忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第88回名盤シリーズ

今回は90年代グランジの立役者ニルヴァーナの大ヒット作「ネヴァーマインド」。
(1991年作品)

1991年頃、私は全く洋楽ロックは聴いておらず、聴くのはもっぱらポップスか邦楽だったのだが、このアルバムの1曲目がよくラジオで流れてたのは覚えている。
カッコイイ曲だなあ、とは思ってたものの今更ロックを聴こうとも思わずスルーしていたのだった。
当時はバブル期ということもあり、若者だった私は公私ともに多忙でロックやギターから遠ざかる一方だったのが理由だ。
もし当時、10代の頃のようにロックやギターが生活の一部のようになってたのなら、間違いなくこのニルヴァーナにはまっていたことだろう。

今聴いても全く古さを感じさせないサウンド、本物のロック魂が感じられるアルバムだと思う。
ロックに反社会性が感じられたのは、この頃が最後だったのではないだろうか。
若者が大人の社会に対して素直な感情をぶつける…現在この役割を担っているのはヒップホップ系だが、ニルヴァーナのこのアルバムは、この頃のつまらない大人に対しての反抗が感じられる。
自他共に認めるつまらない大人になった現在の私が聴く「ネヴァーマインド」、やっぱりロックってかっこいいもんなんだと改めて思うのだった。

3ピースというロックをやる上で最低限のバンド形態では、いかにアレンジするかが重要なポイントになるのだが、ニルヴァーナはベースをギターのように扱うという方法をとっている。
とにかくベースの存在感が際立っていて、シンプルでありながら力強いバンドサウンドを形成しているのだ。
さらにギター、不必要に歪ませずしっかり音を出しているのため、これがとてもヘヴィに響き渡る。
決してメロディアスともいえない音楽だが、パンキッシュなカッコよさに、このギタートーンはよく合っていると思う。

このアルバムによって確立されたロック・アレンジは、いろいろ現在の音楽に多大な影響を与えたようだ。
アルバム発売当時、80年代に人気だったヘビメタは急速に古くなった。
来年には2010年代に突入するが、このような影響力もった音楽は再び現れるのだろうか?




名盤100選へ戻る
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]