忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第97回名盤シリーズ
ポリス活動停止後初のソロ・アルバム「ブルー・タートルの夢」
(1985年作品)

傑作アルバム「シンクロニシティー」の余韻が冷めない1985年、突如として発表されたスティングのソロ・アルバムだ。
当時、ポリスの音楽性とは違い、バックミュージシャンはジャズ系の人が多く、ジャズのような内容と雑誌には書かれていた。
それから間もなく実際にこのアルバムを聴いたのだが、全然ジャズみたいじゃないと思った。
今もそう思うが、やはりジャズ色はほとんどなく、普通のポップス・アルバムだと思う。
それにまだポリスの雰囲気も残っていると思った。

アルバムのスタートを飾る1曲目の出来が良いと、それだけでそのアルバムの印象が良くなることがある。
このアルバムはまさにそれで、1曲目がとてもカッコよく、イントロを聴いただけでワクワクする。
私の場合、このアルバムは捨て曲なしとは言えず、いくつか好みでない曲もあるのだが、それでもアルバム全体で見ればけっこうお気に入りなのだ。
1曲目が好きなのと、アルバムの中間にあたる5曲目、6曲目も大変好みの曲で、そして最後の曲も素晴らしい。
そうなると、もう「このアルバムが好き」という状態になってしまうのだった。

今回改めてこのアルバムを通しで聴いてみたが、やはり「シンクロニシティ」からの正常進化のように思える。
曲はそのままに、アレンジをもっとシンプルにすれば、そのままポリスのアルバムとして通用しそうな気がする。
実際「シンクロニシティ」の後半のサウンドは、すでにこの「ブルータートルの夢」の雰囲気が出ている気がするからだ。

このアルバムの発表時、同名のドキュメント映画も製作されたようだ。
見たことがないのでなんともいえないのでだが、それだけソロ活動への意気込みが強かったのだろう。 



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]