忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本屋でたまたま手にした「最悪」というミステリー小説。
私が奥田英郎さんの本を手にしたのはこれが初めてでしたが、そのとき以来奥田作品ばかり読んでます。

「最悪」



町工場のオヤジ、銀行員のOL、街のチンピラ、という接点のない3人が、それぞれささいなことから歯車が狂い、どんどん転落していって最悪の事態に陥る、最後は取り返しのつかないことになってしまいます。
現実感があり、とくに町工場のオヤジなんてリアリティがありすぎて、読んでて苦しくなってきます。
しかし3人が交わるところから、リアルすぎる現実感が薄くなり、小説的展開になって精神的に読みやすくなりました。
私が奥田著書にはまるきっかけになった本です。

「邪魔」

 

人間の弱さがリアルに描けてる物語だと思いました。
口では強いことを言ってても、世間の目、最愛の人を亡くした悲しみ、暴力、組織には逆らえない。
そしてどんどん坂を転げ落ちてしまう…。
たいていの小説は、結局は「悪は裁かれ、善は報われる」のですが、この小説は違います。
「こう来たか…」と思ってしまうラストは悲しいです。

「ウランバーナの森」



休業中のジョン・レノンが軽井沢に来てたことを題材にしたお話。
便秘に苦しむジョンが不思議な医者へ行き、不思議な体験をするのです。
ハンブルグ時代のことを思い出したり(ここで登場するのはポールやジョージではなくピーターってのがマニアックです)、なぜかキース・ムーンまで出てきます。
面白いと言えば面白いのかもしれませんが、小説としては今ひとつだと思います。

「マドンナ」



40代中間管理職の日常を描いた短編集です。
殺人とか誘拐とか暴力と縁のない、普通のサラリーマンやOLの何気ない日常のちょっとした事件、苦悩がリアリティたっぷりに書かれていて、「うん、あるある」と膝を叩くような話。
気軽に読めてそれなりに面白かったと思います。

「ララピポ」



ダメ人間、というより世の中の裏側で生きてる人達の人間ドラマです。
全体的に風俗関係中心の内容なのですが、人間の弱い部分がリアルに、そしてユーモアたっぷりに描かれていて面白いです。
社会の底辺、といっては失礼ですが、それでも人は一生懸命に生きてるというのが伝わります。
映画化されたようなのですが、レンタルで借りて見てみたいです。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 奥田英郎
『最悪』しか読んだことないですね。
確かに、これは大変面白かったです。
にゅーめんさんもおっしゃっている通り、
町工場の描写は実にリアルで、涙が出ました(笑)
MFCオーナー URL 2009/03/14(Sat)00:26:42 編集
» 無題
奥田瑛二かと思いました。
すみません。(爆)
おすぎ 2009/03/14(Sat)00:47:36 編集
» 町工場の苦しみ
オーナーさん、こんばんは!
「最悪」はけっこう分厚い本ですが、夢中で読んでたら、いつの間にか銀行強盗のシーンになって、そこからは一気でした。
町工場の人は本当にかわいそうで、その苦労が手に取るようにわかるんですね。
下請けの下請けのそのまた下請けみたいな会社の苦しみ+騒音問題、忙しいときの急な従業員の欠勤とか、リアルすぎます。

「最悪」と同じ傾向なら「邪魔」も面白かったです。
あとはコメディっぽい作品が多いですね。
にゅーめん 2009/03/14(Sat)20:36:18 編集
» 似てる人
おすぎさん、こんばんは!
奥田瑛二さんと間違えましたか(笑)
名前が似てる人とか、雰囲気が似てる人っていますよね。
私の場合、羞恥心のつるの氏と上地氏の区別が未だにつきません。
また加藤ローサと国仲涼子の区別もあいまいです。

奥田といえば、私なら奥田民夫かな。
ユニコーンの新曲けっこう好きです。
にゅーめん 2009/03/14(Sat)20:43:53 編集
» 似てる人2
>羞恥心のつるの氏と上地氏の区別が未だにつきません。
最近、見分けられるようになりました^^;

>加藤ローサと国仲涼子の区別もあいまいです
こちらも、いつ頃からか、区別つくようになりました(笑)
ちなみに、僕は国仲涼子派です(聞いてません)
MFCオーナー URL 2009/03/15(Sun)10:57:34 編集
» ヘキサゴン
オーナーさん、こんばんは!
今日の昼、ヘキサゴンの再放送をしていたので、つるのと上地の違いをはっきり確認しました。
でも明日になったら忘れてるかも(汗)
最近のお笑い系の芸人も顔と名前が一致しない今日この頃です。

加藤ローサと国仲涼子、たしか加藤ローサのほうがちょっと派手めだったような気がします。
国仲さん、そういわれればオーナーさん好みのような気がします。
私の場合、ギャル系とかモデル系の人が苦手、落ち着いた女子アナ系が好みです。
にゅーめん 2009/03/15(Sun)18:58:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]