忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の記事からまだ引きずってます。

アイアン・メイデンの「魔力の刻印」が、60年のブリティッシュアルバムで1位になったと先週書いた。
私は聴いたことがなかったので、この機会に全曲聴いてみた(フルで3回)。

良くも悪くも典型的アイアン・メイデンな作品だった。

想像していた通りのサウンドで、新鮮味というのがまるでなく、予定調和な展開に終始した感じだった。
駄作ではない。評価が高いのは理解できる。
ただ、今の私が、積極的にメイデンを聴きたい、という受け入れ態勢が整っていないのだ。
彼らはこのアルバムから一皮剥けたようにビッグになったらしいが、このアルバムが初メイデンだった人にとって、その個性と破壊力に打ちのめされたことだろう。
今更言っても仕方がないが、このアルバムをリアルタイムで発売されたのを知っているので、あの頃に体験してたら、きっと印象は異なったに違いない。

次はアデルだ。
今なお、驚異的な売り上げ記録を更新中で、すでに21世紀の名盤に認定されそうなアルバムだ。
早速全曲聴いたが、このアルバムが売れている理由はよくわかる。
優れたメロディ、パワフルなハスキーボイス、そして何より、アナログっぽいサウンドが決めてになっている。
このため、若者だけでなく、電子音楽アレルギーの中年層までをも虜にしたのだろう。
老若男女に受け入れられるサウンド作りなのだった。
今週はこのアルバムがヘヴィ・ローテーションで、今週だけで10回以上聴いたと思う。
前作「19」も聴いてみたくなった。

今回はイギリスでのイギリスのアルバムということだったが、もし日本で「偉大な日本のアルバム60枚」という企画があれば、どういう結果になっただろう?
やはりサザン・オールスターズやミスター・チルドレンが上位に来るのだろうか?
それとも、伝説となったBOOWYや尾崎豊?
あるいは、浜崎あゆみや安室奈美恵?
まさか、嵐やAKB48?

そこで、一つの指標となるのが、売り上げ枚数だ。
もちろんLP時代、CD時代、音楽不況の現在、それぞれ状況が違うので、あまり参考にならないかもしれないが。

では、現時点での邦楽アルバム売り上げランキングを見てみよう。
(☆印は私が聴いたアルバム)

1.宇多田ヒカル 「First Love」 ☆
2.B'z 「B'z The Best "Pleasure"」
3.グレイ 「REVIEW~BEST OF GLAY」 ☆
4.宇多田ヒカル 「Distance」 ☆
5.B'z 「B'z The Best "Treasure"」
6.浜崎あゆみ 「A BEST」 ☆
7.グローブ 「globe」 ☆
8.宇多田ヒカル 「DEEP RIVER」 ☆
9.倉木麻衣 「delicious way」
10.エヴリ・リトル・シング 「Time to Destination」
11.サザンオールスターズ 「海のYeah!!」
12.Mr.チルドレン 「Atomic Heart」
13.安室奈美恵 「SWEET 19 BLUES」
14.Mr.チルドレン 「BOLERO」
15.松任谷由実 「Neue Musik」
16グローブ 「FACES PLACES」
17.ドリームズ・カム・トゥルー 「The Swinging Star」 ☆
18.コブクロ 「ALL SINGLES BEST」 ☆
19.竹内まりや 「Impressions」 ☆
20.ZARD 「The Single Collection~軌跡~」 ☆

我ながら恥ずかしくなるくらいミーハーだ(笑)

こうやって見てみると、多くが90年代に発表されたもので、CD販売の黄金期を物語っている。
実に偏った結果で、宇多田ヒカル、小室ファミリー、B'z、ミスチルで半数以上を占める。
また、やたらとベストが多く、20枚中8枚がベストだ。

では、ベストを除いて、オリジナルアルバムだけに絞ればどうなるか。

1.宇多田ヒカル 「First Love」 ☆
2.宇多田ヒカル 「Distance」 ☆
3.グローブ 「globe」 ☆
4.宇多田ヒカル 「DEEP RIVER」 ☆
5.倉木麻衣 「delicious way」
6.エヴリ・リトル・シング 「Time to Destination」
7.サザンオールスターズ 「海のYeah!!」
8.Mr.チルドレン 「Atomic Heart」
9.安室奈美恵 「SWEET 19 BLUES」
10.Mr.チルドレン 「BOLERO」
11.松任谷由実 「Neue Musik」
12.グローブ 「FACES PLACES」
13.ドリームズ・カム・トゥルー 「The Swinging Star」 ☆
14.B'z 「LOOSE」
15. ドリームズ・カム・トゥルー  「DELICIOUS」
16.浜崎あゆみ 「Duty」  ☆
17.マイ・リトル・ラバー 「evergreen」
18.河村隆一 「Love」
19.モンゴル800 「MESSAGE」
20.Mr.チルドレン 「深海」

売り上げ枚数だけだと、宇多田ヒカルの一人勝ち状態だ。
やはり宇多田、小室ファミリー、B'z、ミスチルで半数になる。
とりあえず上位4枚は聴いてあるのだが、これは当時、邦楽を中心に聴いていたからだ。
1位の「First Love」は、ファンク色が強く本当にいいアルバムだった。
当時、日本でこういう音楽をやってる人はあまりいなかったと思う。
しかし、次のアルバムから普通のJ-POPになってしまったように思うのだが。
グローブの1枚目「globe」もポップでダンサンブルでいいアルバムだった。

しかし、売り上げ上位のこれらが、必ずしも邦楽史上に残る名盤ではないことは確かだ。
そもそも、邦楽界で名盤という認識があまりなく、時代を超えることが出来ていない。
ベストアルバムの売れ行きが高いのも、そういった流行に左右される文化を表していると思うのだった。

カテゴリー一覧
ホーム

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
モンゴル800ってさっぱり知らない(汗)ので、調べてみましたがやはり記憶なし。
インディーズで280万売り上げたらしいですね。
ちなみに上記アルバム、1枚も聴いた事ありません(爆)。

名盤と言うのは、自分は「大衆性」かなって思います。ポピュラーって言い方が良いかな?
沢山の人が聴いた事。出来れば、「聴いて満足した数」が分かれば良いんだけど、そんなのないから、やっぱリリース数でしょう。
ベストアルバムが多いのは、アルバムより「曲」を重視するからじゃないかな。
りんじぃ 2012/06/09(Sat)11:14:39 編集
» ポップ
りんじぃさん、こんにちは!
モンゴル800、私も知りません(笑)
インディーズで280万ですか、それはまた凄い売り上げですね。
時間のあるときyoutubeで探してみます。

洋楽名盤をたくさん聴いてみて思ったのは、世間で名盤と認定されているアルバムは、ほとんど例外なくポップですね。
ヘビメタであってもパンクであってもプログレであっても、大衆性があり、聞きやすくポップです。
で、大事なのは、それが一過性のものではなく、時代を超えて愛されているところでしょうか。
りんじぃさんの言うように、リリース数は一つの大きな指標ですね。

>アルバムより「曲」を重視

まさしくそうですね。
元々は曲単位だったのが、ビートルズあたりからアルバム単位になったと思うのですが、音楽配信が主流になりつつある今、再び曲単位になってきていると思います。
ただ、邦楽についていえば、最初からアルバム単位というのは根付かなかったのかもしれません。
にゅーめん 2012/06/09(Sat)14:39:48 編集
» 名盤
「魔力の刻印」聴きました。
良かったと思います!
確かに、メイデンの入口がこのアルバムならもっと衝撃的だったかも知れませんね。

アデルはデジタルサウンドに馴れた私達にとって、
シンプルで優しいくて、
新鮮さを感じますね♪

邦楽のランキング6枚持ってます(笑)
邦楽はシングル曲が良すぎてアルバムが数合わせの駄作が妙に多いです。
特にもてはやされている人達にこの傾向がありますね。
邦楽がその時だけで
時代を越えられないのはなんだか、寂しいものがあります。
カイン 2012/06/09(Sat)18:30:47 編集
» 時代を超えて
カインさん、こんばんは!
「魔力の刻印」聞かれましたか。
やはり評価が高いだけあって、良いアルバムだと思います。
私の初メイデンは1stアルバム「鋼鉄の処女」でした。
このときの印象が強すぎて、長い間、新ボーカルに馴染めず「魔力の刻印」をスルーしていたのもそれが理由です。

アデルはいいですね。
力強いボーカル、知らずに聴いたら黒人と間違えそうです。
アレンジがシンプルで懲りすぎていないところも万人受けする要因でしょう。

邦楽6枚持ってますか、さすがカラオケクイーン、押さえてありますね。
90年代のアルバムって、シングル曲が半数以上を占めていて、ベストっぽいのが多いですよね。
それ以外の曲は、穴埋めのための捨て曲だったりするのかもしれません。
邦楽で時代を超えたのって、今パッと思い浮かんだのはRCサクセション、BOOWY、尾崎、X-JAPANあたり?
あとはサザン、ミスチル、BZ、ドリカムあたりになるのかな。
もっと古いところだと吉田拓郎やかぐや姫もそうなのかもしれません。

にゅーめん 2012/06/09(Sat)20:13:42 編集
» 売上
アルバムが売れなくなっていても

売り上げるアーティストもいるのが現実

良いモノが売れるとは限りませんが…
なんとか48とつけて我が同級生バンドもCD発売するか?
なんて冗談をいってます。(^^)v
ポール森屋 2012/06/09(Sat)21:36:05 編集
» KRY48
ポールさん、こんばんは!
CD売り上げが落ち込んでいますが、海外ではDL販売が主流で、それらの売り上げは順調のようですね。
私はDL販売はしたことがないのですが、今のボロイPCじゃDL販売はイヤですね。
そろそろ買い替えなきゃいけないのですが、なんとか来年の夏までは持たせたいと思っています。

アイドル系のCD売り上げは今も順調らしいですね。
とくにAKB関連の躍進は凄まじいものがあります。
やはりここは刈谷を拠点としたオヤジロックバンド「KRY48」を立ち上げねばなりません。
センターは人気投票で(笑)
にゅーめん 2012/06/09(Sat)21:50:02 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]