忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第71回名盤シリーズ
マーク・ノップラー率いるロックバンド、ダイアー・ストレイツの大ヒットアルバム「ブラザーズ・イン・アームズ」(1985年作品)

80年代半ば、当時学生だった人にとってLPレコードを買うというのは賭けみたいなものだった。
当時LP1枚2500円というのは、他の値段と比較しても非常に高価であり、学校で誰かが「○○の新譜を買った」とかいう情報があれば、とりあえずテープに録音しとく、みたいな流れがあった。
このダイアー・ストレイツのアルバムもそんな1枚で、誰かが買ったアルバム(誰なのか覚えてない)を録音したテープを聴いたものだ。

ロック小僧、ギター小僧だった私にとって、このアルバムは退屈だった。
ぬるくて、刺激がなくて、何が嬉しくてあいつはこんなアルバムを買ったんだろう、などと思ってた気がする。

それから数年後、当時バンドのドラマーだったヤツの家で、一晩飲み明かした翌日、二日酔いの頭に心地よい音楽に癒された。
ボーっとした頭にスーッと入ってくる音楽、なんてやさしいんだろう、なんでこんなに涙が出そうになるんだろう?
「これ誰?」
「ダイアー・ストレイツのブラザー・イン・アームズって曲だ」

家に帰ってから、古いカセットテープの山からダイアー・ストレイツのアルバムを探し出すと、しばらく表題曲ばかりリピートして聴いた。
渋い、渋すぎる、こんなギターを弾いてみたい、そんな風に思った。
ただ退屈にしか感じなかった他の曲も、ジワジワと良さが浸透してきた。

実は私はこのアルバム、CDもレコードも持っていない。
当時カセット・テープを何度も聴いたのだが、それも今はない。
でも久しぶりにyoutubeでこのアルバムの収録曲を聴くと、あの当時のことを懐かしく思い出すのだ。
私にとって、ちょっぴり青春の甘酸っぱさみたいなものを感じさせるアルバムなのだった。




名盤100選へ戻る

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
青春ですな~
昔とは嗜好も変わってきたので
僕も今聞けば気に入るかも?
ポール森屋 2008/05/25(Sun)04:40:38 編集
» 若かりし頃
ポールさん、おはようございます!
そうですね、まさに青春だったと思います。
当時は今と違って酒も飲み、煙草も吸い、夜も遅くまで遊んでいて、時には夜を明かして語り合ったり飲んだりもしました。
そんなときにダイアー・ストレイツなんかを聴くと、なんかしみじみとした感傷深さがあったように思います。

私は今もハードな音楽も聴きますが、当時イマイチだと思ったアルバムでもいいと感じられるときがあります。
古いアルバムを引っ張り出して聴くのもいいですね。
にゅーめん 2008/05/25(Sun)09:44:31 編集
» この曲はいい!
数年前にLive AidのDVDを買った時に初めてダイアー・ストレイツの存在を知りました。
他にも初めて観るバンドはありましたがあまり印象に残らないものと「これはいいや!」って思うものがあって、ダイアー・ストレイツは後者の方でした。

いつかアルバムで聴いてみたいと思っていましたが何を聴いていいのかもわからずそのまま数年が経っています。(^^;
で、にゅーめんさんのお気に入りの「ブラザー・イン・アームズ」は知らない曲だったのでYou Tubeで聴いてみましたら、一発で気に入りました。
他の曲もいいのがありました。
アルバムも捜してみようかな。
ながれ☆ 2008/05/25(Sun)22:56:54 編集
» 無題
ダイアー・ストレーツといえば「Money for nothing」だったか、それしか思い浮かばないのですが、こんな曲もあったのですね。
ギターが泣かせますね〜。
おすぎ 2008/05/26(Mon)16:21:04 編集
» 無題
ダイアー・ストレイツは「オトナのロック」って感じでした。精一杯背伸びして聴いたものです。(笑)悲しきサルタンでの投げやりなマークの歌いっぷりとギターのカッティングがかっこ良かったですね~ 最初の2枚はほんとによく聴き込みました。
この「ブラザー・イン・アームズ」、Jは「Your Latest Trick」が大好きです。泣けてきます!(笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=mpqdLqYYpoY&feature=related
そういえば、このビデオには写ってないけど、アルバムでsaxを吹いてたマイケル・ブレッカー、昨年亡くなってしまいましたね。(涙)そんなこともひっくるめて、切ない曲ですねぇ・・・
ジャスミン URL 2008/05/26(Mon)18:42:00 編集
» Live Aid
ながれ☆さん、こんばんは!
お~、Live Aidとはまた懐かしいですね。
当時高校生だった私は、次の日の学校で洋楽ファンの間ではこの話題ばかりで、「昨日○○見たか!」なんて盛り上がったものです。

ダイアー・ストレイツは、聴いた直後はいまいちピンと来なかったのですが、あとで効いてきました。
「ブラザー・イン・アームズ」は渋くていいですよね。
ブルース・フィーリングがあって、じっくり聴ける名曲だと思います。
私はこのアルバムしか知らないのですが、これはお薦めです。
にゅーめん 2008/05/26(Mon)21:01:34 編集
» 渋ギター
おすぎさん、こんばんは!
「Money for nothing」もこのアルバムの収録曲ですね。
ちょっと変わったギターリフが印象的で、音色もちょっと変わってると思います。

「Brothers in Arms」はやはりギターがいいと思います。
クリア・トーンで感情たっぷりに弾くギターは心に響きますね。
音数の少なさがまたいいと思います。
にゅーめん 2008/05/26(Mon)21:08:54 編集
» 大人のロック
ジャスミンさん、こんばんは!
「オトナのロック」そうですね、10代くらいの頃は大人ぶりたくて、同級生よりも大人でいたい時期なんですよね。
今じゃ、実年齢よりも若くいたいけど(汗)

Jさんのリンク先のyoutube見ました。
おーっとこれは、貴重なLIVEヴァージョンですね。
これも表題曲と並んで、渋い哀メロなスロー・ナンバーですが、サックスの響きがまた大人っぽくてかっこいいです。
スタジオ・ヴァージョンの、ちょっぴりジャズっぽい雰囲気とはまた違った渋さがありますね。

にゅーめん 2008/05/26(Mon)21:17:05 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]