忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1回名盤シリーズ
70年代に一世を風靡したキッスの出世作「アライヴ!」
(1975年作品)



今でこそアメリカンハードロックの大御所であり、今年も大規模なツアーを行うなど、ロック界の巨匠であるが、デビュー当時の彼らは、赤字地獄に苦しんでいたのだった。

ツアーを行えば行うほど赤字が増える。
その理由は、彼らのステージが派手すぎて、採算が合わなかったからだ。
デビューしたばかりの新人とは思えぬ派手な証明、キラキラひかる電光KISSロゴ、曲中にドカンドカンと打ちあがるパイロなど、収益を無視したステージだったらしい。
さらに、アルバムが売れない、ということもあり、自転車操業を余儀なくされていたのだった。

そんな中、発売されたのがこのアルバムだ。
デトロイトで急激に人気が出始めた頃、他のツアーをキャンセルし、コボホールという新人ではまず使用しない、アリーナでの単独ライブ決行という、大きな賭けにでる。
おそらくこれが失敗したら後がなかったのだろう。
それをライブレコーディングする。
これが「アライヴ!」の成り立ちだ。

キッスの目論見通り、これが大成功を収めることになる。

スタジオ作品とは桁違いの迫力に、元々の楽曲の良さ、新人離れしたステージング、そしてキッスのもっとも得意とする派手な演出が加わり、見事にデトロイトの観客を熱狂のウズに巻き込む。
当時のライブでのセットリスト通りの内容で、パイロの爆発、ジーン・シモンズの血はき、火吹き、エース・フレイリーのギターソロ、ピーター・クリスのドラム・ソロ、そしてポール・スタンレーの客をあおるMC。
そんな様子が真空パックのように、2枚組LPに収められたのだ。

色々な派手な演出に見慣れた現代でさえ、キッスのライブはとても華やかなものだが、当時の観客が受けた衝撃というのは相当なものだったことが伺える。
その歴史的瞬間、それを知りたければこのアルバムを聴くことだ。



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]