忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年読んだ本は38冊、全て歴史小説でした。
それも30冊以上が司馬遼太郎氏の作品です。

で、今年のベストセラーとか、話題の新刊とか全く読んでいません(汗)

あまりにも偏りすぎていて、お恥ずかしい限りです。

今年の小説で、印象に残ったのは、やはり長編小説を2つ読んだことです。
一つは「竜馬がゆく」、幕末に活躍した坂本龍馬の活躍を描いた全8巻なのですが、すっごく良かったです。

もう一つは「翔ぶが如く」全10巻。
これも良かったですね。
個人的には「竜馬がゆく」よりも良かったような気がします。

実はもう一つ長編を読んでいたのですが、夏以降忙しくて、ついに中断してしまいました。
名作の誉れ高い「坂の上の雲」です。
4巻までは読んだのですが、アコギの練習と中国語が忙しくて、全然進んでいません。
また来年以降、最初から読み直したいと思います。

さて、来年の予定ですが、上記の「坂の上の雲」再チャレンジ意外に、もう少し気楽に読めるものも読みたいと思ってます。
そうね、出来たら、1冊完結ものがいいかもね。
司馬遼太郎作品なんて、3巻以上あるのが普通だったから、気合がないと読めないのです。

読書は心を豊かにします。
ギターの練習や語学と同じで、お金のかからない趣味といえますね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ボケ防止
38冊ですか!
凄いですね、私はネットに繋がる環境になってから読書量がうんと減りました。(汗)

お金がかからなくて、心を豊かにしてくれて、ボケ防止にもなる読書をもっとしなくちゃ。(笑)

来年はにゅーめんさんを見習って読書に挑戦します…。
ながれ☆ 2007/12/23(Sun)17:44:16 編集
» 読書の効能
ながれ☆さん、こんばんは♪
今年の読書は前半に偏っていて、実は夏以降は10冊も読んでいません。
とくに先月以降、まともに何も読んでいないのが現状でして、冬休みに入ったら何か読もうかと思ってます。
いちおう候補として来年のNHK大河ドラマの原作「天章院篤姫」を読もうかと思ってます(また同じような傾向ですが)。

ボケ防止…私の場合は老眼防止にもなるかなと(汗)
普通の視力が1.5くらいあるので、そろそろ老眼デビューしそうなのですが、細かい字の本を読んでれば、効果があったりして(笑)
にゅーめん 2007/12/23(Sun)22:11:17 編集
» 逆に
にゅーめんさん、こんばんは(^^)
私も司馬遼さんの作品は大概目を通しましたが、未読の大作は「菜の花の沖」ににゅーめんさんがご覧になった「竜馬がゆく」「翔ぶがごとく」です。
今、「箱根の坂」を半分まで読んでます。

個人的には、今年は「むむ、これは!」という本には出会えませんでした。
それでも、古書では稀覯本を何冊が仕入れられたのでよしとしております(^^ゞ
ニセリッチー URL 2007/12/23(Sun)22:47:46 編集
» 司馬作品
ニセリッチーさん、こんばんは♪
ニセさんは読書家ですよね~。
たしか横溝正史や江戸川乱歩もお好きでしたよね。
私とけっこう読む本の好みが似てるかも(笑)

司馬さんの小説は読みやすさと、歴史上の人物の詳細が描かれているのが、他の作家と比べてもよいところだと思います。
「竜馬」「翔ぶ」は長いので、読む前の踏ん切りがつきにくいと思いますが、読み出したらけっこうはまると思います。
さて、途中まで読んだ「坂の上」読まなきゃ(汗)
にゅーめん 2007/12/24(Mon)20:47:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]