忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忌野清志郎さんの葬儀式が9日、東京都港区の青山葬儀所で営まれました。
ここのところ、あちこちの音楽系ブログで彼の追悼記事が書かれていますし、FMなどでも特集を組まれてます。
日本の音楽界において、やはり彼の存在は大きかったんだなと、実感しますね。

私は彼の活動はRCサクセション時代しかよく知らないのですが、RCサクセションは好きなバンドでした。
学生時代1年ほどRCサクセションを得意とするバンドに入っていて、代表的な曲を演奏してました。
(私がいうのもなんですが、このバンドは地元で人気があり、後にオリジナル曲でテレビ出演やレコーディングも行ってます)

RCサクセションでどれか1曲といえば、私ならこれ。
「トランジスタ・ラジオ」
http://www.youtube.com/watch?v=jCZSmXSD2OQ

この唯一無二のボーカルスタイル、これほどの個性と存在感のあるボーカリストは滅多にいません。
彼の音楽のルーツはソウルやR&Bだと思うのですが、完全に自分のスタイルに消化してます。
また独特のメイクや髪型、衣装も奇抜で彼らしいものでしたね。

生涯ロックンローラーだった忌野清志郎氏。
この先も伝説として語り継がれていくことでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 合掌
忌野清志郎は、派手な格好はしますけど、
決して過激でもポリティカルでも刹那的でもなく、
とても常識的なオトナのロッカーだった、という気がします。
だからこそ、皆に愛され、メディアもニュースを流し続けるのでしょう。
僕も、なんだか身内が亡くなったような感覚でいます。
勝手な思いこみですが。

>この先も伝説として語り継がれていくことでしょう
「反体制の闘士」みたいに神格化されて欲しくないですね。
ジョン・レノンみたいに(笑)
あくまで彼は、ロッカーなんですから。
MFCオーナー URL 2009/05/10(Sun)11:10:58 編集
» 真面目な人
オーナーさん、こんにちは!
たしかに見た目は派手だし、放送禁止曲も多かったイメージがありますが、マジメでしたよね。
そのボーカルスタイルは好き嫌い分かれるタイプだと思いますが、人のしての人格、及び、ロッカーとしての実力(作詞作曲、音楽性などいろいろ)は認めていた人が多かったと思います。

ジョン・レノンは神になってしまった感がありますが、やっぱりちょっと違いますよね。
尾崎豊もそうですが、神格化されること、清志郎は望んでないはずです。
にゅーめん 2009/05/10(Sun)14:09:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]