忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッド・ツェッペリン特集「BBCセッションズ」

1997年、突如として発表されたZEPのBBCライブです。
当時、ビートルズのBBCライブをはじめ、有名アーティストのBBC音源が次々と発売されたのでした。
70年代のロックを愛する多くの人が狂喜する内容のものばかりで、これをきっかけにロック・リスナー復活という人も多かったようです。

さて、私はこの頃、さっぱり洋楽ロックから遠ざかっていたのですが、どこからかこのアルバムの発売を知り、一も二もなく、発売日にレコード屋に行ったのでした。

久しぶりに聴く、本物のロックサウンド。
1曲目「ユー・シュック・ミー」のスライドギターが聴こえた時点で、すっかり興奮しちゃったのでした。
当時はまだブートレグに手を出していなかったので、初めて聴くライブ・バージョンの曲がいっぱいあって、凄く嬉しかったです。
ZEPのようなバンドは、スタジオバージョンとライブでは全然違ったりするし、それが魅力なのです。

1枚目はスタジオ・ライブみたいな演奏で、やはり1stアルバムからのブルース曲が素晴らしいです。
ここで聴ける2曲目の方の「君から離れられない」は名演の一つといえるもので、狂人一歩手前のプラントのボーカルが聴けます。
また未発表曲「ガール・アイ・ラブ」もとても良いブルースロックです。

でも、一部オーバーダブされてるのは不満です。
とくに「コミュニケーション・ブレイクダウン」なんて3バージョン入ってますが、どれも気に入らないな~(汗)

2枚目は71年のライブ演奏です。
このCDを買った当初は、1枚目に圧倒されてしまって、中々2枚目に進むことが出来ずにいて、こちらをじっくり聴いたのは、しばらくしてからだったと思います。
それからずいぶん何回も聴いたと思うのですが、なぜかまだ「聴き込んだ」という実感がありません。
いつ聴いても新たな発見があったりして、飽きがこないからかもしれません。

私がとくに好きなのは、「カリフォルニア」以降の後半かな。
とくにラストの「サンキュー」は素晴らしい名演だと思います。

次回は「伝説のライブ」です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
しばらく聴いていなかったので、やっと一枚目だけ聴きました。 そうですねぇ・・・自分のヘヴィローテーションにならなかったのは・・・

>「コミュニケーション・ブレイクダウン」なんて3バージョン

せいかも・・・(笑) でっ、なんだか間延び感がある気がするんですね。 ライブ盤だと、なんだか流れに乗って聴きたいんです。 それがコミュのおかげで『 振り出しに戻る! 』って感じるのかも・・・。

car2ya 2007/12/20(Thu)18:12:24 編集
» コミュニケーションがブレイクダウン
car2yaさん、おはようございます♪
BBCライブ聴かれましたか~~~
1枚目は1曲づつの出来はいいんだけど、ライブとしての流れになっておらず、寄せ集め感がありますね。
「コミュニケーション~」演奏が荒いのに、オーバーダブをしているので、すごく中途半端な感じがします。
それに「振り出しに戻る」みたいな感じもしますね。
2枚目の方は、一部ブートマニアの間では、とっくに知られたライブだったそうですが、私はこのCDで初めて知りました。
たしかにこれがブートだと「超高音質サウンドボード!」とか言われて、マジ凄い!と言われてたんでしょうね。
たしかに演奏に勢いがあって、若さ溢れる演奏だと思います。
にゅーめん 2007/12/21(Fri)07:32:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]