忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第56回名盤シリーズ
今回は70年代に活躍した女性ロックンローラー、スージー・クアトロだ。
彼女はアルバムよりもシングルよりの活躍をしていたそうなので、シングル・ヒットの詰まったベスト・アルバムを取り上げることにした。

私がスージーの名前を知ったのは、「こち亀」のマンガのシーンから。
たしか中川が派出所の夜勤中、ラジカセでロックをガンガン聴いていて、両津が何を聴いてるんだ?と見てたら…
両津「なに?スージー中トロ?なんだ寿司屋の歌か」
中川「違う!スージー・クアトロ!」
という会話からだった。
当時小学生だった私は、漫画の中で使われている「ガーン」とか「ビビビ~ン」とかいうロックを表現する言葉を見て、過激な音楽を想像したものだった。

さて、それから20数年後、なんとなくスージー・クアトロって聴いたことがないなぁ、一度聴いてみようかな~と思って買ったのが、このCD。
私が本格的にロックを聴くようになった頃は、スージーの名前があがることがほとんどなく、それまで聴いたことがなかったのだった。

リアルタイムで70年代を経験した人と、後追いの人では、印象の差がはっきりしている人だと思う。
当時は日本でもかなり人気があったようで、酒のCMなどにも出演していたらしい。

で、実際に聞いて見ると、初期のAC/DCやKISSの女版って感じだった。
シンプルでノリのいいロックンロール。
男まさりのカッコいいお姉さんが、声を枯らしてロックを歌うっていう、私が聴く前にイメージしていたそのものの音楽だった。

私の持ってるCDでは1曲目が「Can The Can」。
こういう純粋にROCKのカッコ良さが詰まった曲って、最近あまりないような気がする。
英チャートでNo.1ヒットとなったこの曲、スージーを代表するロックンロールだ。
他「The Wild One」なんか、とてもキャッチーな楽しいポップ・ロックで、かなりいいと思う。

ロック・ナンバーばかりでなく、ちょっと違うタイプの曲も見事にこなしている。
例えばファンクな「ママのファンキー・ロックンロール」とか、カントリー風の「涙のヤング・ラブ」とか。
聴いていると、明るい曲でもメロディのあちこちに哀愁が溢れていて、実に感傷深い気持ちになるのだった。

 



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
「Can The Can]」!
シャウトする声が、かっこいいですよね。
で、このヴィジュアルでしょう?
素敵でした。
今でも、かっこいいんでしょうね。

「こち亀」でスージー・クアトロと初遭遇って、なかなか粋な出会い(?)ですね。
那由他 2007/06/19(Tue)14:23:27 編集
» シャウト!
那由他さん、こんばんは♪
実は「こち亀」ネタはもうひとつあって
両津「おっ、これなら知ってるぞ、チャーリー・チャップリン」
中川「違う!ジャニス・ジョプリン!(怒)」
という時代を感じさせるものでした。
小学生の時に読んだのに、なぜか今も覚えてるのね。

最近になってYoutubeで動くスージーを見たのですが、やっぱカッコいいですね。
ちょっと悪っぽくて、だけどキュートで、いかにも女ロッカーって感じでした。
にゅーめん 2007/06/19(Tue)21:38:15 編集
» アナログベスト
我が家に存在します。
やっぱワイルドワンは最高です。

あのドスの聞いた唄い方に痺れた青春時代でした。
ポール森屋 2007/06/19(Tue)22:10:30 編集
» かっこよくてかわいい
「こち亀」に登場するくらいだから、かなり人気があったのでしょうね。
古いパンフレットを見てみました。なんと約40日間で35回の公演でした。昼と夜という日もありましたよ。
小柄な彼女が振袖で出てきて、脱ぎ捨てるとあのジャンプスーツで、ロックンロールってかっこいい。
れい 2007/06/19(Tue)22:48:43 編集
» 48クラッシュ
・・・が好きでしたね~
ドーナツ盤で持ってました。(笑)

この人のルックスも好きでした。
いつまでもカッコイイ女でいて欲しいですねぇ~
ジャスミン URL 2007/06/20(Wed)20:22:47 編集
» ワイルド・ワン
ポールさん、こんばんは♪
「ワイルド・ワン」はちょっとパンク的なカッコよさと、ポップなメロディが実にいいですね。
まさに「ROCK」って感じです。
それにファッションもROCKしてますね~!

あと、ベースを弾きながら歌うってスタイルもポイント高いかも
にゅーめん 2007/06/20(Wed)21:37:01 編集
» ジャンプスーツ
れいさん、こんばんは♪
れいさんはたしか、当時スージーのライブに行ったんでしたよね。
40日間で35ステージ、パワフルすぎて恐れ入ります。
70年代頃は、昼夜2回公演ってありましたよね。
これってアーティスト側にしたら、とてもハードなスケジュールだと思います。

しかし振袖で出てきて、パッと脱ぎ捨てたらジャンプスーツって、カッコ良すぎです
にゅーめん 2007/06/20(Wed)21:39:56 編集
» ドーナツ盤
ジャスミンさん、こんばんは♪
「48クラッシュ」といえば、とても甲高い声で歌う、ギンギンのロック・ナンバーですね~!
私の持ってるCDだと2曲目に入ってます。
この人ってけっこう小柄だそうですが、キュートで可愛いですよね~。
それで、野郎共をバックにジャンプ・スーツで歌う姿は、多くの若者を虜にしたことだと思います。

そういえば、ドーナツ盤って言葉、もはや死語?
にゅーめん 2007/06/20(Wed)21:46:28 編集
» おひさです。
梅を大量に収穫して、仕込みに忙殺されてました(T_T)

わおう、スージークワトロ懐かしい!!!
私は「ロキシーローラー」を真っ先に思い出します。
確か当時、お酒のCMかなんかだったような?<うろ覚え

彼女やランナウェイズを見て、女性のロケンローラーって
かっちょいい~~!!と感激しましたよん。
ぱめ URL 2007/06/21(Thu)23:24:26 編集
» 梅はうめぇ~
ぱめさん、こんばんは♪
梅の仕込みお疲れ様です!
最近、会社の人から新ジャガと新タマネギを大量にもらったんだけど、新鮮な野菜は美味しいですね!

「ロキシー・ローラー」といえば、「酒ロック」ですね!
ちょっと調べてみたのですが、このCMにスージーが出演していて「おいしいな、酒ロック、大関」というセリフだったそうです。
ランナウェイズは、間違いなくスージーの影響を受けてるでしょうね~。
サウンドに通じるものを感じます。
にゅーめん 2007/06/22(Fri)19:21:44 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]