忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オジー・オズボーンの新譜が発売されるようです。
前作は好みではなかったのでスルーしましたが、今回のは1曲聴いた感じでは良さそうです

私はオジーの作品で、好きな曲は?と問われれば「ミスター・クロウリー」や「クレイジー・トレイン」、「オーヴァー・ザ・マウンテン」など、ランディ・ローズ時代の曲をあげますが、アルバムでは、ジェイク・E・リー時代の「罪と罰」が一番だと思ってます。
ランディ期は好きな曲とそうでない曲の落差が激しいのですが、ジェイクの、とくに「罪と罰」はオジーのポップ性とLAメタルの華やかな雰囲気が見事にマッチした名作だと思います。

それに対して、ザック・ワイルド期のアルバムはどれもイマイチ。
「ダウン・トゥ・アース」くらいかな、まずまず気に入ってるのは。

ただし、ギタリストとしてのザック・ワイルドは、決して嫌いではありません。
とくに実際にライブで見たザックはカッコよかったですね。
特徴的なビブラート、ペンタトニックを主体としたロックなフレーズ作りなど、野性味あふれる肉食系ギタリストです。

ザックはオジーと組むより、自身のバンド、ブラック・レーベル・ソサイアティの方がいいアルバムを作ってるように思います。
ヘヴィ・メタルのアルバムと、アメリカン・ロックのアルバムがあります。
前者なら「マフィア」というアルバムがいい。
後者なら「ハングオーヴァー・ミュージックVol.6」、非常に優れたアメリカン・ロックのアルバムで、サザン・ロック好きの人にもお奨めします。
ザック=ヘビメタ、と敬遠してる人も、これならいけるかもよ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
オジーの新作、良さそうですね。
BURRN!誌でも高評価を得てましたし。

オジーの作品に関しては、にゅ~めんさんと同じような好みです。
アルバムでは、やっぱり「罪と罰」が好きですね。
HR/HMにハマッたころ、ちょうどリアルタイムだったということもありますが、作品としても名作だと思います。

そして、ザックも好きなギタリストではあります。
初めて動いているオジーを観たとき(テレビでやっていたモスクワ初のHR/HMライブ?)のギタリストがザックで、あのパフォーマンスのかっこよさには圧倒されました。
でも確かにザックはブラック・レーベル・ソサイアティの方がいいですねー
ひらぱ 2010/06/13(Sun)19:17:36 編集
» 無題
オジーの来日楽しみですね。
いつも思うのですが、
オジーは、ギターリストを発掘するのが、
天才的ですね。
たまたまなのかな?
今度のガス・Gはどうなんでしょうかね?
naka 2010/06/13(Sun)21:57:08 編集
» サザンロック
ザック=ヘビメタ、と敬遠してる人です(笑)。
しかし、ご紹介頂いた曲、サザンロックマニアの私にはメチャ気に入りました。
まさにディープなサザンロックですね。
お勧めの「ハングオーヴァー・ミュージックVol.6」買おうか迷ってます。
ご紹介ありがとうございました。

By KOSS
KOSS 2010/06/13(Sun)22:13:34 編集
» ジェイクとザック
ひらぱさん、こんばんは!
オジーの新作1曲しか聴いてませんが、期待出来そうですよね。
BURRN誌でも高評価でしたか。
でも、それはちょっと微妙かも(汗)
私、あの雑誌の評価と合わないんで…(汗)

ひらぱさんの年齢だと、ちょうど「罪と罰」あたりですよね。
私は「ダイアリー~」とかブラッド・ギルス加入後のライブ・アルバムとかもリアルタイムで発表されてたのは知ってるのですが、実際に聴いたのは「バーク・アット・ザ・ムーン」からです。
あの頃のジェイクは本当にカッコ良かったですね。
「罪と罰」は捨て曲がないし、ジェイクの魅力が詰まったアルバムです。

ザック期は、私が長いブランクに入ってしまうので、復活後の「ダウン・トゥ・アース」からです。
でも第一印象は、なんか野生人みたいだし、弾き方にもクセがあるし、イマイチだな~って思いました。
でも来日公演に行って間近でザックを見たら、あまりのカッコ良さにファンになりました。
ライブでのザックは最高ですね。

ブラック・レーベル・ソサイアティ、ひらぱさんも好きだと思ってました。
アメリカンなノリがたまりません。
にゅーめん 2010/06/13(Sun)22:21:47 編集
» 人材発掘能力
nakaさん、こんばんは!
オジーの来日はラウド・パークかな?
単独での地方公演で名古屋もあれば検討してみたいですね。
前回、もう10年近く前ですが、あのときはオジーの調子が悪くて、時間も1時間くらいだったし、ちょっと消化不良な感じでしたが、ザックのギターは素晴らしかったです。

オジーの人材発掘能力は凄いですよね。
よく次から次へといろいろな人を集めるものだと思います。
この辺の感覚は、やはりこの世界に長くいるがゆえの嗅覚と、やはり天性のものもあるんだと思います。
そして、何よりも、彼らが能力をフルに発揮出来る環境を整えてあげてるのが凄いですね。
UFOのフィル・モグなんかだと、マイケル以降も優れたギタリストが入ってるのに、その能力を引き出してるとは言いがたく、結局またマイケルを頼らざるをえなくなっちゃってますよね。

ガスGという人、私はほとんど知らないです。
たぶんオジーが認めるんだから、並大抵ではないでしょう。
新曲を聴いた限りでは、テクがあるのは当然ですが、リフやフレーズにポップ性があっていいと思います。
にゅーめん 2010/06/13(Sun)22:33:15 編集
» サザン・ロック
KOSSさん、こんばんは!
ザック・ワイルドはどうしてもヘヴィなイメージがあるし、それはもう見た目からしてそういうオーラをプンプン発揮してるのですが、違う角度から見れば、その豪快さが実に南部っぽい(どこ出身なのか知りませんが)感じもしますね。

実際ザックのルーツには、サザンロックがあるらしいです。
彼のフレーズがペンタトニック中心なのもその辺の影響が強いのかもしれませんね。

「ハングオーヴァー・ミュージックVol.6」、これはザック風サザン・ロック・アルバムで、どことなくレイナード・スキナードを思わせる作品です。
ここで貼ってあるyoutubeで、たぶん全曲試聴出来ると思いますので、聴いてみてください。
にゅーめん 2010/06/13(Sun)22:41:14 編集
» 最近は
ライブで、ガスG♪がレスポール弾いてる映像に
違和感を覚えました。

でもテクニカルなギタリストがオジーには似合うんですよね。

新たな楽曲の創造は大変ですが…
出来たらKEY下げず(ここ大変!!)

ノーマルチューニングで弾けると嬉しいですね。
ポール森屋 2010/06/14(Mon)07:45:36 編集
» ガスG
ポールさん、こんばんは!
ガスGというギタリストについては、ほとんど知らないのですが、彼はトレードマークになるようなギターを弾いてるのかな?
もしマイケル・シェンカーやアンガス・ヤングがレスポール弾いてたら、物凄く違和感あるけど。
そういえば、オジー・バンドのギタリストってレスポール弾く人多いですよね。
あっ、でもジェイクはストラト・タイプでしたね。

オジー・バンドのギタリストになるには、テクがあるのは当然として、それまでバンドに在籍したギタリストをリスペクトする気持ちも求められるんでしょうね。
たいてい、ライブで古い曲を演奏するときも、オリジナルのギターソロを大きく崩したりはしませんよね。

今のオジーの新曲を聴いたかぎりでは、喉のほう、かなり劣化しつつあるようなので、なかなか元のキーで歌うのは大変なのかもしれません。
にゅーめん 2010/06/14(Mon)21:34:33 編集
» 無題
ちょっと遅い(いや、かなりですね(汗))
コメントですみません。

ザック・ワイルドのことはそんなに詳しくはないのですが、
オジーと演った『Purple Haze』
がかっこ良いいな~と思いました。

他にも色んなタイプの曲をプレイしていますね。
意外な一面を発見したりします。
space child 2010/06/29(Tue)13:34:45 編集
» 器用な人
space childさん、こんばんは!
全然コメント遅くないですよ!
今まで一番遅いので1年くらい前の記事にコメント入れてくれた人もいました。
皆さんがコメントを入れてくれてるおかげで、5年間、続けてきました。
それも多すぎず、少なすぎず、非常にいい状態だと思ってます。

ザックは、最初の第一印象は、野生人間みたいでイマイチでしたが、ライブを見に行ってから好きになりました。
最近のギタリストの中では個性のある人だと思います。


『Purple Haze』ですか、ザックならやりそうですが、オジーがこれを歌うのは意外な感じがします。
ザックはけっこく器用だと思いますね。
メタル以外にも、ブルースからカントリーまで演奏するようです。
にゅーめん 2010/06/29(Tue)23:09:01 編集
» お邪魔します
はじめまして、レブと申します。

通りすがりにお邪魔します。
オジー時代の彼しか知らないものとしては「え!?ザック?」
と思いますが、豪快なピッキング・ハーモニクスで「やっぱ、ザックだ!」
とすぐ分かりますね~
レブ URL 2011/04/19(Tue)12:15:51 編集
» ザックの個性
レブさん、こんばんは!
はじめまして、コメントありがとうございます!

ザックのギターはテクニックが優れるだけでなく、聴けば彼だとわかる個性もありますよね。
派手なピッキング・ハーモニクス、揺れ幅の大きいビブラート、などとてもかっこいいと思います。
ザックのルーツは、アメリカン・ロックのようですね。
たまにカントリーリックなども入れているところから、そっち方面もマスターしているようです。

先ほどチラリとレブさんのHP拝見させていただきました。
また時間のあるときじっくりお邪魔させていただきます。
にゅーめん 2011/04/19(Tue)23:10:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]