忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(名盤シリーズ、ボツ記事)
今回は80年代、異色のポップ・グループとして日本でも大人気だったカルチャー・クラブのデビュー・アルバムです。
(1982年作品)



当時ミュージックライフを毎月読みながら、洋楽の情報を読み漁っていた毎日でしたが、ある月の表紙に綺麗な女性の顔が…。
はい、そうです。
この女の人というのが、ボーカルのボーイ・ジョージ氏でした。
80年代半ば頃、そんな男はいませんでした。
いまでこそオカマみたいなキャラの人はたくさんいますが、当時は本当に斬新だったものです。

この人たちはいったいどんな歌を歌うんだろう?
きっと女性みたいな美しく高い声でポップスを歌うに違いない、と思ってました。
学校では「カルチャー・クラブのレコード持ってない?」と聞いてまわった気がします。

そんなある日カルチャー・クラブの初来日公演があり、その模様がFMでオンエアされることになったのでした。
早速カセットテープを用意してエアチェックの準備をしたのを覚えています。
ラジオから流れてきた声を聴いてビックリ、もろに男性の声だったのです。
たしか1曲目は「Boy Boy (I'm the Boy)」だったと思うのですが、けっこう気に入りました。
私の仲間内で、このときのライブをエアチェックした人は多く、ボーイジョージの日本語MC「タノシンデクダサ-イ」とか「オドッテクダサ-イ」ってのをマネして遊んでました。

やがてセカンド・アルバムが発売され「カーマはきまぐれ」が大ヒット、しょっちゅうラジオで流れてました。
でも私はアルバムでいくと、今回取り上げているファースト・アルバムの方が好きでした。
とくに好きだったのは「Boy Boy (I'm the Boy)」、「You Know I'm Not Crazy」、「White Boy」あたりかな。

デュラン・デュランと並び、当時の若者に絶大なる人気を誇ったポップ・バンドでしたが、そのルックスゆえに音楽性が正統に評価されることはあまりなかったように思います。
今回久しぶりにカルチャー・クラブを聴いて思ったのは、80年代を象徴するようなバンドでありながら、今聴いてもけっこう光るものをもってると感じたことでした。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]