20:49:12 編集
» 体形
ニセリッチーさん、こんばんは!
タンクトップ?おお、そっちで来ましたか(笑)
私は今のところ、服を着てる限り20歳の体系を維持してますが、脱いだらいたるところに弛みが(汗)
あと20年後、今よりシェイプアップしてる可能性は限りなく0に近いと思うので、そっち方面でもジェフとは違う種類に属すようです(笑)

まあ、ジェフはクラプトンやペイジと違い、今ひとつメジャーじゃないおかげで、やりたい音楽を思う存分やることが出来て幸せですよね。
巨万の富より、やりたい音楽を優先するジェフは、やはり孤高の存在なのでしょう。

にゅーめん 2010/02/23(Tue)20:57:11 編集
» さすが!
にゅーめんさんは鋭い観察眼をお持ちなんですね。
今までジェフに対する気持ちが頭の中でごちゃごちゃになっていたんですけど、
にゅーめんさんのお返事時を読んですっきりしました。

私はジェフの手から奏でられるギターサウンドが好きなんでしょうね。
それは曲の好き嫌いを超越しています。
やっぱり「Jeff Beck」だからなんでしょうね。
ジェフ恐るべし!

J.B.G.の復活、あって欲しいですよね。
もし実現したら私もVo.はロッド・スチュワートがいいです。(勿論ロン・ウッドも入れて)
ロッドのおかげでジェフの存在を知ったので、
もうロッドしか考えられません。
space child 2010/02/25(Thu)05:41:07 編集
» 作曲力
space childさん、おはようございます!
昨日オリンピックのフィギュアスケートを見ていて思ったのですが、彼女たちの監督ってかつては一流選手だった人なのかな?って。
メダルとか取ったことがあるのかな?って思ったのですが、いい選手がいい監督になるとは限りませんし、逆に全然滑れなくても教え方が上手いと名監督になることもあるのでしょう。
これを音楽の世界で言えば、やはり作曲力とギターの腕前は別物なので、space child さんのようにジェフのギタープレイは好きだけど、曲はもう一つっていう人は案外多いと思います。
私は逆に、ジューダスのグレン・ティプトンやキング・クリムゾンのロバート・フリップなんかは、作曲者としては好きだけど、プレイヤーとしてはそれほどでもありません。

ハードロック系のギタリストの場合、たいていギタリストはメインのリフとコード進行を作るだけで、歌詞や歌メロはボーカリストが作る場合が多いです。
マイケルの場合も、フィル・モグやゲイリー・バーデンなど優れた歌メロ作者と一緒になって、素晴らしい曲が完成しますよね。
でもジェフ・ベックの場合、自我が強すぎるのか、ロッドのような優れたシンガーと一緒になっても、なんか満足出来なかったのかもしれません。

最近、どこかのライブでジェフのステージにロッドがゲスト出演して「ピープル・ゲット・レディ」を歌ってた映像をyoutubeで見たことがあります。
ということは、もしかするともしかするかもしれませんよ!
今のストーンズからロンを引き抜くのは困難かもしれませんが、期間限定なら有りかもしれませんしね。
にゅーめん 2010/02/25(Thu)06:25:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]