忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5回名盤シリーズ
今回は1972年発表、イエスの代表作「危機」。
(1972年作品)



イエスは80年頃一旦期解散したが、すぐに再結成し、今も現役のロックバンドだ。
曲単位では83年の「ロンリー・ハート」の大ヒットで知られるが、本来のイエスの持ち味は、長く複雑に構築された曲を完璧なテクニックで演奏するプログレッシブ・ロック・バンドである。
今回紹介する「危機」は、イエスの代表作であり、プログレの代表作でもある。
ちなみに、前回紹介したキングクリムゾンとイエス、ピンクフロイドの3つを3大プログレと呼び、ここにエマーソンレイク&パーマーを加えて、プログレ四天王と呼ぶ。

メンバーはクリス・スクワイヤ(b、vo)、ジョン・アンダーソン(vo)、ビル・ブラッフォード(ds)、スティーブ・ハウ(g)、リック・ウェイクマン(key)。
このメンバーが黄金メンバーと呼ばれますが、このアルバムを最後にドラムのビル・ブラッフォードが脱退しキング・クリムゾンに加入する。
後任は元プラスティック・オノ・バンドのアラン・ホワイトで、こっちのメンバー編成のほうを、黄金メンバーという人もいる。

このアルバムは3曲しか入っていない。
「Close To The Edge(18:50)」、「And You And I(10:09)」、「Siberian Khateu(8:57)」と長い曲ばかりだ。
この後イエスはさらに大曲路線を推し進め、次作の「海洋地形学の物語」では2枚組で1曲4楽章というのを作るのだった。

まず1曲目の「Close To The Edge」。
いきなり混沌とした、一見アバンギャルドな演奏からスタートするが、ボーカルが入るとポップな一面ものぞかせる。
後にスティーブ・ハリスなど、多くのベーシストに影響を与えたスクワイヤのベースが、ギターとキーボードが絡みあい、うねるようなリズムを作り出す。
途中ウェイクマンのパイプオルガンを使った壮大なパートや、メンバーが一丸となって進むハードロック的なパートもあり、長さを感じさせない。

2曲目「And You And I」。
イエスのライブで、もっとも多く演奏されてる曲の一つだ。
ハウの綺麗なアコギからスタートする。
親しみやすいメロディ、しかしアレンジは複雑で、とっつきやすいけど飽きない曲作り、このアルバムが今も多くの人に聴かれるのは、そういう親しみやすさと複雑さがうまく共存してるからだろう。

3曲目「Siberian Khateu」
ライブのオープニングでも使われる曲で、それに相応しく、リズミカルでポップだ。
ここでハウはエレキ・ギター以外に、エレキシタール、スティール・ギターを弾いているが、ライブでも3種の楽器を使いこなし、レコードの音を再現する。

このアルバムは典型的なプログレ形態の一つだ。
プログレ=キング・クリムゾンの人と、プログレ=イエスの人では意見が違うと思うが、現在のドリーム・シアターなどに引き継がれてるのはイエス・タイプのプログレが多い気がする。



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]