忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッド・ツェッペリン特集「狂熱のライブ」

今は「最強版」というのが出てますが、ここで紹介するのは、以前に発売されていた通常版です。

私が10代の頃、ZEPのライブはこのアルバムでしか聴くことが出来ませんでした。
比較的ライヴ・アルバムの好きな私は、当然大好きなZEPのライヴが聴きたくて、2枚組アルバムを買ったのです。
2枚組でたった9曲しか入ってないアルバム。
でも内容は超濃厚で、たっぷりZEPのライブを聴くことが出来ます。

このアルバムの聴きところは、やはり最初の4曲ですね。
ロックンロール~祭典の日、永久の詩~レイン・ソングの流れは圧巻です。
とくにここでの「レイン・ソング」は名演中の名演だと思います。

そして「幻惑されて」の長い演奏。
ここで聴ける演奏は、必ずしもベストではありませんが、それでも半ば以降の流れは流石だと思います。
でも途中のヴァイオリン奏法のパートだけは、ちょっとダレるような気がします。
この頃、敬愛する先輩に「幻惑されて」の長い演奏について尋ねたことがありました。
「あれこそが、本物のロック。あれを理解出来ないようではダメだ」
というような返事だったと思います。
たしかに後半の白熱した演奏は、熱気が伝わってくるようです。

それでも「モビー・ディック」「ノー・クォーター」はちょっと長すぎるように感じます。
とくに「モビー・ディック」、通しで聴いた回数は5回に満たないと思います。

ちなみにこのアルバムの映像版「永久の詩~狂熱のライブ」のビデオも持ってます。
最新のやつじゃなくて、古いヤツね。
こちらの方には、「ブラック・ドック」や「貴方を愛し続けて」も入ってます。
これは映画として作られたものなので、余計な演出があるのがうっとうしいです。
せっかくの「永久の詩~レインソング」の演奏シーンが見れないのは、とても残念ですね。

次回は「聖なる館」です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
>ちょっとダレるような気がします。

そうねぇ・・・あたしはヴァイオリンの弓を使っているのはずぅ~~~と後までよく理解できなくて・・・(笑)・・・相当つまんなく思っておりました。 映像があってこそのワザです。 学生の頃、音楽サークルのZEPコピバンでジミーの弓のマネをした先輩を見て・・・『 何やってんだろ? 』と思ったくらいです。

>「レイン・ソング」は名演中の名演

ええっ、激しく同意です!
car2ya 2007/12/13(Thu)23:27:27 編集
» 無題
>これは映画として作られたものなので、余計な演出があるのがうっとうしいです

実は僕も持っているのですが、同感です。
1回も通して観たことないような(笑)
ひらぱ 2007/12/14(Fri)07:14:56 編集
» ボウイング奏法
私もこのビデオは持っています。
たぶん、古い方だと思うのですが新しい方との違いは何なのでしょうか?

「幻惑されて」のボウイング奏法のところは、まだ理解しきれていません。(^^;
途中で弓の弦が切れているし(汗)、ペイジが落っこちそうな崖っぷちを這い上がっていく映像も出て来たりして、追い詰められたような気分になって手に汗を握りながら見ました。

やっぱり余計な演出はない方がいいと思います。(苦笑)

ながれ☆ 2007/12/14(Fri)16:36:29 編集
» レイン・ソング
car2yaさん、こんばんは♪
やはり思うことは皆同じなのね~
はい、ヴァイオリンの弓のパートは面白くないです。
こういうのはライブ専用の演出ですよね。
KISSに例えたら、ブートなんかでジーンの血吐きが音声だけだとかなりツマラナイのと同じかも。

「レイン・ソング」はcar2yaさんもそう思われますか!
とくに後半ハードな演奏がドラマティックでとてもいいです。
にゅーめん 2007/12/14(Fri)19:30:00 編集
» 気分によって
ひらぱさん、こんばんは♪
この映画は、買って最初に見たときは通してみました。
でもそれ以降は、そのときの気分で、見たい曲だけ見てます。
で、CDだと「永久の詩」「レイン・ソング」は大好きでよく聴くのに、ビデオだとほとんど見ません。
それはよくわからない映像のせいですね。
これが演奏シーンだと、繰り返し見てると思うのですが。
にゅーめん 2007/12/14(Fri)19:33:47 編集
» ボウイング
ながれ☆さん、こんばんは♪
このビデオは持ってる人多いですね~。
最近ではDVDは、未発表の4曲の追加と、音質のリマスターです。
私はこのビデオのDVDを持っていないので、買うかも。

お~、ながれ☆さんもボウイング奏法は理解できないですか~。
皆同じ意見なので、ちょっと安心です。
弦がボロボロになってるし、崖を登る映像とか、よくわからないですね。
ちなみに、「レッド・ツェッペリンDVD」で見れる1970年ロイヤルアルバートホールのライブでも、ボウの弦が切れてます。
ということは、ライブごとに切れていたのかもしれませんね。
にゅーめん 2007/12/14(Fri)19:47:00 編集
» 無題
>このアルバムの聴きところは、やはり最初の4曲ですね

同感です。僕もこのA面ばかり聴いてました^^;
「永遠の詩」には圧倒されましたね。
ベースとドラムが凄いです。

>ちなみにこのアルバムの映像版「永久の詩~狂熱のライブ」のビデオも持ってます

大学生の時、リバイバル上映されたのを見ました。
もっと演奏シーンが多いのかと思いました(笑)
ちなみに、その時の併映は「ウッドストック」でした(爆)

この『永遠の詩』最強版ですが、LPで発売された『永遠の詩』とは、かなり違うもののようですね。
最初に出たLPでは、演奏の差し替えなどが行われていて、
「ロックンロール」なんて、2日分の演奏を切り貼りしたんだとか。
ちょっとショックでしたが、再発するのなら、やはり慣れ親しんだLPと同様のものを出して欲しかったです。
それなら、すぐ買ったのに^^;
MFCオーナー URL 2007/12/14(Fri)21:39:09 編集
» 最初の4曲
MFCオーナーさん、おはようございます♪
最初の4曲は圧巻ですよね~。
逆に言えば、それ以外の曲は長くて取っ付き難いともいえます。
「永久の詩」は、たった3人の演奏とは思えない複雑なアレンジでカッコいいです。
この曲の演奏シーン見たいですね。

今の最強盤ですけど、私も以前のヴァージョンのリマスターのほうが良かったですね。
たしかにロックンロールなんて2回目のギターソロから明らかに音質が変わるんだけど、もうそれに慣れちゃってるし。

「ウッド・ストック」はレンタルで借りて見ました。
でもあまり知ってるアーティストがいなくて、ちょっとダレたような気がします。
にゅーめん 2007/12/15(Sat)08:36:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]