忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004年、突如として発売されたライブ・アルバムで、ボリュームたっぷりの3枚組です。

当時は禁断のブートレグにも手を出していて、ZEPもいくつか買っていました。
でも有名メーカーのものは値段が高いし、叩き売られているものは、大抵が劣悪な音質でした。
そんな中発売された、超ド級のライブ盤で、インパクトは強烈でしたね。

私はこのアルバムは間違いなく、ロック史上に残る名ライブ盤の一つだと思います。
選曲、音質、演奏、臨場感、どれをとっても文句はなく、もしこれが70年代に発売されていたら、ロックの金字塔になってるでしょう。
「狂熱のライブ」より、良いと思います。

とくに素晴らしいのが「移民の歌」「丘の向こうに」「スノウドニアの小屋」「幻惑されて」「ダンシング・デイズ」「胸いっぱいの愛を」ですね。
このアルバムで聴ける「幻惑されて」も、例の25分を超える長い演奏ですが、これは凄まじいです。
イントロからしてテンションが違います。
中間部のインプロは、息をする暇もないほどハイテンションです。
特に12分頃からのスピード感溢れるインプロ、15分30秒あたりからのファンク・パート(ザ・クランジ)、17分頃からの緊張感満点の展開など、聴き所だらけです。
19分40秒あたりからの展開は、いつものことですが、それでもこの日のテイクは、さらにノリに乗ってるように聴こえます。

一説によると、ジミー・ペイジの家には、まだまだ未発表ライブ音源があるとのこと。
おそらく、凄いのがまだまだあると思います。
一部のコアなマニアは、ZEPのライブデータを持っていて(コンサートファイルという本)、日を追いながらブートを買い求めてるようですが、まだまだ凄い音源があるそうです。
私が是非、オフィシャル発売して欲しいのが、来日時のライブですね。
何種類ものブートレグが出てますが、ここはペイジさんに頑張ってもらって、オフィシャルで出してほしいものです。
「レッド・ツェッペリン・ライブ・イン・ジャパン」、期待してるよ~~

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]